アカイイト 単語

712件

アカイイト

9.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

※同名の競走馬については「アカイイト(競走馬)」の単語記事を参照。
※その他の曖昧さ回避の用法は「赤い糸」の単語記事を参照。


このわたしはたったひとり家族だったお母さんを亡くして――

――遺産として残されたお父さん実家を見るために、長いを行く電車に乗り――

とても不思議を見た

思い出せない記憶

群れ飛ぶりの

そして、悲しいをした懐かしいあのひと――

わたしの生まれ故郷でもある経観塚

そこでわたしかと出会い、そこでわたしかと別れる

過去現在(いま)、と現(うつつ)、わたし記憶わたしの血――

縁(えにし)の糸が絡まりあい、寄り合わさってひとつの絵を成し――

運命の輪がりだす

公式サイトexitより抜

概要

アカイイト
通常版 廉価版
発売日 2004年10月21日 2005年10月27日
価格 7,140 2,100円
プラットホーム PlayStation 2
ジャンル 和風伝奇アドベンチャー
年齢 15歳以上(CERO)
プロデューサー

本間

戸田

原画 Hal
シナリオ 智之
主題歌

世界で』

霜月はるか / riya

アカイイトとは、2004年にSUCCESSより発売されたPS2アドベンチャーゲームである。

シナリオ担当の智之が書いたWebノベル原作で、公式HPで読むことができたが、現在リマスター版のサイトに飛ぶようになったため閲覧不可。原作は本作のルートの一部を描いたものであり、ゲームではそれがいくらか変されている。本編ネタバレになる話も掲載されていた。

を基調とした公式サイトを見るとホラーな雰囲気を感じるかもしれないが、プレイヤー恐怖を与える演出や描写は少なく、ホラーやスプラッターが苦手な人でも較的とっつきやすいゲームといえる。

また、日本神話民俗学、伝奇的な設定を多く含み、難解な用や設定とは裏読みやすくのない文体でストーリーもよく練りこまれているため、ADV好きにとって非常に良質な作品である。単解説するための用集も充実しており、ヒロインの一人であるに「ムダ知識の宝庫」と称されている。

本作は主人公が特殊な血を引いているという設定があり、作中で出血したり吸血されるシーンが多く登場する。特にヒロインをあげる意味で行われる吸血シーンは「よくソニーチェックを通ったな」とユーザーから言われる程描写がされている。声優演技も必聴。

特定ルートを経由していないとルート解放されない「ルート封印システム」を採用しており、初期の全く解放されていない状態だとほとんどのトゥルーエンドにたどり着けないどころか個別ルートにすら入れないヒロインも複数いる。他のヒロインルート攻略が封印解除の条件になっていることが多く、実質攻略順が制限されている。しかし、この封印システムのおかげで伏線回収がスムーズに行われている面もある。

本作独自のシステム「分岐図」が搭載されており、自分が今どのルートを辿っているのか、まだ通っていないルートはどこにあるのかが視覚的に確認できるようになっている。と言っても分岐の条件まで細かく書いているわけではなく、表示されるのはチャプター名とエンディング名のみ、どうやって分岐図を埋められるかは手探りで探していくことになる。前述の封印の箇所も分岐図では確認できない(アオイシロでは封印の場所がわかるようになった)。

エンディングの数も当時としては多めで32種類。そのうち約半数は死亡するバッドエンドとなっている。しかし単なるハズレルートではなくある意味トゥルーエンド以上のドラマが描かれるバッドエンドノーマルエンドも多く、トゥルーエンド以外の評価も高い。とあるノーマルエンドは続編の「アオイシロ」でミニゲームとして登場した。いずれかのエンディングを迎えた時点でルート解放の条件を満たしていた場合は告知される。
また、全てのトゥルーエンドに到達するとご褒美CGが貰え、タイトル画面とBGMも変化する(分岐図やエンディングコンプリートする必要はなく、こちらは達成してもご褒美はない)。エンディングリストからエンディングシーン回想を閲覧することができるが、そのうちの1つは再生するとフリーズするバグがあり、後述のアーカイブス版でも修正されておらず、リマスター版でようやく修正された。

巷では百合ゲーとして名高いが、特に百合好きでない人でも十二分に楽しめるため、機会があれば是非やってみることをお勧めする。当時PS2市場には百合とされる作品が少なかったため、ジャンル誌でも紹介されている。実は企画当初は男性主人公だったのだが、「から逃げ回りヒロインに守られる男性主人公ってどうなんだろう」という考えから女性主人公に変更された経緯がある。元々百合ゲーとして作られたものではなく、設定変更の結果百合になったという方が正しい。

2013年10月16日より、PS2アーカイブスとしてダウンロード版が配信。対応機種はPS3で価格は1,200円。生産終了後、入手困難な状況が解消されたが、市場PS4に移って以降、再びプレイ環境が制限されるようになっていった。

初回盤にはアンソロジーコミックが同梱されており、全ルートクリアを前提とした作品が多数収録されている。そのため最初に「ゲームクリア後に読むことを推奨」という注意書きがされていたが、それに気づかずネタバレを見てしまった人もそれなりにいた模様。また店舗購入特典のテレホンカードもあったが、コンシューマー作品とは思えないデザインが多数存在していた。デザインファンブックで確認できる。

本編の後日談(ユメイルートと言われているが実質はゲーム本編には存在しない全ヒロインエンディングを迎えた特殊ルート)を描いたドラマCD降魔」が発売された(初回盤にはシーンも含めた台本が同梱されていた)。発売数が少なかったため、ユーザーから何度も再販希望が寄せられ数回メーカーであるSUCCESSからの直販で再販されている。現在はSUCCESSが関連CD・書籍の販売をしていないため、入手困難関連商品の筆頭に挙がっている(Tシャツアクセサリーなどのグッズは販売されている)。

BGMLittle WingMANYOが担当。作マッチしたBGM主題歌と並んで評価が高い。シナリオ担当の麓仕事とは関係なく書いたプロデューサーが発見したことを機に「歌詞を付けてほしいBGMユーザー投票で選出し2曲のボーカルCDを発売する」企画を開催。本編BGMである「いつかのひかり」と「泡」のボーカルバージョン主題歌合わせた4曲のインストバージョンを収録したCDが発売された(新曲の歌唱は霜月はるか)。CD自体は販売終了となっているが、霜月はるかワークスアルバムなどに楽曲が収録されている。

本作の舞台である経観塚の山にはモデルがあり、西東京の山で撮した写真を基に描かれたことがプロデューサーブログられている(経観塚自体は東京からローカル線東北方面にほぼ1日乗り継いだところにある設定)。

シリーズ作品として「アオイシロ」が2008年に発売され、本作にはなかったジャンプサウンドモード、どうしてもクリアできない人のためのネタバレ解禁機まで搭載。全ヒロインとの同時エンディングを迎えられるグランドエンドルートを用意し、手順を誤らなければ一度もノーマルバッドエンドにならずに全ヒロイントゥルーエンドに到達できるようにするなど工夫されていたが、本作の評価をえることはできなかった。こちらの売り上げ次第では更なるシリーズ展開もされる可性があったようで、実現されなかったことをファンからは惜しまれている。その中には本作のPC版発売も含まれていた。

2020年代に入りSUCCESSNintendo Switch市場への参入やコットンシリーズの最新作発売などCS方面への動きが見られ、アカイイトの現行機種への移植及びリマスターが期待されていた。2022年Nintendo Switch及びSteamにてアオイシロとのカップリングHDリマスター版が発売されることがSUCCESSより発表され、2023年5月25日Nintendo Switch版・Steam版が発売された(ダウンロード版はタイトル個別販売)。

リマスターにあたってのキャスト変更は行われていない。セーブファイルの上限がアオイシロと同等以上に増え、一部バグが修正されているなど移植以外にも手が加わってはいるのだが、BGMループ不自然だったり一部音再生されないなどオリジナル版からの劣化問題が確認されていた。発売日にアップデートが配信され、翌にはアオイシロ含め全体の修正アップデートが配信された。
パッケージ版では初回限定生産の特装版も発売され、こちらには過去アカイイト・アオイシロで発表されたサントラドラマCD全ての復刻版CD10枚組が付属している。

登場人物

主要人物

羽藤桂 (はとう けい) - 声:松来未祐

本作の主人公。「用意周到」を宗としているが、基本的にのんびりかつうっかりが多いため、周りからは心配されることが多い。しかし自分が「これ」と決めたものは命がかかっている危機の中でもやり通す芯の強さを持っている。人ならざるものが飲むと強大なを得られる贄の血を引く一族の人間で、その濃さは羽の中でも群を抜いており、それ故にに狙われることになる。大の日本びいきで和食落語を好み、即落語を披露することもできる。

一のであるを失った後、遺産整理の下見として経観塚(へみづか)にある屋敷を訪れるのだが……。

百合作品への出演が多い松来未祐キャラクターの中でもトップクラスのはまり役として知られている。フルボイスゲームの台本は電話レベルに分厚いことが多いが、主人公である彼女の台本はそれが4冊もあったらしい。

千羽烏月 (せんば うづき) - 声:渡辺明乃

古の太刀・維斗を持つ、とした佇まいの少女く「納豆をかき混ぜる姿すら様になる」らしい。

人になすを切る「切り」の役に就いており、とある任務のため、と同じ列車で経観塚を訪れる。普段は名門と名高い北斗学院附属の学生として過ごしているが、役のため出席率は芳しくない模様。本物の剣術を修めていることから剣道部からのスカウトが絶えないとか。切りとしての正装である装束もあるが基本は制服姿。これは制服の裏に対用の呪を縫い込んでいるため。

一初期状態でもトゥルーエンドに到達できるキャラクターだが、その分他ルートに繋がる伏線や封印解除のも多く配置されている。終盤のある選択肢を誤った場合に迎えるバッドエンド不幸な結末ではあるもののユーザーからの評価が高いバッドエンドの一つとなっている。

移動中の荷物を少なくするため、宿泊先の宿に荷物の大部分を宅配で送っている。それを見たドラマCD修学旅行で実践。しかしうっかりを発動させ、サクヤたちが合流するきっかけを作った。また自身も修学旅行中のの護衛のため切り頭に呼び出された。

サクセスから発売されている海腹川背BaZooKa!にアカイイト代表としてゲスト出演。こちらの登場キャラサクセス作品オールスターの面があり、重大なネタバレにならない範囲で彼女が選ばれたと思われる。

若杉葛(わかすぎ つづら) - 声:釘宮理恵

の屋敷に住み着いていた活発な少女。見かけにそぐわず神話民俗学に詳しい、作中最年少ながら本作の蘊蓄担当でもある。の尾(おばな)を連れている。サバイバル術にも長けており、長年放置されて止まっていた屋敷の電気復活させたのも彼女(配管かったためガスはダメだったが昔ながらのかまどのため特に問題はなかった)。

原作となるWebノベル彼女ルートベースに書かれている。ルートの封印も少なく、選択を間違わなければい段階でトゥルーエンドに到達できる。とはいえ共通ルートの時点でフラグを立てていないと個別ルートで強制的にバッドorノーマルエンドに分岐してしまう箇所が多い。

作中では言及されないがアオイシロ主人公小山内子とは従姉妹関係にある。

関連項目若杉グループの扱い・出番が作中で不遇気味であることを受けて行われたエイプリルフール企画が元。ここからアカイイトMAD動画には若杉グループタグが付けられる傾向にある。

浅間サクヤ(あさま -) - 声:真田アサミ

母親である真弓友で、羽とは祖母の代からの付き合い。にとっては頼れるのような存在である。真弓が亡くなった際はの後見人を買って出た。葬儀屋や遺産相続税理士紹介したのも彼女フォトグラファーの仕事のため経観塚で居合わせる。本業は政治経済を扱うルポライターだが現在はフォトグラファーとしての稼ぎの方が多いらしい。フォトグラファーとしては秘自然深くにいる動物が専門。年齢不詳な外見だが、出入りしている出版社には20歳で通している。どこへ行くにものクロカンで駆け回り、ドラマCDでも京都へ駆け付けた。

その活発な外見からは想像しにくいが作中きっての料理上手で真弓料理叩き込んだのも彼女。だがのところに遊びに行っても料理真弓が全て片付けてしまうため見せる機会がなく、サクヤ料理の腕を知らなかった。以前手作りバレンタインお菓子を出版社の編集に持参した際も、逆に気味悪がられたらしい。

ゲーム開始時点ではルート入り口に封印があるため、封印を解除しなければルートに入ることができない。個別ルート途中でも展開次第では別のヒロインルートに分岐する場合がある(ここから分岐先のトゥルーエンド不可能だが、この経路でないと分岐図を埋められない箇所がある)。ルート内にもトラップのように封印があるため、彼女トゥルーエンドにたどり着けるのは全体でも後半の方になる。

続編であるアオイシロでもゲスト出演。アオイシロ本編では電話越しでの登場だったが、PC版に追加されたおまけシナリオ顔出し登場。本作でできたコネので多忙を極めているらしい。ここにも当然クロカンで来ており、仕事先の沖縄までフェリーを持ち込む模様。

ユメイ(-) - 声:皆口裕子

経観塚を訪れた際に、が見た不思議に出てきた少女ピンチになったときは自身のが弱まったり自身が消滅する危険を冒してでも助けに来てくれる。懐かしさを感じるものの、彼女なのか思い出すことはできない。経観塚のご木に宿る「オハシラサマ」で、ノゾミミカゲと相対する存在。

パッケージと一緒に描かれているキャラクターだが、個別ルートの入り口からしルート封印があり、トゥルーエンドまでの封印の数も最も多い(初期状態でも一応ルートに入ることはできるが本格的に話が始まる前にバッドorノーマルエンドに強制分岐する)。彼女ルート中は他のルートではあまり注意することのない血液ゲージの管理がめられる。彼女トゥルーエンドに到達できればゲーム中のすべての封印を解除したことになる。

普段はしっかり者だが異常なまでの情を抱えており、度々突飛な言動をすることがある。数々の奇行(?)はユーザーからネタにされている。

ノゾミ・ミカゲ(-) - 声:小林恵美

鈴の音と共に現れる双子高飛車ノゾミに対し、ミカゲは一歩引いた態度を取る。オハシラサマにより封じされているを「さま」と呼び慕っており、復活のために動いている。の血を飲むことでが増強され、復活の手段の一つとなるため、執拗に狙ってくる。人を操るを持っている。

大部分のシナリオで敵対することになるが、実は個別ルートが用意されている(ルート解放されるのは全体の最終盤)。ルート解放後は個別ルートへの自動分岐が追加され、ルート内の選択肢は1つだけ。個別ルートでは彼女たちの過去られる。

サブキャラクター

ケイ(-) - 声:石井一貴

と同時期に経観塚を訪れた少年。かつて経観塚の祭を取り仕切っていたとの縁続きで、祭に協するためにこの地を訪れた。切りについての造詣も深く、要人物の何人かとは面識がある。

羽藤真弓(はとう まゆみ) - 声:古原奈々

母親シングルマザー翻訳・通訳の仕事をしながらを養ってきた。理をしてを私立のお嬢様学校に通わせていたため、過労がたたって本編開始の少し前に亡くなっている。切りについての知識と技量もあり、携帯のストラップにしている珠にを籠めて除けとしていた。長年を付けられなかったのはこのによるところが大きい。

奈良陽子(なら ようこ) - 声:能登麻美子

クラスメイトで、出席番号の一つ前。を「おもちゃ一号」に認定彼女をいじるのが日常。普段は早起きニワトリ生活がモットー。作中ではほとんど電話を通しての登場で、経観塚から帰ってきたときもほとんど後ろ姿だけで顔は描かれていても一部のみ。限定版アンソロジーコミックの裏表や廉価版パッケージ裏、ドラマCDで全体の顔が確認できる。

余談だが、能登麻美子ハイテンションキャラを演じている数少ない例であり、スタッフロール名前を見るまで気付かなかったユーザーも多かった。

東郷凛(とうごう りん) - 声:沢城みゆき

クラスメイトで、出席番号の二つ前。本編でも「おさん」として存在はられるが本格的に登場するのは後日談のWebノベルドラマCDの近所では有名なやんごとなき屋敷のお嬢様で、にとっては数少ない時代劇鑑賞仲間暴走しがちな陽子のストッパー的な役回りで、その際は実行使も辞さない。

ドラマCDが合流するまでは蘊蓄担当でもあり、から対抗心を燃やされていた。修学旅行では本人に内緒で警護のための人員を付けられている。途中で彼女が気づいて下がらせたが、彼らの存在が思わぬところで役立つこととなる。

主 - 声:室園丈祐

鎮守ののご木に封印されている八岐大蛇を祖とする蛇神。武葉槌命の調略により征討され、山のとして収まっていた。しかし贄の一族の話を聞き、贄の血を使ってを取り戻し世を乱そうとしたため、再度討たれてオハシラサマに封印されることとなった。

分霊を封じの外に放ち、本体の復活のため暗躍する。ノゾミミカゲも解放のために動くが、ルートによって登場の度合いが大きく変わる。ほとんどのルートでは分霊までだが、とあるルートでは封じが全に解かれ、直接対決することとなる。1000年以上もの長い間封じられてが削がれているがそれでも強く、戦闘力は作中でも最強格に位置する。が強く、己がめるままに行動する気分屋。

駅員 - 声:佐々木省三

物語の始まりとなる経観塚駅員で、最終バスを逃したタクシー館を紹介したり、郷土資料館の話をしてくれるなど、何かと切な人。経観塚は1時間に1本程度しか電車が来ない上に日常的な利用者以外ほぼ乗降客がいないため、勤務が暇になる間は館にやってきて寝をすることがある。昔ながらの手動改札だからか、切符を切るパンチを常に持っている。

ゲーム中で言及されることはないが、立ち絵名札に書かれている苗字は「秋田」。アオイシロサブキャラクターとして登場する秋田子の祖。あちらで子が肝試しに用意した「じーちゃん仕込みのトラップ」はこの人のことをしているのかもしれない。

用語

  • 贄の血
    である羽に代々流れる特殊な血。人ならざる者がその血を飲むと強大なが得られるとされており、このためにに狙われることになる。作中では羽以外にも贄の血を持つ者がいる。その血の濃さも個人差があり、最も濃いのはで、はその1割程度の濃さしかない。
  • 経観塚(へみづか)
    本作の舞台となるで、東京から東北方面に電車ローカル線をほぼ1日乗り継いだ場所にある。実家である羽様の屋敷があり、遺産整理の関係で屋敷を見にがこの地を訪れるところから物語は始まる。これといった観光は特になく、強いて言うなら天然温泉が湧きだしているくらい。温泉通の間では渋好みの場として知られているらしい。携帯電波網も整備されておらず、全体でも携帯アンテナが1本立つかどうかのレベルから少し歩いたところに商店もあるが、スーパーマーケットはないため食材は複数店舗をはしごしてそろえる必要がある。その反面、ファーストフードチェーンコンビニエンスストアも出店している。この地のる祭が行われていたが、10年ほど前にその祭を取り仕切るが姿を消してから更に寂れるようになったという。
  • 羽様の屋敷(はざま-)
    経観塚前からバスで30分のところにある鎮守のにある大きな屋敷で実家。10年前から空き家となっており、物語の始まる少し前にが住み着いた。記憶では10年前の火事で焼け落ちたはずだが、なぜか当時の姿を残している。羽は贄の血をひく一族でかつ長者でもあり、戦後の農地革が行われるまで経観塚一帯の土地を所有する大地でもあった。併設されている蔵には具や祭具、資料などが保管されている。
  • 切り
    人になす人ならざる者をる人の総称。その役上古くから続いている切部(おにきりべ)と呼ぶ)も多く、○○党と呼称する。作中では千羽党、渡辺党が登場する。それぞれの党内に複数切りがいるが、その筆頭となる者に切り役の役が与えられる。これら党をまとめているのが切り頭(おにきりのかしら)であり、各党の切りは頭の命を受けて各所の任務にあたる。余談だが渡辺党はかの頼四天王の一人渡辺綱を祖としており、数ある切部の中でも特に長い歴史を持つからか、他の党を軽んじる身内びいきのきらいがある。
  • 若杉グループ
    戦前から続く旧財閥の流れをくむ世界有数の企業グループ会長は代々若杉直系の人間から選ばれている。本作の始まる少し前に会長が亡くなり、一の後継ぎとされる人物は現在行方不明となっている。若杉流は陰陽師の代名詞、安倍晴明を輩出した安倍土御門)の財政管理を任されていた一族とされ、安倍衰退後はその役を引き継いだ。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
天外魔境II[単語]

提供: 水原 一平

もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/24(金) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/24(金) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP