今注目のニュース
猫って贈り物が好きな生き物やから...動物の死骸を持ってきた猫の侵入を防ぐ猫用ドアが開発される
『スーパーロボット大戦』シリーズがPCに進出。『V』および『X』がスイッチとSteamに移植
自称霊能者がもはやギャグ ホラー漫画家による「怪談取材」での苦労話が悲しみの事実

アバンテ単語

アバンテ

掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アバンテとは、田宮模型の電動ラジコンバギーである。

ミニ四駆版のアバンテJr.及びその後継機についてもここに記す。

概要

1980年代田宮模型タミヤRCカーグランプリ月刊コロコロコミックなど巧みなメディア戦略により、爆発的なラジコンブームを引き起こした。

しかし、オフロードバギーは徐々に「き地で走らせて遊ぶもの」から、次第に競技色を強めていく。

でも組み立てられることと美しさをポリシーとしたタミヤは、全日本選手権のような本格的なレースの場において商のオプティマ、ヨコモのドッグファイターなどの他社モデルに大きく遅れを取ってしまう。

この時代の競技用モデルは「見た」より「速さ」を追求し、整備性や強度を優先。さらに危険なバッテリーなどを使用し、一部のマニア以外には太刀打ちできない世界に足を踏み入れていた。

1988年。そのような状況下で、田宮模型が総を結集させて作り上げた初めてのレース専用マシン…それがアバンテである。

他社とは異なり、美しさも視野に入れたそのシャープなフォルムは多くの少年の心を掴み、高い駆動効率と様々な新機軸が盛り込まれたシャーシは全日本選手権で上位入賞も果たした。

名前は英語及びフランス語で「前衛的な」を意味する「avant」に由来する。

廉価版にバンキッシュ、上位機種にイグレス、後継機にアバンテ2001がある。2WDになるとアスチュート。

2011年に「アバンテ(2011)」として良版が再販された。

ウィングには「Being nuts is NEAT!」と書かれている。NEET」ではなくNEAT」であり、直訳すると「気が狂うことは素晴らしい」という意味。

ちなみに「TRFタミヤレーシングファクトリー)」は、元々このアバンテのテストチームとして設立されたものだった。

ミニ四駆版

アバンテJr.

シャーシ:TYPE2、VS

当時第1次ブームっ直中だったミニ四駆にも分であるアバンテJr.が発売された。こちらも初のレース用シャーシであるTYPE2シャーシを採用したモデルで、発売当初はどの小売店でも入荷待ちとなるほど大人気となった。

TYPE2はTYPE1で発覚した多くの問題点を解決し、VSシャーシに至るまでの基礎を確立させたといっても過言ではない。コロコロ読んでフルチューンしたファイヤードラゴンが、ノーマルのアバンテにブッちぎられたという逸話すらあるほど。

漫画では樫本学ヴ作『爆走!ダッシュクラブ』で主人公マシンとして登場している。

バリエーションに「アバンテJr.ブラックスペシャル」、21世紀に入ってシャーシをVSに変更してリメイクされた「アバンテRS」、限定品の「アバンテRSムラサキスペシャル」、コクピットのみクリヤー化した「アバンテJr.スモークキャノピー」がボディ単体でGUPとして発売。

また、「ア前テ アメリカン」という、前ちゃんプロデュース抜きボディ(抜きだけでなくサスなども省略)が販売されていた。こちらは「アゼンテプログレス」という名前で2012年リメイク予定だったが、何故か急に販売停止になってしまった。

小学館発行のミニ四駆ヒストリカルガイドによれば、ミニ四駆の中で一番売れたらしい。

アバンテ2001Jr.

シャーシ:ZEROVS

発売年は2001年・・・ではなく1990年。「2001」は新世紀を標榜するマシンという意味でつけられた。

こしたてつひろ作『ミニ四駆RC伝説 燃えろ!アバンテ兄弟』で、現実と同じくRCカー分として活躍した。

爆走兄弟レッツ&ゴー!!』内では「アバンテまこと」こと、こひろまことマシンとして印深い。

バリエーションに「アバンテ2001Jr.ブラックスペシャル」、シャーシをVSに変更したリメイク版がある。

通称「ニセンテ」

スーパーアバンテ

シャーシ:TYPE5、VSスーパー

RCカーJr.版ではなく漫画からの立体化。アバンテJr.のサスペンションがサイドウィングになり、コックピットエアインテークが初めから開口されている。

漫画アニメ爆走兄弟レッツ&ゴー!!』でフルカウルの原として登場。特にプロセイバーフロントカウルを除くとよく似ている。

バリエーションに「スーパーアバンテ(VSシャーシ)」、「スーパーアバンテ(VSシャーシ)ホワイトスペシャル」、「スーパーアバンテRS」がある。

通称「スパンテ」

アバンテMk.Ⅱ

シャーシ:MS

アバンテJr.やアバンテ2001Jr.を思わせる深いメタリックブルー従来のアバンテとは一線を画した直線的なデザインが特徴。ホイールはゴールドの専用カラーちなみに、N-01を装備した最後のマシンである。

少年アクセルの「吉祥寺フェニックス」や小学館学年別雑誌の「ミニレーサー カケル」で初期の主人公マシンとして活躍。

バリエーションに、「アバンテMk.II ブラックスペシャル」、アバンテMk.II Vスペシャル、GUPでポリカーボネイトボディ。また、ラメブルー塗装を施したバージョンシルバーメッキの物もある。

通称「ニバンテ」

ミニ四駆オリジナルのアバンテであるが、後に1/10RCバギーとして逆輸入されている。4WDバギーとしては中堅モデル

アバンテX

シャーシ:MS

アバンテMk.2の強化版として登場。
ブラックスペシャルなどを含め、アバンテの10番として「X」の文字が宛がわれている。
ボディ形状に差異はいが、素材ホワイトカラーのポリカABSに変更し、ステッカー炎をあしらった専用のものに変更。
ノーユニットはT-02とし、ホイールも専用のグリーンになった。まんまマグナムセイバーカラーである。

少年アクセルの「吉祥寺フェニックス」で主人公の二代マシンとして活躍。

アバンテMk.III アズール、アバンテMk.III ネロ

シャーシ:MS

ズールネロのボディの違いは成色とシールウィングのみ。ネロの方はシャーシに軽量センターシャーシを採用している。タイアップ商品など、バリエーションが非常に多いため以下に列挙する。

エアロアバンテ

シャーシ:AR

ミニ四駆誕生30周年を迎えた2012年、新シャーシを採用した新しいミニ四駆REVシリーズがいよいよ発進。

以前のアバンテのイメージを受け継ぎつつ、より流麗なデザインが特徴。フロントウイングの整流やリヤウイングなど、フォーミュラカーデザインも取り入れている。

リヤウイングは、従来の上からはめ込む方式ではなくボディ裏からはめ込むようになっている。

ボディには3箇所エアインテークがあり、コックピットの物は初代やMk-2と違いちゃんと開いている。また、フロントノーズの物はシャーシ側のエアインテークと連動していて、効率よく空気を取り込めるようになっている。

新規設計のARシャーシはモノコック構造で強度十分かつ素組でもなかなか速く、オータカップ2012で結果を出している。

通称「エロンテ」

Mk-IIと同じく、後に1/10RCバギーとして逆輸入された。こちらは4WDバギー入門者向け立ち位置。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/24(水) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/24(水) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP