今注目のニュース
自称霊能者がもはやギャグ ホラー漫画家による「怪談取材」での苦労話が悲しみの事実
猫って贈り物が好きな生き物やから...動物の死骸を持ってきた猫の侵入を防ぐ猫用ドアが開発される
誰も死なせない!『オーバーウォッチ』マーシーがfigma化

アドルフ・アイヒマン単語

アドルフアイヒマン

掲示板をみる(240)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
人物
アドルフオットー・アイヒマン
基本情報
生年 1906年3月19日
生誕地 ドイツ帝国ラインラント
没年 1962年6月1日
死没地 イスラエル
出身地 ドイツ帝国ラインラント
ドイツ
本名 Adolf Otto Eichmann
別名 リカルド・クレメント
職業・肩書 国家保安本部・第IV局B4課(のちA4課)課長・親衛隊中佐
備考・その他
人物テンプレートボックス

アドルフオットー・アイヒマン(Adolf Otto Eichmann、1906年3月19日 - 1962年6月1日)とは、国家社会主義ドイツ労働者党の党員である。

概要

ドイツ帝国ラインラント出身。のちにオーストリアハンガリー帝国リンツに引っ越す。1932年4月1日オーストリアナチ党に入党し、親衛隊にも入隊している。ちなみにリンツの学校では、ヒトラーが退学したその後輩として入学しており、アイヒマン自身も成績不良のために退学している。

1933年8月1日ドイツへ移住。第二次世界大戦が開戦したのちに国家保安本部に勤務。当初よりユダヤ人の処遇に関わり、ユダヤ人移住局を統括する立場として、ユダヤ人のマダガスカル移住を計画するが実現が困難であることから断念。のちにユダヤ人絶滅させる計画を聞かされ、ユダヤ人用の施設を視察したとされるが、本人は気持ち悪くてぞっとしたと発言している。実際アイヒマンにはユダヤ人の友人もいたようである(当然ナチ党の勢が強まるにつれいなくなったが)。

強制収容所に嫌悪を示す(もっともそれ自体はイスラエル検察に対する言い訳の一つだったのかもしれないが)一方で、B4課(ユダヤ人担当課)課長としては黙々とユダヤ人の輸送に尽する。特に戦争が終局に近づくにつれ、いよいよ才が忌憚なく発揮され、あまりにも有能なので、1944年ユダヤ人追放が進んでいなかったハンガリー派遣されるが、ソ連軍の進軍を知り、オーストリアへ戻る。

ドイツの敗戦後、進駐したアメリカ軍拘束されたが脱走。1947年にドイツ内に潜伏、1950年イタリア難民に紛れて逃れる。偽造渡航書を入手し、1950年7月15日アルゼンチンへ逃亡する。

1957年ドイツ連邦共和国(西ドイツ)の検事がイスラエル諜報特務庁(モサド)にアイヒマンがアルゼンチンに逃亡しているという情報提供する。1960年5月11日イスラエル諜報特務庁の作業班によりアイヒマンは身柄を拘束される。イスラエル航空会社エアアル航空に乗せられ、イスラエルへ移動、収容された。1960年5月25日イスラエル首相がアドルフ・アイヒマンの拘束を正式に発表した。

アイヒマンという名前自体は、ニュルンベルク裁判で取りざたされた戦犯、たとえばゲーリングのように、際だって有名というわけではなかった。むしろ拘束された時でさえ、「それ?」という反応が多く、また悪党に相応しくない、金髪碧眼のアーリア系と言うよりも、むしろナチ党が狩り続けたユダヤ人の典貌にさえ見える庸な見たもあってか、そんな一役人をアルゼンチンから拉致してまで裁判にかける理由を疑うも多くあったとかなんとか

しかしアイヒマンの「ユダヤ人絶滅」における功績は歴然としており、またイスラエル検察による底的な尋問により、アイヒマンがただの庸な官吏ではなく、ユダヤ人絶滅という命の強執行者としての「業績」が皮にも戦後になって極めて高く評価されることになってしまった。

1961年4月11日から裁判が開かれ、12月15日に判決が下された。担当したイスラエル関係者の言を借りれば、「ナチ政権下でユダヤ人が受けた迫べれば、かに人的で冷静な裁判」により死刑判決となったのだが、そもそも拉致したのがアレとかそういうことを言ってはいけない。

上記の裁判を傍聴したユダヤ人思想ハンナ・アーレント1963年に著した記録「イェルサレムのアイヒマン――悪の陳腐さについての報告」はアイヒマンを卑小な一人の人間として記述し、その内容からイスラエル社会を中心に非難や論争が巻き起こった。

「1人の死は悲劇だが、100万人の死は統計上の数字に過ぎない」という名言を残したとされるが、これはスターリンの言葉であるとも、また他の歴史による発言であるともいわれ、定かではない。アイヒマンが発言したとされる確かな言の中では、イスラエルの尋問担当者がアイヒマンに「あなたの親戚はどうなったのですか?」と聞かれ、担当者が絶滅収容所で死んだと説明すると、「とんでもない、とんでもない!それは大変なことだ!」と驚き、お悔やみの言葉を述べたとされるエピソードが有名。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP