アイデア 単語

184件

アイデア

9.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アイデア/アイディア(idea)とは、

「頭に浮かんだ考え」「発想」「着想」「思想」などの意味を持つ英単である。

ひらめき」と呼ばれる場合もある。

目次

問題解決
創作におけるアイデア生成

概要

アイデアとは、だいたい人間の思考に関する事をす単であり「良いアイディアが浮かんだ」「アイディアを模索する/練る」の様な使われ方をしている。

的の達成、現状の打破、問題の解決策、既存要素の応用・転用といった幅広い用途で使われ、作品・広告など、新鮮味や奇抜さの演出にも用いられる。フィクションでは頭上に電球が点する表現も定番。

もしも、策士のようにアイデアを上手く使うことができれば、トラブル解決、バズるネットミーム時の人、大きな利益、犯罪の忌避、敵軍の撃退までなんでもござれなすごいヤツである。

元々はギリシャ語由来の単であり、日本でもそのギリシャ語は「イデア」という読み方で哲学としても使われている。

ちなみにギリシャ語でイデアとは「姿」「形」「見る」などの様な意味合いで使われていた単である。生した単にイデオロギーなどもある。(もっと詳しく知りたい方は専門書を参考にすることを推奨)

アイデアへの評価は「センス」といった尺度で測られる場合もある。

用途

芸術・創作において

芸術創作活動、エンターテインメントでは「ネタ」とも呼ばれる。アイデアがくなると活動継続困難な致命的な状態になりうる。浮かばなければ既存の要素(ランダムも含む)を組み合わせたり、連想するといった手法もある。

王道・定番・鉄板お約束も安定ではあるが、それは同時にマンネリ・n番煎じであり、それだけでは大ヒットは見込めないだろう。

いくら良いネタが思いついても人の記憶には限度があるため、小さなネタ帳などを持ち歩き、適宜追記していくといった方法も取られる。

戦争において

戦争戦闘では、教科書通りの戦法では相手にも予想・察知されやすいが、新しいアイデアによる新戦術などを使えば大きな戦果を挙げることもできる。第二次世界大戦時のドイツ電撃戦や、日本航空機による真珠湾攻撃などがよい例である。

もちろん、実行には相応の練度や理解度、火力揮・通信・合図・後方支援情報なども必要となる。

その他

創作活動以外にも幅広く用いられており、戦争における作戦立案からビジネス企画・業界の人手不足や客不足(集客)、犯罪対策など様々な問題解決に充てられる。

一方で、新しいアイデアは、奇抜すぎたり単純に理解不能、用途・イメージに反しているといった理由で採用に反対される場合もある。現状で凝り固まって進展も利益もない状態においては試してみると意外な効果や評価が得られるかもしれない。

公式が病気公式が最大手というように
ネジがぶっ飛んだアイデアがSNSテレビ取材で火が付き、話題となって人が集まる例もある。
…やりすぎると悪い意味で火が付き炎上してしまう例もあるが。

そもそも論、会社や商品を知られていなければ人が来ない・売れない場合も多い。

発想には発想者の「常識」「思い込み」に大きくされやすいため、多数の「もしも」を仮定するなど少々煩雑かもしれない。逆に、突拍子もないアイデアはその業界に詳しくない素人一般人、あるいは常識の未熟な子供から出ることもある。

大まかな例

現代はインターネットを使用した検索開といった面では昔よりしやすくなっているものの、一部の例では予算や時間・人材(技術者)がければできないものも多い。

アイデアに応用できるよう、基礎学力や幅広い知識・技術・経験を増やすといった方法もひとつ。

回数・期間

アイデアは一度きりの一発勝負もあれば、採用後に長期運用されるものもある。

イベント企画であれば必要経費だけでなく人員や機材、駐車場トイレの数など来場者数に合わせたインフラ[1]など多岐にわたるため、計算は容易ではなくなる。(→企画

たとえ一度きりでも奇抜で新鮮味のあるネタ・アイデアならば大きな効果を発揮する。

長期運用

優れたアイデアでも、長期的に運用するものはその後のことも考える必要がある。

  • システムを単純化する
    • 入手・応用、保管や整備といった維持管理しやすい部品・消耗品を使用する
    • 規格を合わせるといった細部も考える必要がある。
  • 起こりうるリスクデメリット・運用・後方支援体制の考慮など。(次項も含む)
    • 詰めが甘ければ、インパクトだけの壮大な出オチで終わる可性もある。
    • 詰めが甘ければ、他者が同様のアイデアを昇させて大な利益を得てしまうかもしれない。
  • 運用する現場の事を考えなかったり楽観や根性論で進めるのはリアル失敗フラグ

良いアイデアがあっても、欠点にもを向けなければ価は発揮できない。悪や過酷な環境下など、最善の状況で使えるとは限らないし、万全を期すには対策に対策を重ねて練る必要がある。逆にイマイチなアイデアであっても、価を発揮できる状況・環境に持ち込めば勝算は上がる。

弊害・リスクの考慮

構造が単純で費用対効果の高い商品・商法などは一時的には高い利益を上げるかもしれないが…

売れると分かれば他社・他が黙っておらず参入してくる・模倣されるなど良いアイデアには弊もある。高いオリジナリティクオリティがなければ元祖という看板以外は埋もれてしまうかもしれない。

流行りものの商売など、引き際を誤り在庫の山といった事例は事欠かない。相場を知らずにボッタクリ価格で買わされる、安価で買いかれるといったトラブルも。

ミスや事故の防止

何か起きた時はもちろん、それが起きないよう十分に想定する、備える。

※一部は後述の内容も含んでいる。

知名度を上げる

募集・販売・サービス等においては大前提として

それ(募集・商品)を知られなければ人は来ないし、知らない商品は手に取りづらいため何らかの形で知られる、興味を持ってもらうのが先決となる。商品などは知っているものに手が伸びる。有名人を使ったCM、印に残るおもしろCM看板広告、有名作品とのコラボなどが行われるのもそのため。

流行を上手く取り入れたり皮の利いたポスターなどがSNS投稿されバズることもあり、店員や関係者にデザインイラスト等に長けた人間がいると強みになるかもしれない。

企業・官省庁・組織団体として一般的に広く知られていても「キツそう」「先輩や上官が怖そう」といった誤解で入りたくても二の足を踏んでいる場合もあり、背中を押す一手も必要となる。

(例)「うちの会社・組織・イベントに人が来ない!」
→ そもそも知られてないのに人が来る訳がない。
→ 薄給務・堅苦しい会社だと誤解されている。(人材募集)

同業他社が多くても客に選ばれる、立地条件が悪くても客が来る店などは知名度があるため。
もちろんそれ相応の実・性・味、募集であれば給与報酬・待遇なども必要なので注意。

※一部は後述の「アレンジコラボレーション」「逆転の発想」と重複する。

先例・失敗例に学ぶ

情報収集の一種。

既に多くの人が行っている事を自分も行う場合、一定のノウハウが蓄積されているため先例・事例を調べるのも有効。既に見知っている事であっても実際に自分が商業化する場合などはやってみなければ分からない事が多いため、予期せぬトラップに引っ掛かるリスクも減らせる。

「失敗する方法」「逆の視点も非常に役に立つもので、「多くの人がやりがち/やってしまいがちなNG例」「初心者が陥りがちなミス」「絶対にダメな××といった失敗談を開している場合も多く、他人と同じ轍を踏まずコストや労・時間の節約になる場合もある。バラエティ番組の「しくじり先生」などもこれ。

その方の失敗ではないが、「ダメな××に共通する特徴」といった私見が入っているものもある。

※いずれにしてもその方の主観が大きく入っている点も多いため注意。

によっては一定の失敗状態からの復帰・修正等も必要になるため、あえて安心して失敗できるうちに同じ失敗をしてみるのも良い経験になるかもしれない。

(例)良い(人のを引く)デザイン → 絶対にダメな(やってはいけない)(悪い)デザイン
(例)美味いラーメン屋 → 潰れる・売れない・まずいラーメン屋(の理由・特徴)

目次に戻る

問題解決のアイデア

違う用途に転用する

サバイバルや緊急事態など、特殊な環境下においては
限られた具を様々な用途に使うアイデアも必要となる。

(例)ライターは着火具だが、火であぶったり照明として使用する。
(例)着火具を持っていなかったが、眼鏡双眼鏡レンズで火を起こす。
(例)強盗が来たので、身近なものを武器にする。(→護身術)(→正当防衛

材や不用品などで代用品を自給自足DIYしてしまう場合もある。

新しくする、解体し再構成する

寿命劣化しく不具合が多い、時代に即していない設備であれば装・入替を実施する。

設備だけでなく、組織・人材に対しても同様のことが言え、時代の流れや環境の変化に合わせての新しい人材の獲得や組織の再編成が必須となる。人材については簡単に解雇することができない場合などには研修を受けさせるなどの対策が必須となる。

かつての成功に固執せず新技術を取り入れる、若者の意見や世間の需要を取り入れる柔軟な発想も必要となる。

利益で釣る

不特定多数の人間を動かす場合など。世の中ゼニですね。

高額な賞をかけるなど。高額であるほど人は血眼になって自発的に動きやすい。仮に困難や危険であっても諦めずに行う・継続する人間は一定数出てくるし、大勢が意識すれば単純な命中精度が上がる。指名手配行方不明者など、高額な懸賞が懸けられているのも同様の理由。

逆に利益が皆無であれば人は動かないことのほうが多い。

報酬・待遇を用意する

上記の「利益で釣る」の一環である。問題解決のための人材を確保するには相応の報酬と待遇が必須であり、もはやアイデアではなく前提といえるレベルである。

応募者が殺到すれば自分好みの資格者や優秀な人材を選び放題といった副次的なメリットはある。

方式を変える・併用する

文字・音だけでなく様々な情報を用いる。認識効率が向上したりミスの減少にもなる。

スパイなどは人んでコソコソやっていると逆に怪しまれるため、然の会話・文章・行為の中に特定の符丁(合言葉)・暗号を混ぜるなど、他者が見ても違和感のない情報伝達手段もある。

店内など雰囲気を壊さないよう符丁などを用いる例は割と多い。高級料理店で「うんこ行ってきます」なんて言えば雰囲気がぶち壊しである。また、特定の状況や時間にチャイム音楽効果音が流れるものもある。

(例)が降ってきた場合、に関係する音楽デパートスーパーなどで流れる
(例)トラブルが発生したり面倒な客が来た場合など、他の客に悟られないよう特定の符丁で店員に注意を促す。

とにかくアイデアを出す

特に大勢・様々な視点を持った関係者がいる場合に有効な方法。

ブレーンストーミング法」というものがある。 …ブレインストーミング - Wikipediaexit

  • 質より量。アイデア自体がくては壮大に何も始まらない
  • どんなアホな案でもいいからとにかく量を出して!全部書き出すから!といった変わったもの。
    • どんなアホな案でも否定しない。難付けて理とか言わない。
    • どんなアホな案でも、どこかに面い部分や有利な部分はあるもの。(それを探す必要はある)
      • 結果的に、それぞれの案の互いの良い部分を合成・発展させるなどして形にできる。
  • 参加者は気軽にアイデアを出す権限がある。

その他、上下関係が厳しすぎる、通しが悪い職場だといくら有効なアイデアがあっても採用/活用されなかったり、発言自体を行わない危険もある。(例)こんな提案を言ったら怒られるのでは …など。

募集する

先入観に囚われ、頭の固い関係者だけで悩んでいても仕方ない。

アイデア自体を地元・近隣・全ネットから広く募集する。地元の小学校中学校高校から案が選ばれたり、参加者・出資者を募る場合もあるある。結果発表や完成品の稼働や展示といった話題作りにもなるものの、案が集まらなかったりその後の権利関係といった問題もある。調子に乗って取りや引き際を間違えればせっかくの案も台しになることも。

身も蓋もなく言えば、採用案に高額な現賞品を用意すれば集まりやすい。ただし定期的に開催する場合、前回・過去よりも見劣りすると参加者が減る可性もある。

イベント企画運営を外注する手もある。

また一度買って使い捨てではなく、備品等のレンタルが可な場合もある。

アレンジ・コラボレーション

前述の「知名度を上げる」と一部重複するが…

前者は流行や流行を交えたジョークポスターを貼る、SNSで発信してバズるエイプリルフールに便乗するもの。季節に応じて店の内装・外装を装飾するのも客を飽きさせないよくあるアレンジ

後者お金がかかるものの、限定デザインや商品があればその作品のファンの購買意欲は増す。コンビニ飲食メーカーなどがアニメ映画作品等と行っているのが良い例。とはいえ限定物が1種類しかなければそれを買われて終わりであるため、購入特典など多数のデザインを用意したくじ引きなどランダム性を付与したものもある。

単純に有名人やそれを登場させた印に残りやすいおもしろCMマツコ部屋紹介させるといった手もある。

逆転の発想

相手の意表を突くため極端な例になりやすいが、創作戦闘・人材募集まで幅広く役立つ。

(例)「堅苦しそうなイメージ××」→「若者アレンジした××」「意外と面××

特に正反対の方向から攻めたアイデアは「逆転の発想」とも呼ばれ、もが予想しなかった組み合わせや展開は大きな新鮮さを与えてくれる。とにかく興味を持って知ってもらわなければ人や来ないし買わない。広義には柔軟な発想の一種。

相手の利益を前でぶら下げたり失わせるといった手段もある。

予想の斜め上すぎる奇策など、敵は待ちせやトラップ、切り札などを警して闊に手を出せなかったり疑心暗鬼に陥るなど時間稼ぎになったり、こちらがどう出るかといった多くの仮定を想定しなくてはならなくなる。ハッタリ・ブラフとも。

敵や追跡者に対してあえて存在を暴露したり、跡・情報などを偽装して残すことで撹乱する、相手の位置・情報・練度を把握するといった展開もある。

バトル漫画など「そんなに欲しけりゃくれてやるぜ!」といった皮めいた攻撃も胸熱である。

疑う・調べる

広義のアイデアののひとつ。既存の事や問題の良、違和感や原因を探す際にも役立つ。

細な兆跡から推理したり、浮気や侵入者、異常に気付くのは現実からフィクションまで幅広い。

妙に順調すぎたり何も起きていない=何も問題がないとは限らない。他者のいいように操られていたり、物理的・喩的を問わず大きなや危険が潜んでいるなど、既存の状態が安全でない場合もある。(奇策・詐欺洗脳などが良い例)

詐欺等に騙されているなど異常な状態を「これが普通」「正しい」「安くて良い」思い込み、疑いを持たなければ問題解決も何も壮大に何も始まらないため、違和感や理不尽があれば一度疑ってみたり調べてみるのも非常に有効な手段と言える。

「よく分からないけど面倒だから調べない」なんて悪意を持った相手からすれば大爆笑ものである。

(例)「どこの業界もこれが普通と言われたので、普通だと納得する」

ビジネスなど、価格相場や相手ビジネススタイルなどを知っておかないと相手の言い値で買わされたり、重な品を二束三文で買いかれる場合もある。妙に安い値段で消費者を釣るのもあるある

何も疑わず手の内を々に見せてしまえば、相手に対策されてしまうといった面もある。

目次に戻る

創作におけるアイデア

おもに動画イラストといった創作活動においてであるが、手動・自動問わず作る事ができる。ただし厳密には表現・応用も必要であるため、同じネタを用いても結果は十人十色である。

既存・日常風景の応用

ネタは奇抜な発想である必要はなく、創作活動・twitterなどにおいては皆で共感されやすい「あるある」などを扱うものもある。イラストが描けなくても、白ハゲ漫画(項参照)のような表現がされる場合も多いが、簡易なポップ程度でもイラスト自体が描けたほうが汎用性は高い。

自分のいる都道府県や地域、業界の情報・知識というのも固有のネタとなりうるし旅行イベント思い出時事ネタやその時々で話題となっているワードも有効なネタ・アイデアとなりうる。

※もちろん詳細すぎると個人が特定されてしまうリスクもあるため注意。

ランダムな単語・組み合わせ

イラスト漫画といったアイデアを出すのには良いかもしれない。要素を合成してみるのも面い。 (例)電気ねずみピカチュウ…など。アイデア次第で無限大である。

文字列・数値・色彩など様々なものを複数、ランダムで打ち出してくれるサイトもあり、数値は度方向・名称などにも応用できるほか、既存の文章をランダムに並び替えてくれるものもある。(アナグラムと呼ばれるもの)

※一部は「ネタ切れ」の科項重複している。

既にあるアイデアを増幅する

メモ用でも良いが、大きなやキャンバスがあるとさらに大きく展開させられる。

  • 1つのアイデアを始点または中心にして、連想ゲームしりとりのように枝分かれさせる。
    • 1つのアイデアを2つ以上に分岐させ、さらに2つ以上に分岐させるなど。
    • ロジックツリー - Google 検索exit ツリー方式と呼ばれる事もあり、様々な分野に用いられる。
  • 表記するものは文字でなく絵でもよい。
  • 個々のアイデアに付けしていく際にも役立つ。

アイデアの増幅以外にも、テスト勉強など個々の単・事興味を持つこと印に残るため、暗記(項参照)に使うこともできる。

目次に戻る

関連動画

関連項目

脚注

  1. *駐車場トイレの数、ゴミ置き場、周辺道路交通機関のキャパシティなど
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
青空ひまり[単語]

提供: ぽんた

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/21(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/21(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP