アカチョウチンクラゲ単語

アカチョウチンクラゲ

  • 5
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アカチョウチンクラゲ(Pandea rubra)とは、深海性のクラゲの一種である。

概要

名前通り提のような形の深海クラゲで、透明の内側や。ここまでいのは発する獲物を捕食した際に外部にが漏れださないようにする為だと考えられている。の高さは約18cmで、24本の毒針(刺胞)の付いた長い触手を持つ。これまた提のように伸び縮みしてを吹き出しながら泳ぐ。アカチョウチンクラゲ自身も発することができる。分類学上は刺胞動物門・ヒドロ綱・クラゲ・刺糸亜エボクラゲ科・ハナアカリクラゲ属に属する(諸説あり)。

太平洋大西洋、南極深約450~1500mから記録されており、北極からは見つかっていない。発見例が少なく希少な種だとされてきたが、海洋研究開発機構(JAMSTEC)の調によって岩手県三陸に多数の個体がいることが分かっている。

英名は「Red paper lantern jellyfish」で、こちらも日本い提に由来する。

他の生物との関わり

アカチョウチンクラゲはウミグモ、ヨコエビや他のクラゲの幼生などの多くの小さな生き物の住処になっている。一方でアカチョウチンクラゲも幼生時代はダイオウウキビガイ(Clio recurva)という浮遊生活を行う巻貝(足類)の1種のみに付着して育つことが分かっている。ダイオウウキビガイなどの巻貝仲間が成長するためには殻の材料となる炭酸カルシウムが必要だが、近年は人類の活動によって中の炭酸ガスが増加・海洋性化しており、殻の炭酸カルシウムを溶かしてしまうため、ダイオウウキビガイを含む浮遊性巻貝絶滅危機にある

このことは、海洋性化のような環境問題が1つの生物(ここではダイオウウキビガイ)のみならず、他の生物(ここではアカチョウチンクラゲ)を通して、更に大な数の生物に深刻な影を与えることを示唆している。

関連商品

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/13(日) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/13(日) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP