今注目のニュース
追悼番組で“沈黙の高木ブー”、加藤茶「完全に寝てた!」
『ドラクエウォーク』×『ライザップ』がエイプリルフールコラボ
魔法使いたちが生徒や教師に!?人気アプリ『魔法使いの約束』がエイプリルフール企画実施

アブクマポーロ単語

アブクマポーロ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アブクマポーロとは、日本の元競走馬・種である。
南関東エースとして岩手メイセイオペラや中央のバトルライン、エムアイブランらと対峙し戦を繰り広げた。 

概要

マチカネフクキタルやディアドクターを輩出したクリスタルリッターズ、はバンシユーウエー、ペールという血統。
はともかく、地味そのもの。なんせ人気パーソロンの代用として輸入された全系も遡っても地味といいところはあんまりない。
そんなでも活躍するんだから競馬は面いのであるが。

デビューは遅れに遅れ、1995年5月になった。遅れに遅れたと言ったとおり、彼の同期であるは中央で言うとジェニュインマヤノトップガン南関東だとコンサートボーイヒカリルーファスといったメンツで
彼らがすでに活躍している頃にようやくデビューとなったのである。とりあえずデビュー戦を圧勝。その後は掲示板は外さない程度に勝ち負けを繰り返し、4歳(以下、旧齢表記)時は10月までに8戦して3勝。
その後ゆっくり休養となり、5歳6月に復帰し復帰戦を快勝すると当時開業したばかりの出川厩舎へ転厩。これが、彼の伝説の始まりとなる。

転厩後勝利を重ね始め、年をまたいで5連勝。重賞の大井記念も軽量ながら勝ち切り6連勝帝王賞へ向かうが、
当時の南関東エース格・同世代のコンサートボーイとの叩き合いにクビ差敗れて連勝は止まった。しかし中央勢は負かしており、新たな大物話題になった。
その後一戦挟んで中央のオールカマーに臨むがメジロドーベルに敗れ8着、しかしその次走でコンサートボーイ相手に圧勝。
中央再挑戦として中ダート重賞東海インターステークスに参戦。追い込む形になったがここも勝利
意気揚々と東京大賞典に臨むが当時はまだ距離2800mとステイヤーが強いレースであり、中央のトーヨーシアトルキョウトシチーに敗れ3着。

しかしながら翌年はもう止まらない。川崎記念ダイオライト記念・マイルグランプリ・かしわ記念圧勝
帝王賞でも川崎記念の借りを返すべく岩手からやってきたメイセイオペラ北関東ブライアンロマン、中央のバトルラインらを打ち破り王座に君臨
NTV盃を圧勝すると一路岩手マイルチャンピオンシップ南部杯へ向かうが、地元のエースとしてメイセイオペラプライドをかけて挑みかかり、その前に3着に敗れる。
一説によると北へ向かったとオーロパークの広々とした風景を見て放牧と勘違いしたため気が抜けていたとも言われるが定かではない。
しかし大井に帰るとグランドチャンピオンを圧勝。2000mに短縮された東京大賞典でもメイセイオペラコンサートボーイを問題にせず。
もはや凄まじいの一である。ホクトベガの後に絶対王者はなかなか生まれなかったが、彼がその座に就いたと皆が思った。

8歳になっても進化は止まらず川崎記念を圧勝。ちなみにライバルメイセイオペラはここではなく、
得意条件のマイルのGⅠフェブラリーステークスへ向かい地方のまま中央GⅠを制覇する大快挙を成し遂げたが
川崎記念選ばないとはメイセイオペラは逃げ出したな!というも一部であったとか。逆にアブクマメイセイや中央競馬に怖気付いたというもあった。
なんにせよ、この二頭がダート戦線の絶対エースであり、当時中央勢はいいとこ添え物にしかなれない空気だったのである。
ドバイワールドカップに行ってくれ!というも聞こえ始めたが、当時は地方にドバイへ行くための蓄積もないしな話であった。ホクトベガの死も影を落としてたし。
そして予定通りダイオライト記念へ向かい快勝。メイセイオペラらとの名勝負数え歌が期待されたが…厩舎で脚を引っ掛けて捻挫。放牧となってしまう。
これで何かが切れてしまったのか、帰厩するが復帰は出来ず引退。種入りした。

しかしながらとしては失敗で、現在は乗クラブで乗として、GⅠ背中を素人に伝える余生を送っている。 
通算3223勝。当時としてはかなり高齢ではあったが、年をとっても衰えるどころか強くなり続けていた印すらあったので、引退であると言いたくなってしまう。もったいない。

交流元年、地方から殴りこんでインパクトを与えたのはライデンリーダーであったが、その後ホクトベガを筆頭とした連中による10倍返しが行われ
やっぱり地方はダメなのか…と思わせた中の彼やメイセイオペラの台頭であった。これは地方ホースマンに夢を与えたことであろう。
…例えそれが、うたかたの夢だったとしても。アブクマが去りメイセイが衰えると中央勢が再び優越し、彼らが築いた優勢はあっけなく消えた。
クロフネトゥザヴィクトリーアグネスデジタルらのオールラウンダーの活躍でダートの価値が上がりつつあり、
地方競馬自体が苦をかけられない昨今は、地方勢は再び苦しくなりつつある。
しかしそんな中でも、南関東からは中央に負けない大将の系譜が今でも続いており、アジュディミツオーフリオーソ
カネヒキリヴァーミリアンサクセスブロッケン!!!!!!スマートファルコン師匠トランセンドらと戦を繰り広げた。
彼のみたいなものは、まだしぶとく息づいているのである。 

関連動画

関連商品

アブクマポーロに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

アブクマポーロに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/04/02(木) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2020/04/02(木) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP