アイシールド21単語

アイシールドニジュウイチ

1.3千文字の記事
掲示板をみる(272)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アイシールド21は週刊少年ジャンプ2002年34号から2009年29号まで連載されていたアメフト漫画である。原作稲垣理一郎作画村田雄介。単行本は37巻まで刊行され、アニメ化(全145話 2008/3/19に放映終了)もされた。原作稲垣は、本誌ストーリーキング大賞の大賞受賞者であり、満を持した連載となった。

コミックスは全37巻、売上は約2000万部。

概要

子供の頃からパシリをさせられていた気弱でひ弱な主人公小早川瀬那」がパシリにより鍛えられた俊足を見込まれてアメフト(アメリカンフットボール)をやらされる。初めは嫌々やっていたものの、泥門デビルバッツ仲間ライバルを見つけ、勝利敗北などを体験しアメフトを通じて体も心も成長していく物語物語的は、アメフト大会決勝「クリスマスウル」だったが、その後世界大会編も駆け足気味だが連載され、そこで作者が訴えたかったことを標榜している。

一癖も二癖も強いキャラクターが多数登場する作品であり、同じ泥門の、悪魔のような頭を持つが、運動神経は至って蛭魔妖一、ほかに怪力だけが取り柄の鈍足、栗田良寛、キャッチすること以外はからっきしの雷門太郎など、どのキャラも一芸だけに秀でている特徴がある。

そこに努を続けるストイックな鉄人「進清十郎」、虚構のアイドル偶像に悩む才「桜庭人」、才に満ち溢れたツンデレ悪童「金剛含」、その較され続けた孤高の努金剛」、撃ちのニヒル天才キッドこと「武者小路紫苑」などライバルキャラもかなり立っており、個性に溢れたキャラクターの魅も大きく支持された理由である。

余談

関連動画

関連商品

原作

書籍関連

アニメ

主題歌(ベスト盤)

サントラCD・ドラマCD

ゲーム関連

関連項目

この記事を編集する

掲示板

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/25(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/25(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP