今注目のニュース
僕らを夢中にさせる!? 女の子の魅惑の『足裏』イラストまとめ
マクドナルドを何て略してる? やはり「マクド」は3割と少数派
40万年前、すでに人類は「缶詰フード」を食べていた?

アクマイザー3単語

アクマイザースリー

掲示板をみる(44)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
アクマイザー3

ザラード!イラードガラード!

うなれジャンケル!ら、アクマイザー3!

ザビタン、イビル、ガブラ

アクマイザーとは、1975年10月7日から1976年6月29日にかけてNET(現:テレビ朝日)系列にて全38話が放映された東映製作特撮ドラマである。

MOVIE大戦アルティメイタム』に登場するアクマイザーについては個別項を参照→アクマイザー

ネタバレ注意 この記事は、物語の結末に関するネタバレがあります。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

なぜだ!?アクマイザー3の概要

ヒットした「秘密戦隊ゴレンジャー」の流れを組む「集団ヒーローもの」の特撮番組である。原作者はゴレンジャーと同じく石ノ森章太郎(当時:石森章太郎)である。

本作の特徴として挙げられる点は(一部を除き)人間態が存在しない、異形の姿のヒーローによる演技、アクションである。中の人の表情がでないスーツに数種類の表情パーツを付け替え、更にスーツアクター声優の演技によるバラエティ溢れるキャラクター描写がなされた。 これはプロデューサーった所によると、変身前の役者にかかる人件費の削減という意味合いもあった。

ザビタン、イビル、ガブラら「アクマイザー3」、彼らを取り巻く人間、「アクマ族」との間で繰り広げられるストーリーも大きな見所であり、時にかつての仲間、友人が敵として立ちはだかるというハードな展開があった反面、コミカルな描写も増えていった。

衝撃的な最終回・・・所謂「BADEND」「全員死亡END」は現在でもとなっており、衝撃を受けた当時の児童も多数であろう。

単にバッドエンドでは留まる事を知らずに、次回作「超神ビビューン」にてアクマイザー3の魂は受け継がれる事となる・・・・。

なぜだ!?アクマイザー3のあらすじ

地球の地下にある「地底世界ダウンワールド」のアクマ族が地上への侵略を開始した!

クマ族である人間とのハーフである「ザビタン」はアクマ族のやり方に疑問を抱き、アクマ族を裏切る。

討伐隊の一員の「イビル」「ガブラ」はザビタンを倒す為に立ちはだかったが、ザビタンの正々堂々な、勇気ある姿勢に心を打たれ、ザビタンに協する様になった。

こうして、ザビタン、イビル、ガブラは「アクマイザー3」を結成。アクマ族の陰謀と送り込まれる「隊長怪人」に立ち向かう!

なぜだ!?アクマイザー3のひみつ

アクマイザー3のモチーフモデルとなった物はアレクサンドル・デュマ・ペール作の「三銃士」。

アクマイザー3の共通装備はジャンケルとよばれるサーベル

※これに則り、当記事では以下、「サーベル」という単は断りがない限り、全て「ジャンケル」に統一する。

ザビタン井上真樹夫スーツアクター高橋

うなれジャンケル!アクマイザー3!

人間とアクマ族のハーフであるザビタンは他のアクマ族には見られない様々な魔法まほうりき)を使用する事が出来る。

  • 変わるんだら~南雲健二(演:滝沢双) という人間変身する事が出来る。
  • 作るんだら~:ある物体を別の物体に変化させられる。
  • 消えるんだら~:自らを透明化させる。
  • ねるんだら~:人や物体をザビタンに変化させる事が出来る。
  • 動くんだら~:念により、物体を手を使わずに動かす。

イビル矢田耕司スーツアクター益田哲夫)

正義子!

  • 精鋭討伐隊の一員としてザビタンを始末しに来たが、ザビタンの正々堂々たる姿勢に惚れこみ、以降はガブラと共にザビタンに味方する様になった。
  • スピードと射撃の腕は3人中トップクラスクールな性格。一人称は「拙者」。口癖は「どんなもんじゃい!」
    • この口調からも判る通り、時代がかかった口調で話す点が特徴である。3人の中では一番表情の変化に富んでいる。
  • 弱点は面等の反射物の前では硬直してしまう点。自分がもう一人写るのが信じられないらしい。
  • 武器はジャンケル「イラード」と機関銃ジョーガン」。イラードを使った「イビルフィニッシュ」が得意技である。
  • 後に「変わるんだら~イビルッチョ」の魔法変身する事が可になったが・・・・。

ブラ八奈見乗児スーツアクター竹下治)

良い子の味方、ガブラちゃん!
ブラッチョ
ブラが「変わるんだら~ガブラッチョ」の魔法変身したダチョウである。
足が速くなる上に、ダチョウながらを飛ぶ事が出来、場合によってはギャリバーよりも役に立つ場面があった。
他にも「ガブラッチョの周りで踊るんだら~/ダチョウねるんだら~」の魔法兵士アグマーを躍らせる。

 

アクマイザー3の必殺技

魔方陣アタックニューライトアタック
最も多く使われた必殺技イビルとガブラが「アームクロス!」の掛けで手を組み、足場を作り、
これを起点にザビタンが「ステップ・ジャンプ!」の掛けで飛び上がり、ジャンケルで攻撃を加える技。
当初はジャンケルで突き刺すというフィニッシュであったが、子供真似する事を危惧してか、ジャンケルの柄で殴るという演出に代わった。
後に「ニューライトアタック」という新必殺技としてパワーアップしたが、体を大幅に消耗するデメリットがある。
スリーキック
3人一斉に飛び上がり、ジャンプキックを浴びせる。
アクマイザーアタック
最終話で繰り出した捨て身の必殺技。技の成功、失敗問わず、使用した者を死に至らしめる切り札である。
ゲベルを倒す事に成功したが、それはアクマイザー3の死も意味していた・・・・。

なぜだ!?アクマイザー3の協力者

地上の人間達

(演:千葉治郎(現:矢吹二朗))
「東都タイムズ」の記者。アクマイザー3の協者の一人。腕っ節も強く、兵士アグマーを倒せるはあるが、少々ドジな一面も。
南雲健二の正体がザビタンである事は知る由もなかった。
(演:小謙二)
。口癖は「どうして?」。ダルニアと仲が良く、一緒に遊んだり、おやつを食べたりするシーンが見られた。
秋田作(演:岩城和男)
東都タイムズの編集長。一の上である。超常現象を信じない一面がある。よくアクマ族の陰謀に巻き込まれる事が多い。
ジュン(演:みゆき
東都タイムズカメラマン。ザビタンらによってアクマ族から救われた後は協者となるが、中盤から登場しなくなった。
よしこ(演:吉田野子)
5話から登場する科学者。最新科学でザビタンらを支援する役柄であったが、12話以降から登場しなくなった。

アクマ族

ダルニア吉田理保子スーツアクター日高ゆり
アクマイザー3らの戦いを見る事が好きなアクマ族の女性
の「マジルカ山口奈々)」が居たが、「双子クマ回路」により10話で死亡している・・・。
※「双子クマ回路」とは、姉妹に埋め込まれており、片方がアクマ族を裏切ると爆死するという恐ろしい代物である。
名前の由来は「三銃士」の登場人物「ダルタニャン」。
大臣(大川透
ダルニアマジルカ。病で動く事が出来ず、登場の際には使者であるカラスの姿を借りている。
平和党4人衆
バスカル(神谷明)、ノッペラー永井一郎)、ノッペラーJr古川さとし).、ナメナメーダ八代駿
・・・・の4人からなる平和するアクマ族。かつて敵としてアクマイザー3の前に立ちはだかったが、心し、アクマイザー3の味方となった。

なぜだ!?アクマイザー3の登場メカニック

ザイダベック
アクマイザー3の移動用飛行メカ。普段の住居としても兼ねており、あらゆる知識が詰め込まれたコンピューターが設置されている。装備は煙幕装置、アーム。 
普段は飛ぶ幽霊船の形態であるが、ザビタンの「チェンジ!ザイダベック!」の掛けにより、脅威の変形メカニック幽霊船からずんぐりむっくりしたの様な形態へと変形する。緻密なミニチュアによる変形シーンは今でもとなっている。パージした方がいと突っ込んではいけない。
元々はアクマ族側の飛行メカであり、地上侵略の際に使われていたが、ガブラによって奪取された後にアクマイザー3の移動用メカとなった。

ギャリバー
アクマイザー3の専用バイク
ザビタンはギャリバーA、イビルはギャリバーB、ガブラはギャリバーCとそれぞれのマシンに搭乗する。
ギャリバード号
3台が横に並び、「トライキャッチ」により、ギャリバード号へと合体する。
最高速度は330キロ。武装はギャリバーキャノン

なぜだ!?アクマ族

か昔、2万年前・・・・

環境の悪化により、一部の人類は地球内部の洞・・・・地底、後の「地底世界ダウンワールド」に移り住んだ。(地底の設定は当時一部で流行った「地球洞説」がモチーフとなっている。ダウンワールドに移住した人類は地底の環境に自らの身体を適応に適応を重ね、サイボーグへと進化していった。

これが「クマ」である。地上に出現した際に地上の人間達に「悪魔」と恐れられ、自らも「アクマ族」と名乗る様になった。地上から人間をさらっては奴隷として使役した上に、最終的に地上への侵略を企てた。

メザロード辻村真人
クマ族の警備隊長。アクマイザー3の敵である。ザビタンの両親、イビル人、ダルニアマジルカを殺している。不死身体を持っており、倒される度に復活するという厄介を持ち合わせている。「悪魔の紋章」を携帯しており、ザビタンを毎度苦しめた後に悪魔の紋章を叩き落とされるというのがお決まりのパターンである。
団長ゲベル(増岡弘
クマ族師団長。終盤37、38話に登場。大魔王ガルバーから与えられた「不滅の」を武器にアクマイザー3に戦いを挑む。
隊長怪人
メザロード配下の元、様々な作戦を取る怪人。アクマイザー3のかつての友人や仲間が立ちはだかる事もある。
アクマイザー3の魔法に対し、「悪魔」を使用する他、ジャンケルも駆使して戦う。
兵士アグマー
隊長怪人が率いる戦闘員。メザロードゲベルの親衛隊を務める上位の兵士も存在する。
総統大魔王ガルバー(飯塚昭三) 
クマ族、ダウンワールドを束ねる支配者。「アクマイザー3」本編で直接の登場はなく、その全貌は次回作である「超神ビビューン」で明らかとなる。

なぜだ!?アクマイザー3の関連動画

主題歌・挿入歌

VOCAROID関連

MAD

なぜだ!?アクマイザー3の関連商品

映像ソフト(DVD)

主題歌・サントラ関連

その他(書籍・玩具等) 

なぜだ!?アクマイザー3の関連コミュニティ

なぜだ!?アクマイザー3の関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/15(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/15(火) 13:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP