今注目のニュース
凍ったシャボン玉がスノードームっぽくなる現象が解明される
「停電時にペンライトを使うなら赤・青・緑が電池長持ち」説は本当か? 製造業者に聞いてみた
ネコはキーボードが大好きなのです

アブサン単語

アブサン

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アブサンとは、妖精である。

概要

高濃度のアルコールにニガヨモギ、アニス、フェンネルヤナギハッカ、ショウブ、セイヨウトウキコリアンダー、八などを浸透させエキスを抽出したものを蒸留し、それに小ニガヨモギ、ミントレモンバームリコリスなどを漬け込みエキスを抽出したリキュールである。葉緑素を保持するためにはアルコール度数が高くなくてはならず、70%前後のものが多い。加すると濁するのが大きな特徴である(ただし種類によっては濁しないものもある)。

飲む際は専用のグラスにアブサンを注ぎ、が開いたアブサンスプーンという特殊なが開いたスプーンの上に角砂糖を乗せ、その上にを垂らして角砂糖を溶かしながら3~5倍に薄めて飲むのがスタイルである。

歴史

17世紀後半にスイスのヌーシャテル州周辺にて発展し、アンリ・ルイ・ペルノーがフランスポンタルリエに大規模な工場を建設、現在ペルノカール社を設立し、量産を開始。19世紀中ごろからフィロキセラの大流行によって壊滅的打撃を受けたワインに変わって広く出回るようになった。が、19世紀後半にはアブサンのメインフレーバーであるニガヨモギに含まれるツヨンの中毒性が問題となり、1898年にコンゴ自由で禁止されたのを皮切りに第一次世界大戦後までにはイギリススペインポルトガルを除いた欧で禁止された。その後ペルノカール社はスペインで生産されたものが1970年代まで輸入し、スイスでは長い間密造によって密かに連綿と技術が継承され、摘発から逃れるために透明なアブサンを造る技術が発達した。

その後、1981年WHOがツヨンの規制を緩和したこともあり、1988年フランスで、2005年にはスイスで解禁され、近年ではアフリカ、中南カナダ(ケベック州を除く)、アメリカ海外領土もとい元海外領土などを除いたでは問題なく販売できるようになった。

パスティス

アブサンが禁止されたことから作られた代用品であり、EUの規定ではリコリスアニス、ディルなどを使いアルコール40度以上のものをパステイスと呼ぶ。1932年にペルノカール社が発売した「リカール」が始祖だと言われている(ただしリカールリコリスを使用していないため法律上はパスティスではなくアニスである)。琥珀色をしておりアブサン同様を加えると濁する。

関連動画

関連商品

関連項目

関連する著名人の記事

19世紀後半には多数の著名人もアブサンを飲した。中には著作のモチーフとした者もいる。だがアブサンで身を持ち崩した(少なくともその一因になったと疑われている)人物も少なくない。

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2017/07/11(火) 00:59:30 ID: sWJtln9aRx

    科学的に正しいのかは知らんけどゴッホが精的におかしくなったのは
    こいつを飲みすぎたせいって説があるらしいね。

  • 10ななしのよっしん

    2018/04/13(金) 21:23:12 ID: i8bobSbDuG

    アブサンでなくたって、度数50越えのを常飲してりゃおかしくなる

  • 11ななしのよっしん

    2018/11/14(水) 07:51:24 ID: 04ffjIOplp

    アブサンストレートが一番うまいのよな

急上昇ワード

最終更新:2019/06/20(木) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/20(木) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP