アファームド単語

アファームド

3.3千文字の記事
掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アファームドとは、SEGAゲームシリーズ電脳戦機バーチャロンシリーズに出てくる戦闘バーチャロイドとその生機体のシリーズ名称のことである。

米国競走馬「アファームド」はこちら→アファームド(競走馬)

アファームドシリーズの他の機体については関連項目の記事を参照。

本項では初代である「電脳戦機バーチャロンOMG)」に登場する MBV-09 アファームド について記述する。
本機は同時開発となったHBV-10ドルカスと連携することを前提とした運用を想定した機体である。

試行錯誤の度が過ぎたので原点回帰する必要に迫られた事例

VR開発計画は「2機種による運用」を前提としていたが、HBV-05ライデンの失敗による
SAV-07ベルグドル開発、戦闘状況の高速化対応の為のTRV-06バイパーシリーズ開発により
計画は頓挫、配備先のD.N.Aは運用に難があるバーチャロイドに不信感を募らせていた。
この状態を打破する為、当初のコンセプトに基づいて開発されたのがHBV-10ドルカス
MBV-09アファームドである。

MBV-04テムジン完成度の高い機体ではあったが、兵装"M.P.B.L-7"の使用に特化した為
他の兵装による運用に問題があった。また高頻度の距離戦闘、いわゆる近接戦闘が発生することが
重要視され、アファームドは「近接攻撃特化機体」として開発されることとなった。

開発を請け負った第6プラントは若いエンジニア達で構成されていたが、その若さ故か何のノウハウもいのに
「独自技術でVR作ってやろうぜ!」と意気込んでいた。論開発は遅々として進まず、
見かねたDN社上層部はテムジンスケルトンフレームベースにして開発するように伝達。
ノウハウどころか実績すらい第6プラントはその示に従うしかかった。
本機の特徴として両腕に取り付けられた"ダイナミック トンファー"という打撃武器が上げられる。
テムジン兵装"M.P.B.L-7"も近接攻撃が可だが、大な為地戦では有効な活用
出来ない局面があった。その点"ダイナミック トンファー"は使用時にのみ展開装備するので
場所を選ばなかった。この他にサブウェポンとして"R-11 ガンランチャー"という
ビームショットガンを装備する。これにより火器の汎用性は低下したが、ドルカス完成度が
高く充分な火力を装備している為さして問題視されなかった。

漢の機体

見たが軍人で刈りで暑苦しいこと、メインが近接にあることから良くなどと言われるアファ。前のみダッシュ相殺と威が高いLW(ただししゃがみが即爆でないのが欠点)、近接でこそ広大レンジと威で性を発揮したものの、研究が進むまではRWの使えなさを中心に厳しい機体であるとは言われたが、CWキャンセルターンダッシュ(いわゆる八つ橋)がどの距離でも使用可な事が発覚すると一気に評価を上げた。どの方向にもすさまじいスピードで駆け巡り攻撃を回避し、いざ近接となれば見えないガード不能攻撃である翳楼でぶっ叩きに行くという意味不明機体の一つ。RWは直撃させるよりに当てた爆を当てた方が強いのも意味不明ポイントの一つ。

…と、良いところはあるものの、特殊入を多数要される事からプレイヤースキルめられ厳しい機体の一つではある。逆に言えばプレイヤースキルさえあれば遠距離八つ橋ダッシュ前RW当て。近接はトンファーで持って行けるため、人によっては最強クラス摘する人もいる。

ちなみに横ダッシュLWがシケているのはバグではなく仕様公式設定でもプログラムボム投擲時の手が最適化不能だったためと説明されている。

後継機・発展機

第二世代型

第一世代を発展させ、VR開発禁止を破ってっ先に現れた第二世である。
開発は第二プラントのトランスヴァール(TV-02)。
RNAの機体として活躍し、特にVC.a3年のDNAの第二世ライデンの配備が始まるまで無双の大暴れをしていたことが電脳戦機バーチャロンオフシャルストーリー2.42『One-Man Rescueで描かれている。

開発はTV-02だが設計はSM-06である。FR-08と対立する事になった時点で資供給が絶たれたSM-06は
限定戦争市場参入を画作したが、手元にあるVRバイパーⅡしかく生産ラインDN社時代に修させられていたので自プラント製VRアファームドの量産が出来ない状態。TV-02はDD-05と共に量産プラントとして建設中だったが、設備完成と同時にO.M.Gが勃発、稼働しないまま倒産危機。そのさなかでSM-06のエージェントと接触。ライセンス契約を結び開発ノウハウを受ける。量産については生産ライン建設用資材は確保済みだったので特に問題はかった。
重郎氏のTwitterMomentによるとTV-02下のVR専門ファクトリーがVR開発禁止に猛反発、勝手にVR作ってDNA戦闘業に乱入してらししてたようで、それらのグループ同士が互助+支援団体参入によりRNAが誕生した。だがファクトリーが割と小規模だったこともあり量産のキャパシティーが低く、充分な供給が行えなかったそうである。
(なおTV-02はこの事態を黙認していたが後日に認めた)

コンパクトフレームハードポイント活用して様々なオプション装備によって戦術適合させてゆく
スタイル
元々第1世代機の仕様ドルカスと連携が決まり火力面が不要となって省かれたハードポイント
本来の用途の為に復活、当面1機種で対応する必要があったので格闘から遠距離支援まで様々なバリエーションを生み出した。

第三世代型

トップランナーとして火星で好き勝手商売を始めた旧MV-03ことアダックスに起因したブラックマーケットに対し、その抑止として戦争(いわいる審判ポジの組織)がRNAを仲介してTV-02に発注したモデル
先代譲りの高い整備性を誇るため運用部隊からの評価は高い。

関連動画

関連商品

 

 

関連コミュニティ

アファームドに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/24(金) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/24(金) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP