アイドルマスター5D's単語

アイドルマスターファイブディーズ

6.5千文字の記事
掲示板をみる(34)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

デュエルアイドル・・・

それはアイドル決闘者に与えられる称号・・・

この物語は、彼女たちがトップアイドルになるために

決闘者になって戦った物語であるーーーーー

 

アイドルマスター5D'sとは、ASTALPが手掛けるiM@S架空戦記シリーズである。

概要

2010年4月23日にて第一話が投稿された。
本作はとある平行世界へと送りこまれた不動遊星がかつて倒したの「冥界の王」との戦いに明け暮れる決闘戦記である、と同時にその成り行きで765プロダクションプロデューサーとなってしまったことから、765プロアイドル達とデュエルで通してプロデュースする物語でもある。
第一話放送(投稿)から最新話放送まで5年以上たった今も演出クオリティ進化を重ねて世に送り出し、一時期は視聴者の間で「熱いBGM修羅場定評のあるASTALP」と称されていた。

デュエルルールはLP4000制以外はOCG(マスタールール2)に準拠されている。

また、2015年辺りから、舞台ニコニコ静画等にも広げたようで、動画版とは別に少しずつ作品が投稿されることもある模様。

登場人物

※ここでは本作品の一部ネタばれを含みます。詳しい設定は原典作品をご覧ください。

765プロ

不動遊星
本作の主人公。一見クールな性格に見えるが、よりも仲間とのを大切にする熱い心を持っている。
」から知らせを受けた後、有を言わさず平行世界へと送りこまれた。その過程で765プロDP(デュエルプロデューサー)として働くこととなる。持ち前のデュエルタクティクスを始めリアルファイト機械いじり(メ蟹ック)等の万スキルを駆使してプロデューサー業を難にこなしている様だ(ダンスは・・・苦手だな)。
使用デッキ遊星オリジナル

天海春香
 765プロ所属のCランクアイドル。明るく元気な性格で、なにもい所でよく転ぶ特技(?)を持つ。
幼少のころから憧れのアイドルし日奮闘中である。時々別人のが見えるようだが・・・。
使用デッキドラグニティ

閣下
時折デュエル春香が別人のように性格も装(春香く「着がえ」)が変わって現れる存在。
実は遊星とは別の平行世界に住む天海春香であり、ある日この世界春香の中へと飛ばされてきた。その後、「」によりの足(十六夜アキのもの)の痣を持つシグナーに選ばれた。
春香からは「閣下ちゃん」と呼ばれている。

萩原雪歩
765プロ所属のEランクアイドル男性が苦手で引っ込み思案な性格を変える為にアイドルしている。
落ち込むとその場でを掘る特技(?)を持つ。
ちなみに対春香戦の勝率100%(第48話現在)である。
使用デッキドリルD(ディフォーマー)】

如月千早
765プロ所属のCランクアイドル。はじめは結果をめるデュエルめ、人を寄せ付けないような言動が見受けられたものの遊星を始めとした765プロの面々との交流(という名のデュエル)を通して徐々に心を開くようになる。
使用デッキ氷結界】→氷結リチュア
切り札はとあるファンから彼女の為だけに作られた氷結界の龍 トリシューラなので、制限改訂には問題。
東豪寺プロの仕組んだ番組収録で朝比奈りんとのデュエル中に、尻尾(遊星からクロウへと渡ったもの)の痣を持つシグナー覚醒し、この世界初のシグナーとなる。

菊地真
765プロ所属のDランクアイドル友達思いのイケメン
庭の問題で心が荒んでいた千早デュエルを通して癒した。
第16話での亜美とのデュエル後、勝ちに見放されたかのように負けが込むものの、第39話で久々の大逆転勝利を掴む。
使用デッキ【表サイバー流】若干の裏要素が混じったもの

三浦あずさ
765プロ所属で一のBランクアイドルF91(胸囲的な意味で)
大体原作と性格は一緒。
使用デッキ【混沌エンジェル
第17話でいつものように迷子になった彼女デュエルモンスターズ精霊達の世界に迷い込み、そこで正義の味方カイバーマン精霊に出会う。
彼とのデュエルの後、光と闇の竜カード真っ白シンクロモンスターカードをもらう。
その後、彼女を追って精霊界にやって来た遊星カイバーマンとのデュエルを見ているうちに、の腕(龍可のもの)の痣のシグナー覚醒する。
真っ白シンクロモンスターカードは第43話での春香(閣下)とのデュエル他力本願エンシェント・フェアリー・ドラゴンとして覚醒した。

水瀬伊織
765プロ所属のCランクアイドルツンデレ若干控えめ。
やよいタッグチームを組んでいる。
東豪寺麗華とは以前からの知り合いで、彼女っ当なアイドルに更生させたいと願う。
彼女の更生後は良き友人(?)となったようだ。
使用デッキ漫画E・HERO

高槻やよい
765プロ所属のDランクアイドル
伊織タッグチームを組んでいる。
貧乏なため、高価なカードをほとんど持っておらず、事務所からのカードなどもあまりもらいたがらない。
ここ一番で逆転のカードを呼びこめる運命を持っている。
使用デッキアニメE・HERO若干シンクロギミックを搭載したシンクロ付きアニメE・HERO

双海亜美
765プロ所属のEランクアイドル
真美タッグチームを組んでいる。
使用デッキライトロード

双海真美
765プロ所属のEランクアイドル
亜美タッグチームを組んでいる。
使用デッキダーク

星井美希
765プロ所属のDランクアイドル覚醒していないため、やる気が低い。
しかし合宿一日での朝比奈りんとのデュエルでの惨敗と、その後の律子励・デュエル彼女に変化をもたらす。
使用デッキは吸収をテーマとしたサクリファイス

秋月律子
プロデューサー志望の765プロDランクアイドルプロデューサー
デュエルプロデューサーとなった遊星サポート役を担っている。音無小鳥妄想癖には苦労しているようだ。
使用デッキジェネクスであったが、第24話からはジェネクスギアになった。

日高愛
元いた876プロダクションを追い出されてきた現765プロのEランクアイドル
良くも悪くも進な言動が立つ「豆タンク」。
の芸界に復帰には当初は心を痛めていたものの、と同じ高みをし奮闘している。
使用デッキアニメ漫画両方のカードを採用したジャック・アトラス
戦術はジャック同様脳筋で、攻撃一気に上げて突撃するタイプ
シンクロ口上のうるささに定評がある
第40話での遊星とのデュエルを通じて、ジャックと同じの痣を持つシグナー覚醒する。
(しかし痣自体は本人765プロに来た時からあったらしい。)

水谷絵理
日高愛と共に876プロダクションを追い出された現765プロのDランクアイドル
765プロでの生活によって、性格が明るくなってきた。
最初は原作以上に「?」を使用していたが(シンクロ口上にまで「?」をつけていたほど)、徐々に「?」は消えていっている。
使用デッキX-セイバー
ちなみに戦績は765プロトップクラス

尾崎玲子
日高愛水谷絵理の二人と共に876プロダクションを追い出されたDP
原作同様、絵理の保護者的な立ち位置である。
彼女の性格の変化を嬉しく思っており、765プロに来てよかったと感じている。
長らくデュエルシーンかったが、第31話でようやく使用デッキジャンクデュアルと判明。

ピヨ音無小鳥
765プロ事務員のお姉さん(?)。
仕事そっちのけで妄想をしており、そのことでよく律子に制裁を受けている。
日高舞の復帰後は、961プロの寮に入った彼女の代わりにと住む。
使用デッキクロウ涙目(口上的な意味で)のBF(ブラックフェザー) 

高木順一朗
遊星プロデューサー業へと引きづり込んだあらぶるシルエット765プロ社長
(一ヶ間も)夢枕にてから遊星の事を聞かされており、彼のとなる。
昔はプロデュエリストとして名を馳せた(らしい)。
使用デッキ古代の機械

 

東豪寺プロ

東豪寺麗華
東豪寺プロの代表で「魔王エンジェル」のリーダーDP
 原作同様汚い手段を用いてライバル事務所を蹴落としている。(しかし、理由が原作と同じかは不明)
765プロに介入するために、自身の事務所催の番組収録のオーディション千早やよい伊織の三人を名して招待する。

  オーディション本番では、1回戦で相手に魔法カードを使用できなくする妨電波を仕掛けるも遊星製のデュエルディスクに察知されて失敗。
2回戦ではスタッフに手札を確認させて通信させる作戦を取るも、自分達が仕掛けた妨電波に通信を阻されて再び失敗。
1対1の引き分けの状態での大将戦で一切の妨手段をくし、ガチンコで伊織デュエルするが、あと一歩のところで敗北
  その後、「DP同士の対決で勝った方に2勝分のポイントを与える」という現実の番組でもありがちな特別ルールを作って,遊星デュエルするが、あっさり敗北
収録後の遊星の言葉で全に心し、伊織友達(?)になった。
961プロ催のパーティ遊星と再会し、遊星765・東合同の合宿を提案する。
使用デッキインヴェルズ

朝比奈りん
東豪寺プロ所属のアイドルで「魔王エンジェル」のメンバー
テレビの前ではぶりっだが、本当は麗の気持ちを化したり、美心に笑いながら教えたりするさを持っている。
使用デッキ【暗黒魔

三条ともみ
東豪寺プロ所属のアイドルで「魔王エンジェル」のメンバー
原作同様寡黙な性格で、麗のやり方にも思うところがあったようだが、文句を言わずに従っていた。
彼女心後は、笑顔を多く見せるようになった。
また、りん程ではないが麗の気持ちを面がっている節がある。
使用デッキ【闇儀式

佐野美心
東豪寺プロ所属のアイドル
魔王エンジェルとは別の方針でアイドル活動を行っており、合宿2日から登場。
初登場でコテパンにやっつけてその強さを見せつけた。
使用デッキはやや変則的なダークガイア

 

 961プロ

黒井崇男
手芸プロダクション961プロ」の社長876プロダクションを吸収合併した後、秋月涼(く「『彼』にはるものがある」)を除くアイドル補生を追い出した。日高舞を引きこんだものの彼女の言動に振り回されている。
また、今回開催される芸プロダクション対抗デュエル大会の催者でもある。
使用デッキメタビート寄りの【ブラック・マジシャン

石川実
876プロダクション社長、現961プロダクションの副社長
961プロダクションとの合併に伴い、を除く達を解雇した。(この時「765プロに行くように」とメモを手渡している)

日高舞
破天荒な性格をしたある時は通りすがりの主婦、あるときは日高愛母親、またある時は音無小鳥友人
そして、その正体は伝説の元トップアイドルである。
小鳥から遊星の話を聞き765プロへ半ば場破りのように現れる。
遊星を(貞操的な意味で)狙い、デュエルを行うも敗北
その後、黒井社長スカウトを受け芸界へと復帰、961プロ入りした。(彼女く「退屈しのぎ」)
しかし、に対する気持ちは変わらず、小鳥に寮に入る自分の代わりにと住むように、遊星にあるカードを渡すようにそれぞれに頼む。
使用デッキは初登場時はエンディミオンアイドル復帰後はSinスキドレビート

秋月涼
876プロアイドル補生現961プロアイドルユニットプロジェクトフェアリー」の一人。
秋月律子とは従姉妹関係でもある。
黒井社長なのか、キャラが様変わりしてしまったようだ。
使用デッキ裏サイバードラグニティ

四条貴音
な喋り方をする961プロアイドルユニットプロジェクトフェアリー」の一人。
使用デッキ代行天使

我那覇響
動物好きな961プロアイドルユニットプロジェクトフェアリー」の一人。
使用デッキシンクロ

サイネリア
舞に連れられて961プロに入ったネットアイドルにして、日高舞に続く黒井の悩みの種その2。
遊星の敵にしており、絵理ネットアイドル世界へ連れ戻そうとしている。
使用デッキサイキック

 

その他の人々

善永
フリーの雑誌記者音無小鳥日高愛とは古くからの友人腐女子仲間
小鳥とは同じ薄い本を出すサークルに所属しているようだ。
使用デッキワイト

正義の味方カイバーマン
精霊界で迷子になったあずさが出会った正義の味方カイバーマン精霊
彼女からの気配を感じ、デュエルをする。
その後、光と闇の竜とまっシンクロモンスター(エンシェント・フェアリー・ドラゴン)のカードを渡す。
使用デッキ眼】

ホメ春香
放火騒ぎを起こした人物が操るロボおもてなしと称して事務所堂々放火した後、遊星に外出するところを見計らってデュエルを仕掛ける。
使用デッキ【ワーム】

豊川風花
プロダクション対抗デュエル大会・一回戦でと対戦することになった相手。
使用デッキフォーチュンレディ

十六夜アキ
の足の痣のシグナー遊星
番外編①で遊星を使ってイケナイ妄想をする小鳥を制裁してほしいという視聴者に応え、ライディングデュエル用のデュエルレーンで小鳥お仕置きした。
また、その時に遊星からあのカードを借りている。
使用デッキアキオリジナル】
別の人のカードが混ざっているのは内緒だ! 

クロウ・ホーガン
尻尾の痣のシグナー
番外編②のゲストとして呼ばれ、小鳥BF(ブラックフェザー)ミラーマッチをしてほしいという視聴者に応え、小鳥デュエルした。彼女シンクロ口上にはショックを受けていたようである。
使用デッキクロウオリジナル

ジャック・アトラス
の痣のシグナー
番外編②でクロウだけ呼ぶと文句を言うだろうというASTALPの配慮でゲスト出演。
クロウVS小鳥デュエルの後、理矢理小鳥デュエルを行う。
使用デッキジャックオリジナル

 

作品中の用語

プロダクション対抗デュエル大会
961プロ催する文字通り芸プロダクションごとのデュエル大会。
参加形式は「3人1組のチーム戦」・「2人1組のタッグデュエル」・「シングル」の3つ。

765プロAチーム
天海春香三浦あずさ水谷絵理の3人で構成されたチームリーダー絵理
展開の強さが売りのチームである。
本来は日高愛が入る予定だったが、本人がシングルでの出場を希望したため三浦あずさが代役として入った。

765プロBチーム
菊地真萩原雪歩秋月律子の3人で構成されたチームリーダー律子
全員機械デッキを使うチームである。

プロジェクトフェアリー
本来の意味は当該記事参照。
本作では星井美希の代わりに秋月涼が入っている。

修羅's
不動遊星フラグを建てられた女性達の総称。
メンバー如月千早萩原雪歩水谷絵理東豪寺麗華の4人(第48話現在)で、ASTALPくもっと増えるらしい。
修羅's」表記時のメンバーの顔は闇堕ちした顔をしており、「闇のデュエル」ならぬ「病みのデュエル」を行う。
彼女達の発するフィール遊星すら恐怖を感じる程である。

主題歌

BELIEVE IN NEXUS」(15話-21話)
作詞作曲:遠藤正明 / 編曲:鈴木マサキ / 歌:遠藤正明

明日への道 ~Going my way!!~」(22話-30話)
作詞:遠藤正明 / 作曲:俊 / 編曲:鈴木マサキ / 歌:遠藤正明

遊星流星Lovers」(31話-)
作詞作曲:影山ヒロノブ / 編曲:寺田志保・栗山 / 歌:JAM Project

関連動画

本編(第一話&最新話)

外伝・5D'sEX(01/完結)

 放送(投稿)リスト

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/08(土) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/08(土) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP