アイドル駄話単語

アイドルダバナシ

3.2千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アイドル駄話とは、のすらPによるNovelsM@ster作品である。

概要

2012年2月19日に第1話を投稿2015年7月100話を達成した現行作品である。

第7話からはロゴ付き。週に1~2回の投稿ペース投稿している。

雪歩春香千早やよいの5人の所属する765プロとそのプロデューサーと様々な人とのドタバタコメディ活劇。プロジェクト・フェアリー組やあずさなど他のアイドル961プロ事務所に所属する設定となっている。

連続投稿作品でありながらも、1話1話の繋がりは薄く、どこからでも楽しめるようになっている。

ちなみに、雪歩などが『ヤイサホー』と言ったら『ヤイサホーってした!』『ああ、ヤイサホーってしたな!』という弾幕コメントが流れるのは今やおなじみ。

おいしい食べ物を食べたりするとアイドルたちが「ニフラム」で消されそうになるのもご嬌。

人物紹介

萩原雪歩

実質主人公。清純アイドルとして売り出しているものの、お茶缶のはまった手をかっこいいと評するなど、どこかズレている。

当初は少なからず可げがあったが、最近ではすっかり面くなっている。「ニフラム」状態が次第に常態化し、行動アイドルどころか一般人としての常識があるか極めて怪しくなりつつある。

お茶に対するこだわりは人一倍強く、古典的なにすらはまるほど。しかもお茶っ葉を食べる。

ちなみに静岡という言葉が苦手で、本人く、もし静岡という姓の人と結婚すると、結婚式中に切干大根なるほどを垂らすという。

また、「お金センチメートルで数える物」と発言したり、花やしきに遊びに行く際にプロデューサー驚愕するほどの現を持参したりする一方で、拾った財布の落としからお礼に1万円を貰って自分を見失うという、不思議銭感覚の持ちである。

がヤの付く自由業であるためか、不穏な発言が多い。

天海春香

ボケツッコミ両方こなせるアイドル。本人く、プロデューサーの『生きる監視衛星』、または『で育つ観葉植物』である。

雪歩コンビで「ニフラム」になりやすく、Pから幾度とセットで制裁も受けている。

料理はできるが、鶏肉レンジに入れるとなぜか寿司ができる錬金術の使い手。また菓子については職人レベルであり、クロカブッシュや精巧な細工を作ることが出来る模様。

作中、最も自らの欲望に忠実であり、下衆い発言が多い。

如月千早

公式とは異なり、弟が生きている設定となっているため、庭は崩壊しておらず円満で、友人もおり、よくできた性格ではあるが、反面で感受性が強いために騙されやすく、感化されやすく、すぐに泣いてしまう(→泣き虫ちーちゃん)。若干アホの子

おまけに自分にコンプレックスを持っており、太陽のジェラシー>蒼い鳥である。

円満な庭で育ってきたなら、仕方ないね

機械はかなり苦手で、PCを「パソコンさん」と敬称で呼び、崇め奉っている。また、料理は苦手としているが、春香雪歩に教わってまともな肉じゃがを作っているので、メシマズではないようである。

プロデューサーに対しては、特別な感情を抱いている模様。というかほぼ依存。Pが自分から離れると吹き込まれるだけで退行を起こす。住職の野郎…

高槻やよい

元々は765プロ事務員替わりのバイト予定であったが、どこぞの55歳児のせいで、アイドルデビューすることになった。二十一話の雪歩の発言のせいで、アイドル奴隷だと勘違いしている。貧乏ではあるが、銭の授受に関しては厳しく、自分の行動に適した対価しか受け取ろうとしない。

『れぅ』が口ニフラムの時の名前欄は「やよくない」。どうやら「やよい」とは形容詞だったらしい。

菊地真

765プロを訪れた時に履歴書と一緒になぜかを持ってくるなど、やはりどこかズレている。女の子として見られたいということからアイドルになった。

女の子として見て欲しいという意識が強いが、外見ゆえプロデューサーからさえも男だと思われるなど、不憫にあっている。

プロデューサー

作中の発言によると23歳。本作で最大の苦労人。

雪歩春香千早やよいプロデュースしており、キレのあるツッコミには定評がある

基本ツッコミ役だが、美希が相手の時はボケ役に回っていた。765プロでは彼以外プロデューサーはいない。しかし今日も元気に頑っている。

音無小鳥

ダメな大人その1。765プロ事務員。ただし、ダメ無小鳥ダメピヨ)の方である。

音無小鳥のMはマゾヒストのMだとか。

しかも卑な言動や妄想をしたり、百合が好きなどもはや事務「淫」である。酔うとさらにひどくなる。

高木社長

ダメな大人その2。小鳥さんにタメをはる55歳ダメ人間ノリと勢いと「ティン」だけで生きている。もうやめて、Pのライフはゼロよ!

ちなみに、初回登場時は、妄想に耽る小鳥さんを注意するようなまともな描写があったが、2回の登場時に見るもないほどブッ壊れた。

どうしてこうなった

プロデューサー黒井社長が共通して、「1日に8回殺意を抱いた」人物である。

星井美希

961プロアイドル。6話に初登場し、11話で覚醒プロデューサーに好意を抱いている。

第一が「お、おにぎりが、た、食べたいんだな…」のせいで、画伯山下清)と間違えられてしまう。

隠し事をするとヤンデレのようになり問い詰めてくる。

我那覇響

961プロアイドル。思ったことを包み隠さず、ストレートに言うタイプ

悪気はないのだが、彼女のせいで誤解を生むことを多い。

四条貴音

961プロアイドルラブコメ要員。

食べ物に強いこだわりを持っており、花火回では屋台で食べた焼きそばを気に入り、海原先生のように賞賛した。特にらあめんが大好きで、らあめんを宇宙という。プロデューサーに対しては「麺バー」とまで呼ぶほどである。

黒井社長には毎日お茶漬けぶぶ漬け)を振舞ったり、毒舌だったりと、とにかく扱いが酷い。

961プロ50%以上保有している(らしい)。

黒井社長

ダメな大人その3。しかも不憫大人でもある。961プロ社長原作とは違っていい人。それなのに最近961プロでの扱いがひどく、アラビックヤマトのり以下だとか。

任侠物の漫画映画によくされる(仁義なき戦いミナミの帝王など。最近はゴッドファーザーにはまっている)。

をかけると縮み、ポカリ粉末粉をかけると膨らむ。キレると元に戻る。まるでナメクジである。

三浦あずさ

元々は765でも961でもない他の事務所に所属していたが、事務所社長逃げ事実事務所は潰れ、所属となった。

だが所属になった事務所に通い続けるなどあまりにもおっとりしている。

本人く、生まれてこの方、怒ったことがないとのこと。

致命的な方向音痴で、気がついたら765プロにいることもしばしば・・・。

961プロと相談し、一旦961プロが預かることになった。

水瀬伊織

第92話前後編にて初登場。765プロ961プロとは別の所属で既にトップアイドルになっている。

性格に大きな変化はなく、二次創作特有のツッコミ体質。

トップアイドルが故のジレンマに苛まれて仕事を飛ばして(サボって)しまい、放浪しているところを「例の二粒」に発見されてしまい、その牙にかかってしまう。

二粒に良いように振り回されれを切らせた伊織は、自身の実をもって二粒を叩き潰す事を決意する。

いおりん明日はどっちだ!?

住職

想上のの人物。伝説殺人鬼

彼が登場すると(なぜか)千早が泣く。住職の野郎...

関連動画

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/06/09(金) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2023/06/09(金) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP