今注目のニュース
「H、T、Uの3人の男がいた…」 続くクイズの文章に笑った
「ペロペロが止められないにゃん!」 ハミガキ粉の味がどうしても気になっちゃう猫ちゃん
胸や尻を触り卑猥な言葉も ヒーローショーのお姉さんがセクハラ被害告白 東京ドーム「事実確認中」

アポロン単語

アポロン

掲示板をみる(38)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アポロンπόλλωνApollon)とは、ギリシア神話音楽、予言、牧畜、矢のであり、

後にヘリオスと同一視され太陽としても信仰された。

概要

オリュンポス十二の一柱。ゼウス女神レトの息子で、女神アルテミスとは双子兄妹である。聖地は出生地であるデロス島託が下される地として高名なデルポイである。

嫉妬したヘラに命じられた大蛇ピュトンは、レトを執拗に追いかけて出産を妨し続けたが、出生直後のアポロンは逆にピュトンを追い続けデルポイの地で射殺し、以後その地は託の下される聖地となった。が、これは、元々ガイア聖地だったデルポイをアポロンを奉ずる人々が奪ったのを正当化するため、新たに作られた神話だとも言われている。

文化的な性格を持つ詩人であるが、「遠矢射る」アポロンとしては病疫のとして知られる。転じて医療としても知られ、医療アスクレピオスのでもある。自分の息子アスクレピオスには一匹のが絡みついたを、同じ十二の一柱であるヘルメスには琴と交換で二匹のが絡みついた飾り付きのを送ったことがある。[※1]

数多の二つ名を持つであり、ポイボスく)アポロンを筆頭に、ヘリオス(太陽)、アギュイエウス(陽)、リュケイオス()、ディドゥマイオス(双子)、ピュティオス(ピュトンの)、スミンテウス()、パルノピオス(イナゴ)、キュリカリオス(ヌカカの)、アケストル(癒し手)、イアートロス(医師)、ゲネトル(祖先)、ニンフェゲテス(ニンフ人)、ノミオス(牧歌)、マンティコス預言者の)、ロクシアスひねくれ者)、ムーサゲテス(ムーサの人)、アルギュロトクソス(持つ)、ヘカエルゴス(遠矢射る)、ニュクテイ・エオイコスに酷似した)等々・・・まだまだあるので興味のある人はwikipedia英語版記事に行くと良いかも知れない。

[※1] それらのが、後に医療のシンボルとなる"アスクレピオスの"と、商業のシンボルとなる"カドゥケウス"である。

起源

アジア女神レトを母親に持ち、トロイア戦争では一貫してトロイ側だったように、彼もまた非ギリシャ的な側面を持つである。

彼はエトルリアの地ではアプル(Apulu)として信仰されたが、一方フリやヒッタイトの神話にもアプル(Aplu)というが信仰されていた。

この小アジアは元来アッカドのであり、その本来の意味はアプル・エンリル「エンリル息子」で、この二つ名を持つ府の王ネルガルしていた。ネルガルは時にメソポタミア太陽シャマシュ同一視されるが、もしアポロンがその名の由来をネルガルに持つなら、病魔の、死の太陽、そして息子としての性格の多くを彼から引き継いだのであろう。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/25(火) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/25(火) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP