今注目のニュース
噴火で炭化してしまった古代のパピルスの巻物を最新のAI技術で広げることなく解読する試み(英研究)
『アッコにおまかせ!』新人・小林アナにハプニング 「危ない危ない」
「おでこコショコショされたら二度寝しちゃうにゃあ……」 “二度寝の精霊”になったホイップちゃんがかわいい

アサシン(Fate/stay night)単語

アサシン

掲示板をみる(475)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アサシン(Fate/stay night)とは、PCゲームFate/stay night」に登場するサーヴァントの一騎である。

CV:三木眞一郎

サーヴァントについてはサーヴァント(聖杯戦争)の記事を参照。

なお、記事ではこれ以降アサシンと表記する。

ネタバレ注意 この項は、ネタバレ成分を多く含んでいます。
ここから下は自己責任で突っ走ってください。

概要

キャスターによって召喚されたアサシン(暗殺者)のサーヴァント名は佐々木小次郎。通称、アサ次郎。

の羽織姿に自らの身長よりも長い「物干し竿」を持つ優男のの姿をしている。

全てのルートにおいてキャスターの本拠地である洞寺の山門の守護を担っている。しかし、キャスターに絶対従というわけではなく、飄々と受け流すことも多い。

暗殺者として召喚されてはいるものの、佐々木小次郎の名に恥じない剣術の使い手。その腕前は純剣術だけならセイバーすらぎ、今回の聖杯戦争で召喚されたサーヴァント中でも最高。なお、最速の英霊であるランサー、機動に長けると言われるライダーよりも敏捷のステータスが高いが、彼は山門から離れることができないために、それが活かされることはない。また、キャスターの補助付きとはいえ、ギルガメッシュを除く全てのサーヴァントを一度は撃退しているなど、その実は確かである。

ただし、サーヴァントによるサーヴァントの召喚など本来の聖杯戦争では想定されていないイレギュラーだったため、他のサーヴァントと異なる点が多い。

特殊な点

召喚されるべきでない英霊が召喚された
本来のアサシンとはイスラム教の暗殺教団の頭領である山の翁のうちのかを召喚するものと決まっており佐々木小次郎が召喚されることはない。
また西洋魔術によって成立した木の聖杯戦争で召喚されるサーヴァントは本来ならば西洋の英霊に限定されており、東洋の英霊が召喚されることはない。
(これらはあくまでstay night本編発表時での設定である)
人間マスターがいない
サーヴァントであるキャスターに召喚されたため、正式なマスターが存在しない。
そのため現世に留まるための手段として寺の山門を仮の依り代としている。
移動できない
山門を依り代としているために、山門から遠く離れることはできない。
佐々木小次郎本人ではない
他のサーヴァントたちは過去に存在した英雄本人であるが、アサシンは本物の佐々木小次郎ではない。
本来の彼は剣術に長けただけの農民であり、歴史上には名前すら残っていない。
にも関わらずこの名前を名乗る理由は彼を現世に呼び出す際、伝承上の佐々木小次郎にもっとも近い存在として当てはめられたからである。
伝承の原となった「佐々木小次郎という男」や「物干し竿を扱う武芸者」の存在は示唆されているものの、「物干し竿を扱う士・佐々木小次郎」は伝承上の存在にすぎないためこのような召喚になった……という設定である。
宝具を持たない
宝具を一切持たない。手に持つそれなりの名ではあるが単なるの域は出ていない。
そのかわりに剣術の腕は域に達しており、義である返しは技量のみで多元屈折を実現している。

ステータス

燕返し

ランク:- / 種別:対人魔剣 / レンジ:2 / 最大捕捉:1人

宝具を持たない彼にとってその代わりとも言える技が返しである。

単純に言うと、1振りのを振ると3振りのが同時に出現し敵をどうやっても逃げられないように包囲するという技。バトル漫画のように「ほぼ同時」ではなく、並列世界から全く同じが全く同時に振るわれる。
元のの長さと併せて、全な状態で放たれれば回避することも防御することもできず、確実な死が訪れる必殺

この技法は第二魔法レベル(ただし理屈は似て非なるものらしい)に達しており、魔術師たちが長年望んで果たせないものである。(多重次元屈折と呼ばれるもの)
中世界の魔法とは多くの魔術師が血眼になって実現しようとしているものであり、そもそも聖杯戦争自体が第三魔法再現して開催されている事から、魔法レベルという設定のとんでもなさが判るだろう。
特に、先祖代々第二魔法の実現を標としてきた遠坂凛にとってはいろいろと許せない存在であると思われる。

繰り返すが、彼は本来、ひたすら剣術修行に明け暮れただけの名もき農民であった。農民スゲェ…

hollow ataraxiaにおいて

相変わらず山門に釘付け状態のままなので他のサーヴァントのように現世を満喫するというわけには行かない模様。

それでも山門を時々訪ねてくる三枝嬢と仲良くなったりしているあたり、やはり色男というべきだろうか。

おまけ花札ゲームにおいては依り代を山門から宗一郎のメガネに移され、木夫妻の中に付き合うことになる。

Fate/Grand Orderにおいて

あまりにも特殊な存在故にzero等で本来のアサシン、ハサン達が登場するにつれて影が薄くなっていった小次郎だが、アニメUBWでの久々の活躍に続き、ゲームにて出番が与えられることになった。
その出自のせいか最低レアリティに設定されたアサシンクラスサーヴァント
紙装甲火力ステータス配分で、低レアリティゆえにステータスの上限は低い。が、低コストゆえにコスト重い装備品や自他のスキルで補いやすい。
強化クエスト第9弾により宝具の性が大幅に上昇し、聖杯を使う価値も高まった。

実装当初はの弱小サーヴァントとして扱う予定だったようなのだが、後述の出来事から一躍スポットが当たることとなった。

その事件は本編1章のオルレアン編。
跋扈する中世フランスを戦い抜くという筋書きで、世界に名だたるドラゴンスレイヤーことジークフリートが参戦するのだが、入手難度がそれなりに高い上にシステムとの相性が極めて悪く、更に晩成の性であったため即時投入がわれる状況であった。本当にすまない…
そこで白羽の矢が立ったのが、の「ライダー」の弱点を突く「アサシン」の中で最も入手性が高く熟ゆえに投入準に達しやすい彼であった。
そして多くのマスター…特に実装間もなくサーヴァントの数が少ない頃のマスターは、並み居るワイバーンを膾切りにして回るSAMURAIの姿に焼き付けるに。

まさか飛燕を切り落とす妙技を振るう相手が飛竜になるとは運営も思っていなかったに違いない。
結果、FGO内では「(ジークフリートを押しのけて)殺しの英雄」というネタユーザー論、運営側も認識することとなり、幕間のエピソードでもこのネタで弄られるように。 → ええー?ほんとにござるかぁ?

後に、宿命のライバルであるはずの宮本武蔵SN本編以来、実に十数年越しで実装されたのだが、いつもの様にどういう訳か女性化した全く別世界宮本武蔵であり、小次郎側も実際は本人でないため、ライバルのはずがお互いに全く面識ない関係、という微妙な間柄になってしまった。
しかし、その武蔵の知る小次郎よりはかに強いらしく、1.5部の「英霊剣豪七番勝負」にて鎬を削った。

関連動画

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/10/14(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/14(月) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP