アドマイヤベガ単語

アドマイヤベガ

4.0千文字の記事
掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ベガの二冠達成から6年!

またもその息子く一等に!

アドマイヤベガ!!

1999年 日本ダービー フジテレビ三宅正治実況より

アドマイヤベガとは、1996年産の日本競走馬種牡馬である。
1999年クラシック三強を皐月賞テイエムオペラオー菊花賞ナリタトップロードとともに形成したダービー。 

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
アドマイヤベガ(ウマ娘)を参照してください。

血統背景

サンデーサイレンスベガトニービンというピッカピカの良血サンデー言わずもがなベガ二冠にいた「一等」あるいは「西の一等」の異名を取った名で、全のアドマイヤボス重賞を勝ち、半アドマイヤドンダートの首領として長きに渡り君臨。姪っ子のハープスター桜花賞。掛け値しに一流の血統である。
しかし、このアドマイヤベガには全…いや全?とにかく兄弟になり得たがいた。しかし、「双子は大成しない」ということで、ベガ胎内で片方は潰された。そういう経緯で生まれたのがベガの初である彼なのだ。残酷かもしれないが、双子で生まれて大成できたかどうかはわからない。下手すると、身体が小さすぎて競走馬にもなれずに二頭とも淘汰されたかもしれない。名も知らぬ彼の兄弟の犠牲は駄ではなかったと信じたい。

ちなみに、ベガでありながら「流星に変なほくろがあって三白眼」「恐竜みたい」と脚がひん曲がってたこともあり見かけの評価はなのに底辺だったとは違い、息子である彼は秀麗なイケメンという評価が下されていた。カーチャン涙目。ただし左前脚の内曲がりっぷりはそっくりだった。

一等星は再び輝く

1998年11月デビューし、人気に応え快勝…かと思われたが、最後の直線で斜行し4着降着となってしまう。この後も戦として乗る武豊はその前の週にサイレンススズカ事故で失っており、そのショックがあったと言われる。
ちなみにこの騎乗停止は広範に渡り、エアグルーヴエリザベス女王杯スペシャルウィークジャパンカップも乗り替わりとなった。そして二頭とも負けた。特にスペシャル岡部幸雄を持ってしてもまっすぐ走りきれずモタれる有様で、当時の武の腕の冴えを雄弁にる出来事であった。
話を彼に戻すが、その後は未勝利戦ではなく格上挑戦となる500条件戦エリカ賞へ。ここでは強な末脚で快勝。ラジオたんぱ杯三歳ステークスでも東の大器・○外の時代の残り香香る良血(シアトルスルーアリスベルは二冠アリシバの全)、藤沢和雄馬主を転がして買ってきた良血シリーズマチカネキンノホシを下し重賞初制覇。新馬戦は幻だったんや!

そして迎えたクラシックシーズン弥生賞から始動。上がり最速で突っ込むがナリタトップロードを捉えられず2着。皐月賞では巻き返しが期待されたことや、きさらぎ賞弥生賞を連勝してきたトップロード渡辺薫彦騎手に差がありすぎる!と1番人気に推されたが、直線に入るところではトップロードと同じ通過順で上がってきたが、体調不良ボロボロだったとのことでいつもの伸びがなく6着に敗。
勝ったのはオグリ後に用意された制度・クラシック追加登録で滑り込んできたテイエムオペラオーであった。しかもいつもの彼のように凄まじいキレで一両断という勝ち方であった。オペラオー調教師は外ぶんまわしはやめろ二って言ってたらしいけど。
捲土重来を期し、体調を整えて臨んだダービーでは僅差で弥生賞皐月賞と連敗したナリタトップロードに1番人気を譲るも2番人気皐月賞オペラオーは3番人気であった。
レースダービープレッシャーに潰されたかはたまた皐月賞で見せた並外れた慢心したか、オペラオーがめちゃくちゃ強気にくから仕掛け、トップロードがすかさずそこに付いて行く展開となった。直線、オペラオーはさすがに仕掛けがすぎ伸びが鈍化。トップロードが前に出て渡辺うか!?と思わせたところに外から上がり34.4の脚で強襲。
前述の通りくから仕掛けすぎた和田、その和田の仕掛けに敏感に反応しすぎた渡辺に対し、ダンスインザダークで功を焦って見事にしてやられたこともあった経験の差を見せ、冷静に適切なタイミングを見定め仕掛けた武豊ファインプレーもあって、見事先頭で駆け抜けアドマイヤベガがダービーとなった。勝ち時計2:25.3はダービーレコードタイだった。

その後、初戦でトップロードを一蹴し迎えた菊花賞では距離不適だったか伸び切れず6着。その後休養し翌年宝塚記念標に調整されたが、なかなか体調が戻らず悪戦苦闘する間には過ぎとなり、こそはとオールカマーでの復帰をして調整を続行したが繋靭帯炎を発症し2000年引退した。もし事だったなら、その切れ味で覇王となったオペラオーの対抗になれていただろう存在であり非常にもったいない引退であった。
勝てたかどうかは別にしても、直線の長い府中であれば彼に向く展開にはなる可性はまあまああったとは思う。

引退後は種牡馬となったが、ファーストクロップデビューである2004年破裂で死去してしまった。享年8歳。
しかし産駒はストーミーカフェキストゥヘヴンのようにスピード熟性を持つもの、ブルーメンブラットプレミアムボックスのように本領発揮までに時間はかかるが安定して長く活躍する短距離
サンライズベガ・アドマイヤフジのように息長く中距離で活躍するタイプ、テイエムドラゴンメルシーモンサンのようなハードラーまで多な個性を輩出しており、世が惜しまれた。 
彼のニッチには似たような血統構成のハーツクライが入り、見事成功を収めたためなおのこと惜しかった…

血統表

*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
ベガ
1990 鹿毛
FNo.9-f
*トニービン
1983 鹿毛
*カンパラ Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
*アンティックヴァリュー
1979 鹿毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Moonscape Tom Fool
Brazen

クロス:Almahmoud 4×5(9.38%)

血統構成的にはベガアイリッシュダンスと似通っているので前述の通りハーツクライと似ている(SSトニービン×ND系)。脚が曲がってるあたりもハーツクライ的……いや逆か。
それだけに古になったアドマイヤベガのifは見てみたかったかもしれない。

主な産駒

2002年生まれ
2003年生まれ
2004年生まれ
2005年生まれ

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 17ななしのよっしん

    2022/02/28(月) 08:11:50 ID: DgUkq2P5Tx

    >>14
    短い期間で種牡馬としても好成績を残していたから当人(?)の競走もやっぱり高かったんだろうなというのもある

  • 18ななしのよっしん

    2022/03/24(木) 20:56:21 ID: 8SzgiQ62js

    悲しい惜しさ、そんなとこまでかあちゃん似だったんやなぁと。

  • 19ななしのよっしん

    2022/05/23(月) 16:58:50 ID: jtGJJkWADR

    アドマイヤベガは安定感はないけど、むしろその安定感のさこそがロマンというか
    どんな状況でも100点の走りができるオペラオーに対して、たとえ安定感がなくても一回だけでも120点の走りをぶつけられればもしかしたら勝てるかもっていうロマン砲なんだよね

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/07/05(火) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2022/07/05(火) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP