今注目のニュース
花王から「声優と夜あそび」にプレゼント “珍獣”声優・金田朋子も「太っ腹じゃん!」
なか卯「親子丼イタリアン」発売、4種のチーズを使用したマルゲリータ風の親子丼
肥満の原因は遺伝?生活習慣?

アッラーフ単語

アッラーフ

掲示板をみる(141)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アッラーフ(الله)とは、イスラム教で崇拝される唯一神である。

概要

イスラム教の崇拝対であり、一のユダヤ教キリスト教といったいわゆるアブラハムの宗教で崇拝されているY・H・V・H・)と同じ存在である。イスラム教の理解では、アブラハムノア、モーセ、イエスなどに続いてアラブの隊商ムハンマドに啓示を与えた。

「慈悲深き慈遍きアッラーフの御名において」とクルアーンの各章の冒頭に示されているように、慈悲心を持った、にでも慈を注ぐとされる。

一人称として「々」を用いるが、自らはただ一つの存在であり、産まれたわけでもないし、産むわけでもない(クルアーン112章1-4節)という。

「あらゆる災厄も、人間の身の上に下るものも、一つとしてがそれを授ける前に、の帳簿の中に記されていないものはない」(クルアーン5722節)というように、この世で起きる全てのことはあらかじめの手の上にあるとされる。また、「視覚がを捉えることはなく、こそが視覚を捉える」(クルアーン6章103節)というように人間の姿を見ることはできない。

「他の偶像と自分を並び立てることは絶対に許さないが、それ以外のことについては気の向くままに許される」(クルアーン4章48節)とされており、偶像崇拝以外の人間の行為について最終的にがどう思うかは、にしか分からないのかもしれない。

偶像崇拝を許さない一方、キリスト教ユダヤ教には同じ聖書を共有する「啓典の民」として一定の権利を認めており、ゾロアスター教もいわゆる偶像崇拝ではないと考えているようである(クルアーン2217節)。預言者ムハンマドゾロアスター教に啓典の民としての権利を認めるハディースを遺している。

الله(Allāh)という呼称は、一般名詞の「」إله(ilāh)に定冠詞ال(al-)が前置されたالإله(al-ilāh)が縮まったものとされる。英語で「god」が一般の、「God」が唯一神を表すようなものだと考えると良いだろう。

関連項目

掲示板

  • 139ななしのよっしん

    2017/08/27(日) 00:01:10 ID: m3wfvxlK3r

    違うよ
    「他者は、私が殺したいと意欲しう一の存在者なのである」
    >>az4309414133exit_nicoichiba

    >現代哲学には、【他者論】と呼ばれる哲学の分野があり、その代表的な哲学者がレヴィナス(一九〇六年―一九九五年)である。
    そもそもの話をしよう。たとえば、「あいつってバカだよね」という文章があったとする。だが、その文章を丸ごと「括弧」でくくって、遠くから、バカにする「他者」の存在が可である。「『あいつってバカだよね』なんて言ってるあいつ自身が一番バカだよね」
    だが、その言説も、丸ごと「括弧」でくくり出す他者が必ず存在する。「『『あいつってバカだよね』なんて言ってるあいつ自身が一番バカだよね』って言ってるあいつが一番バカだよね」そして、その言説も丸ごと「括弧」でくくり出して否定する他者が……。
    限に続く「他者」の連鎖。どのような言説を述べようと、それを否定する「他者」の存在だけは決して否定できない。

    >ユダヤ人だったレヴィナスは、第二次世界大戦中、ナチスドイツによるユダヤ人虐殺により、家族、親族、友人のほぼ全員を失っている。
    ユダヤ人として人間以下の扱いを味わった彼は、いつしか、ある恐怖にさいなまれるようになる。それは、人間がどんなに残に殺され死んでいっても、世界は何事もなかったかのように「継続していく」という事実そのもの……。彼は、明日、自分が殺されるかもしれないという恐怖と同時に、その死とまったく関係に存在し続ける「世界」に恐怖した。
    彼は、自分が死んでもなお存在し続ける「世界」を恐ろしいものだと考えた。自分の生死に関心な「世界」……。何のために、何の意図を持って、そこにあるのか、まったく理解不可能な「世界」……。彼は、そこに絶対的な「他者」を感じるようになる。
    それに触発され、他の哲学者たちも気がつき始める……。この世界が、たくさんの「他者」、すなわち、「私に対して関係にそこにあり、かつ決して理解できない不愉快な何か」で満ちあふれていることに……。
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

  • 140ななしのよっしん

    2017/08/27(日) 00:02:34 ID: m3wfvxlK3r

    >>az4309414133exit_nicoichiba

    >ようするに、「自分の思いどおりにならない」「なんだかよくわからない」といった「いわゆる他人的な性質を持つもの」をすべてひっくるめて、哲学者たちがカッコよく「他者」と名づけた、という程度に思ってもらえればいいだろう。
    結局、宗教科学哲学も、世界を何らかの形で記述して説明しようという試みの一つであるが、それはようするに、何らかの言葉の組み合わせであり、何らかの「囲い(文章)」を作ることなのだから、その囲いの外側には「他者」―すなわち「違うと否定するもの」「囲いに含まれないもの」が必ず存在してしまうのである。

    >この他者論という観点に立つならば、「にも否定されない絶対的な真理」をつくり出すことは、どうあがいたって不可能である。人類は「他者」という異形の怪物の前になす術もなく敗北してしまったのだ。

    >一方でこんなふうに捉えることも可であるように思う。「他者とは、私という存在を自己完結の独りぼっちから救い出してくれる一の希望であり、無限の可能性である」
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

  • 141ななしのよっしん

    2018/05/20(日) 02:13:52 ID: E90/4f1cTO

    あら〜

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP