今注目のニュース
たった1人の乗り遅れ、飛行機が「大幅遅延」して乗客激怒…賠償請求はできる?
男女間で賃金格差のある「ミス・モノポリー」 「性差別って言葉をハズブロは知らないのかな」
動物をかわいくないと感じる? 最も嫌いなのは20代男性と判明

アドラー単語

アドラー

掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
アドラーとは人名であり、著名な人物としては下記の名前が代表して挙げられる。

アドラーとは、同人サークルSUBTLE STYLE」によって製作された格闘ゲームアカツキ電光戦記」に登場するキャラクターである。同ゲームアーケード版「アカツキ電光戦記 Ausf.Achse」および続編の「エヌアイン完全世界」にも登場する。

キャッチコピーは「アーネンエルベの死神」。

(概要を)書けっ、書くんだっ!

担当声優同人版は介氏(エレクトロゾルダートと二役)、AC版以降は長瀬氏。

フルネームは「エルンスト・フォン・アドラー」(ネットラジオでの長瀬氏の発言より)。ただしゲーム中ではファーストネームが出ることはなく、苗字のみで呼ばれる。「フォン」がつくことからわかる通り、貴族ユンカー)の出身。「エルンスト」も一般的なドイツ男性名で、「正直で信頼できる人」の意。どこが正直信頼できるのかとツッコんではいけない。ラーゼフォンエルンスト・フォン・バーベムとはおそらく関係(限にクローンに転生して生きながらえるという共通点があるが)。プレイヤーからの称は「隊長」。

大戦時にはナチスドイツの研究機関「アーネンエルベ」に所属(実在機関である。キャッチコピーもこれに由来)。古代遺跡「アガルタ」の発掘に従事しており、電機関を見つけ出した。そこで自らが古代文明の『遺産』の全てを継承し、全世界を支配することを論んで行動を開始する。

ベルリン陥落でムラクモとともに死亡したかと思われたが、冬眠制御により生きながらえ現代に復活した。復活後はムラクモが作り上げた秘密結社ゲゼルシャフト武装親衛隊隊長を務める。その部隊を構成する兵士エレクトロゾルダートクローン元でもある。

かなりの野心で、態度は高圧的。自分のクローンであるエレクトロゾルダートに関しても「出来の悪い木偶」と見下している。またゾルダートが全体的に祖国ドイツ)および上への敬意や自らの民族への誇りが強い性格として描かれているのに対し、アドラーは常に自己中心的で、祖国やかつて所属した機関・同僚についての発言を一切見せることがない。登場人物との関係も全体的に険悪で、利の一致で一時的に協関係を結ぶことはあっても、本気で協しようと考えているキャラは一人もいない(もっとも、「アカツキ」「エヌアイン」にそういった人物は皆無だが)。敗北時のボイスゾルダートが「らに栄あれ」なのに対し、アドラー(AC版以降)は「に栄あれ」と、「ら」が抜けている

と、一応はシリアスな設定だが、言動が全体的にネタっぽく、やたら濃い影のイラストなどもあいまってファンからは色物扱い。しかもAC版でのボイス変更により「おい!」「やめろ!」「シャイセ!」「吐け!吐くんだ!」よくわからないボイスが増えてネタキャラ度が大幅に増した。

ストーリー

北極で大戦時に沈没したUボートが浮上、アカツキ試製一號が脱出したという情報にしたアドラーは、アカツキの有する電機関めて行動を開始する。

アドラーのみ他のキャラストーリー展開が異なり、他キャラストーリーではインフー(マリリンの所属する組の長)はマリリンが殺した事になっているが、アドラーのストーリーのみ彼が殺した事になっている。

アカツキを撃破した彼はその電機関が自分のものと大差ないことに気が付く。

帰還した彼は門番エレクトロゾルダートの制止を振り切って基地のに進む。電機関の原理を解明した彼は、転生の秘法と「全者」の正体について聞き出すため、ゲゼルシャフト元帥にして教団の長であるミュカレと衝突した。

を排除し、全ての英知を手にした彼は「最もく復活したムラクモの消耗が一番進んでいるはず」として、そのままムラクモの撃破に向かう。EDでは見事ムラクモを打ち倒すが、電機関の酷使によりそのまま尽きる...

バカな・・・これほどまで・・・消耗・・・する・・・とは・・・」

.

.

.

.

.

.

.

.

.

「・・・と言うとでも思ったか?全て計算済みだ!」

全者の転生の法を知ったアドラーは、「大いなる遺産」を継承するため転生を行い、ストーリーは終了する。

エヌアイン完全世界では着ているくなり、顔にかかっていたやたら濃い影もなくなっている。

前作のEDで転生をした結果、新騎士団配下のエレクトロゾルダートに転生、「大いなる遺産」を継承するために、再び動き出す。 

…は……ア…ドラー……」

俺の性能を知るがいい

同人アカツキ電光戦記の初期バージョンではエレクトロゾルダート全なコピペキャラであった。カットインカラーなどもゾルダート色違いで、ゾルダートエフェクトが多いのに対しアドラーはオレンジ色だった。

バージョンアップによりグラフィックの追加やプレイヤーキャラクター化がされた。

キャラとしては変則的な「波動昇」と言ったところか。

基本的には飛び道具ブリッツクーゲル、突進技のフラクトリットコンボ用のブリツボン一通ってはいるものの、どれも一癖あるため(Cクーゲルが設置技だったりフラクはガードされて隙が大きかったり)一筋縄ではいかない

通常技の性それなりに良く、地上戦、中戦共に均以上 

その代わりコンボノーゲージでの火力は低めで、差し合いからリターンが取りづらい。

ただし画面端で相手が立ち状態の場合のみ弱フラクトリットを絡めた連続技でノーゲージではかなりの火力叩き出せる。

ゲージ技に関しては優秀なものがっており、それぞれ用途別に活躍する。

そのため、「ゲージがあれば強い」キャラと言われている。

しかし、別にゲージが溜まりやすいわけでもく、火力を出せる状況が限定的なため、「アカツキ電光戦記」ではあまり高い評価をされていない。シャイセ!それでも特に大きな不利をつける相手がいないので、現在2013年5月)のダイヤでは中堅程度。

ちなみに同人版のアドラーは歩く速度はそこそこだが、AC版では遅くなっているので同人プレイヤーは注意が必要である。

.

.

続編の「エヌアイン完全世界」では大幅な強化がなされた。

システム全連鎖によって前作でネックだったノーゲージコンボ火力が大きく上昇、安定した。

また、ゲージが非常に貯まりやすいシステムになったため、強ゲージ技をどんどん使っていく事が可になった。

前作では産廃気味だった最終特別攻撃のブリッツガイストも大幅強化されて、ゲージ技全てが強隊長へと転生した。

特にゲージ回収に関しては非常に高く、ブリッツガイスト(3ゲージ使用)を絡めた連続技を行った後にダウン追い討ちでゲージ回収をして特攻ブリッツクーゲル(1ゲージ使用)で起き攻めをするなどゲージ回収に関しては他のキャラべ抜きん出ている。

キャラの相対的な弱体化(約一名変なロン毛も居るが)や自身の強化によって一躍トップクラスに躍り出た隊長であった。

お前ならはさしずめズーパーアドラーというところだ 」

俺の活躍を見るがいい

暴力戦隊アドラーズ

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 16ななしのよっしん

    2017/05/14(日) 21:47:51 ID: Oh6aIEsJbL

    出版社がアドラー心理学ブーム作ったというよりは
    嫌われる勇気が当たってから
    それに便乗する形で色々なメディアアドラー心理学
    矢継ぎに取り上げ始めたって感じだよね

    でもやっぱり、抱えてる問題が現代的かつ
    問題に対する切り口が分かりやすいっていう点で
    嫌われる勇気アドラー心理学を取り上げたメディアの中では
    頭一つ抜けて面かったわ

  • 17ななしのよっしん

    2018/05/11(金) 19:30:05 ID: 9qYySqYe4+

    この人の心理学って上級国民にはありがたいよね(労働的に)

  • 18ななしのよっしん

    2019/08/13(火) 18:15:20 ID: sFMdxLlcp/

    バッシングする時に使われる悪質な心理学

急上昇ワード

最終更新:2019/09/17(火) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/17(火) 15:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP