アドマイヤベガ(ウマ娘)単語

アドマイヤベガ

5.0千文字の記事
掲示板をみる(264)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

「あのに……私は誓ったの。
たとえ1人でも勝ってみせるって」

アドマイヤベガ(ウマ娘)

アドマイヤベガ(ウマ娘) とは、Cygamesメディアミックスプロジェクトウマ娘 プリティーダービー』の登場キャラクター

実在競走馬アドマイヤベガ」をモチーフとするウマ娘である。 CV咲々木瞳

概要

誕生日3月12日 身長157cm 体重:増減なし スリーサイズ:B85・W57・H82

どこかを背負い、周りと関わろうとしないウマ娘。幼少期に何かあったらしく、レース活動は、何かの罪滅ぼしのためにやっている節もある。ダウナーでストイックで、どこか放っておけなくなる危うさをはらむ。
同期テイエムオペラオーの巻き添えをよく食らう。

アドマイヤベガ|ウマ娘 プリティーダービー 公式ポータルサイトexitより

幼いころより実を期待されたウマ娘レースで勝つことに対し貪欲で、日々の鍛練を欠かさない。
並々ならぬ”覚悟”を感じさせるその言動は、どうやら彼女の生い立ちに関係があるようだが……?

リニューアル前)

尻尾と同じくらい長い一本結びのウマ娘。右マーク覆いをつけている。

双子を生まれる前に亡くしており、代わって生き延びた自分はのために在り、勝利げなければならないという並々ならぬ覚悟を背負ってレースに臨んでいる。一人でいるのを好み、周囲にはやや突き放した態度を取る。

モチーフになった名の「ベガ」は名前をそのまま取ったものなのでベガとは略さず、「アドベ」と略されることが多いが、ウマ娘においては名字っぽく「アヤベさん」という通称で呼ばれている。「勝手につけられたあだ名」感もあったが、ゲーム母親にも「アヤベちゃん」と呼ばれていることが判明。
母親名前ベガかは定かではない(ただし二冠ウマ娘であることはられている)が、ベガ織姫)を特別に思っているようだ。

勝負服ブラウスにいコルセット模様のスカートというシンプルデザイン。左右で色の違うシューズや袖の二本輪はモチーフになったの脚を両手足に見立てたもの。最も肌の露出が少ない勝負服の一つだが、両脚のガーターリングフェチポイントである。

アニメでの活躍

Blu-ray第4コーナー収録の新規エピソードBNWの誓い」に登場。ウイニングチケット率いる「チームW」の一員として「BNW駅伝」に出走する。

元気なウマ娘が多いチームWの中では大人しい性格だが、協調性がいようには描かれていない。見どころは襷を受け取った後に後ろをかき上げる仕

Season2では本人は登場しないがちょうどベガの現役時代に重なっており、最終話有馬記念(93年)に出走している。実名では登場しないわけだが、捩りどころがなさすぎるのもあってか「ペラ」というシュール感の名前になっていたことがちょっと話題になった。

ゲームでの扱い

育成ウマ娘:Starry Nocturne

ステータス(3)
スピードスタミナパワー根性賢さ
96 79 108 69 98
バ場適性
ダート
距離適性
距離マイル距離距離
脚質適性
逃げ先行差し追込
成長率
固有スキルディオスロイ流星
最終直線で先頭から離されていると
に導かれるように速度が上がる
最後方付近にいる場合はすごく上がる
ウマ娘テンプレートボックス

概要

2022年2月16日に育成ウマ娘として実装

史実で走ったのが新馬戦菊花賞以外は中距離菊花賞は展開の不利があったともされるが着外という結果が反映されて距離適性はが大きい。先行登場したアオハル杯時の適性とは差しがA→Bに下がったのみの変更で、アオハル杯で1距離にしか対応しないウマ娘は育成時はいずれかがBに上方修正されることが多いが(例:マンハッタンカフェ(中距離)、カワカミプリンセスメジロアルダンマイル))、彼女の場合はいずれもCのまま据え置きとなった。そのため一の長距離標である菊花賞は「出走」、有馬記念は世代い踏みとなるシニア級で専用イベントが用意されているが標には入らない。

シナリオは、今回新キャラとして登場したナリタトップロードと、おなじみテイエムオペラオーメイショウドトウの「99世代」に加えてアドマイヤベガが健在ならという形での順当なifとなる。
また、亡くしたと思しき存在が序盤から超常現象的に物語に関わってくる。その点がフィーチャーされる前半はマンハッタンカフェばりにオカルト要素が強くなり、ウマ娘の「運命」に踏み込んだ描写も見られる。

育成実装以前

サービス開始時は育成・サポート実装で、アグネスタキオンの一部育成イベントに出てくる程度だったが、すぐにテイエムオペラオーの育成実装に伴ってレースライバルとして登場。オペラオーおよび後に実装されたメイショウドトウシナリオ内では要登場人物の一人である。
ただし後発のレース実装の常として「新設!URAファイナルズ」内では野良ネームドでは登場せず、オペラオーおよびメイショウドトウシナリオ内でしか姿を見られなかった。
2021年8月、「アオハル杯」の実装と同時に、他のキャラの育成時にも野良ネームドで登場するようになった。しかしこの時点でサポートカードはなかったので、アオハル杯では使えなかった。

ライバルとしての登場時点ではプレイヤー側の入手方法が存在しなかった、「策士」上位の追込専用終盤視野レアスキル命士」を持っているのが特徴的だったが、育成では未所持である。

サポートカード

レースでは々に登場していたのにべてサポートカードでの初登場はかなり遅くなり、2021年末にようやくSSRに瑞]が実装された。と思ったら2022年2月の1周年で々にSR[一等して]も追加された。
アオハル杯での適性はライバル時とは細かく変化しているが、一大きく変化したのはそこそこあった先行適性がGまで急落した点。運用上のはあまりないが。
所持スキルは4/5追込専用。

SSR[夜に暁、空に瑞星]

パワータイプ
サポート効果は、トレーニング効果アップ最大15%+固有ボーナスを大きな強みとするビコーペガサス系列。それ以外も重要度の高いとされる効果は一通えていて隙のない性レアスキルは追込用の新レアスキル「強攻策」。
連続イベントタイトルが「アヤベさんは○○ない」となんらかのラノベ漫画みたいな名称になっているのも特徴的。

SR[一等星を目指して]

根性タイプ
サポート効果は、固有ボーナス込みでレースボーナス最大15%を持つ。
同時に実装された「Make a new track!!シナリオは根性育成が急速に再評価されているうえにレース重視のシステムであり、狙い澄ましたような性になっている。

その他

メインストーリーでは第3章で、津田健次郎ナレーションにより彼女勝利した1999年日本ダービー紹介される。また、レースイベントダービー」にアイネスフウジンウオッカエイシンフラッシュとともに出走するので、アオハル杯以前ではオペラオー・ドトウ未所持のトレーナーにとってレースでアヤベさんに会えるスポットであった。

それは不思議な時間だった。

3つの体が重なってゴールした時、
時間が止まってしまえばいい、お互いがそう思った。

名前に刻まれた1等運命が導くように、
勝負服が最初にゴールを横切った時、
その時間は終わりを告げた。

そのの名は、アドマイヤベガ

ゴールというエンディングに向かって走っているのに、
どうしてだろう。

いつまでも、いつまでも、この時間を一緒に走っていたかった。

関連ウマ娘

テイエムオペラオー個別記事
モチーフ同期ライバル。『うまよん』ではライバルとして遠巻きに意識しているが、彼女に勝ったレースで芝居がかったことを言ってしまったことで同類と思われ(実際ロマンチストではある)、オペラオーには一方的に好かれている。ゲームでの描写もほぼ同様。
メイショウドトウ個別記事
オペラオーと並び、ウマ娘における史実同期組。しかし片や2歳時から活躍しクラシックを最後に引退、片や古でようやく初重賞であるため全くの縁で、そのためか基本的にはオペラオーを挟んで絡む間柄だったが、ドトウの育成シナリオではその立場を残したまま要人物として登場。アヤベさんのシナリオでは当然アヤベさんがシニアまで健在であるため対決も実現する。
基本的に他人に対して塩対応がちだが、ドトウには較的優しい。
カレンチャン個別記事
うまよん』でフィーチャーされた関係で、妹キャラ→「おちゃん」呼びというアヤベさんの特大地雷を踏み抜きながら何だかんだ打ち解ける。ゲームではルームメイト設定が判明し、関係は深く描かれている。また、カレンに「詳細は不明だが過去形られる『兄さん』」の存在が示唆されたことで「史実由来の、死別(?)したきょうだいがいる」という関連性も生まれている。
ナリタトップロード個別記事
育成シナリオで新登場となった、史実同期組の一シナリオ内ではライバルとして友情を育んでいき、そのお節介焼きからアヤベさんの他人に話してこなかった過去にも触れることとなる特別な存在になる。
サイレンススズカ個別記事
育成シナリオ以降にクローズアップ。動機はともかくトレーニングしたがりだからか顔を合わせがちで、物静かで他人に関わらないタイプ同士ゆえ心地よく居られる様子。モチーフは同じ田満厩舎の所属で、武豊が騎乗したサンデーサイレンス産駒という点に加えて、アドマイヤベガ新馬戦で降着をやらかしてしまったのが「沈黙の日曜日」の翌週である(=そのショックが遠因ではと言われることになる)という関連性がある。

史実

ベガの二冠達成から6年、またもその息子く一等に!
1999年 日本ダービー フジテレビ三宅正治実況より

第66代日本ダービークラシック競走でテイエムオペラオーナリタトップロードと鎬を削ったイケメンホース

1996年まれのサンデーサイレンスベガトニービン言わずと知れた種牡馬オークス制覇時に「西の一等は東のにもいた」と謳われた1993年クラシック二冠凱旋門賞で大種牡馬と言う良血である。ベガ胎内にいる時、彼には双子兄弟がいた。しかし双子競走馬は大成しないと言われ、体にとっても危険であるため、片方のは堕ろされた。残された一頭が後のアドマイヤベガである。

デビュー戦から引退まで8戦全てで騎手だった武豊が手綱を取った。1998年11月デビュー戦では1位入線後に審議により降着となるが、内容は圧倒していたため未勝利戦を飛ばして500万下特別に出走し初勝利クラシック登竜門G3ラジオたんぱ杯3歳ステークス(旧年齢表記、現在G1ホープフルステークス)も勝利する。

3歳時は混合クラシック戦線でオペラオートップロードと3強を形成。G2弥生賞トップロードの2着、G1皐月賞は体調を崩してオペラオーの6着に敗れたものの、東京優駿(日本ダービー)では前を行く2頭を直線でまとめて差し切り、アイネスフウジンが持っていたレコードタイムに並ぶ2:25.3で勝利(ちなみに馬場修前の最終レコード)、武豊は前年のスペシャルウィークに続き初の日本ダービー連覇を達成する。菊花賞トライアル京都新聞杯トップロードを抑えて勝利するが、菊花賞トップロードの6着に敗戦。

4歳シーズン宝塚記念標に調整していたが、左前脚の繋靭帯炎を発症し、菊花賞以来レースに出ないまま引退となる。古中長距離路線がオペラオー下となった同年、ライバルに成り得たアドマイヤベガ期の引退を惜しむは多い。

引退後は種牡馬入りするも、2004年10月29日破裂を起こし8歳の若さで急死。僅か4年の種牡馬生活で障含め4頭のG1を輩出するなど成績は優秀であり、種牡馬としても短命を惜しまれる結果となった。

詳細は当該記事へ→アドマイヤベガ

関連動画

関連静画

→ニコニコニ静画タグで検索「アドマイヤベガ(ウマ娘)」
▲top

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 262ななしのよっしん

    2022/08/09(火) 11:57:54 ID: cyjWYPrFDd

    アドマイヤ一族はもふもふに弱いという

  • 263ななしのよっしん

    2022/08/09(火) 13:23:42 ID: QBRvK3zwBa

    ストーリークリアした人と持ってない人で印が全然違うキャラ
    ホーム画面でもストーリークリア時くらいの好感度でもいいよ

  • 264ななしのよっしん

    2022/08/12(金) 18:12:50 ID: i9mm0xz1le

    >>263
    それ逆に「一見クールだけど優しい」が出なくなってキャラ薄くならないか?
    そこまでを見ていればこそ感動出来るけど、心を開いた後のアヤベさんいきなり出されたら、言っちゃあれだがただの良い人なとこあるぞ。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/08/13(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2022/08/13(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP