アブラハム単語

アブラハム

1.4千文字の記事
掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アブラハム(ヘブライ語:אברהם)とは、ユダヤ教キリスト教イスラム教などのいわゆる「アブラハムの宗教」で預言者とされる人物である。

アラビア語ではإبراهيمとり、「イブラーヒーム」と発音する。英語ではAbrahamり、「エイブラハム」と発音する。

概要

旧約聖書新約聖書クルアーンなどで言及される人物で、その名前は「諸民族」を意味している。唯一神から度々預言を授かる人物であり、新約聖書では「友達」と呼ばれている。ユダヤ教キリスト教イスラム教で重視されている。

ノアの10代の子孫テラの子であり、異サラ結婚してイサクを生み、女奴隷ガルとの間にイシュマエルを生んだ。に命じられ息子を燔祭にげようとし、直前にその篤信をに認められて制止されたという伝説がある。甥にロトがいる。

イスラム教ではアラブ人の祖とも言われているイスマーイール(イシュマエル)と共にメッカでカアバ殿を建設した人物であり、イブラーヒーム(アブラハム)は多神教徒でもユダヤ教徒でもキリスト教徒でもなく純正に唯一神を信仰する帰依者(ムスリム)であったと考えられている。

アブラハムの宗教典の登場人物ではよくある事だが、彼の名前も人名として広く使用されている。例えばアメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーン」などは特に有名だろう。

エピソード

信仰のとされるアブラハムだが、旧約聖書創世記ではかなりあくどい人物である。子のイサクや孫のヤコブにも共通するが護(実際には明らかえこひいきだが)を後ろやりたい放題することが多い。

アブラハムがエジプトに訪れた際、妻のサラに対して「ここは危ないから私の妻ではなくとして振る舞って欲しい」といい(本当にでもあるのだが、それにしても意味不明である)、美人であったサラファラオにとまり、ぜひにしたいとアブラハムに申し出る。

ファラオサラをたいそう気に入り、アブラハムも多大な品をファラオより譲り受けるなど厚遇されるが、そこにヤハウェ)が介入しファラオエジプトの宮廷の人々に対して疫病を流行らせてしまう。

ファラオサラをアブラハムに返すと、「頼むから出てってもらいたい」としてアブラハムたちはエジプトを出ることになる。

これに味をしめたアブラハムは、なんとアビメレク王に対しても全く同じことを行う。やはりヤハウェが介入するのだが、幸いにしてまだ手を出してなかったこと、アブラハムに騙されたとヤハウェに対し弁解する。

するとヤハウェはアビメレクの王宮の女性子宮を閉ざすという強硬策に出て、アビメレクはアブラハムに品等を渡すことでようやく出て行かせる事に成功した。

これらのエピソードはやってることはヤクザ以外の何物でもないだろう。また、妻のサラに対しても一部エピソード批判されている。

の命で子のイサクを生け贄にしようとするエピソードは彼が信仰のとして評価されるが、特にオウム真理教などで痛いを見た反動から宗教嫌いの多い日本人にはカルト宗教信者のような振る舞いに見えてしまうことも多い。

なお、子のイサクもアビメレク王に対してと同様の美人局をやろうとするが、同じ手は二度通じないのか事前に対処されて失敗している。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/19(日) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/19(日) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP