アポロン単語

アポロン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(38)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アポロンπόλλωνApollon)とは、ギリシア神話音楽、予言、牧畜、矢のである。

後にヘリオスと同一視され、太陽としても信仰された。

概要

オリュンポス十二の一柱。
ゼウス女神レートー息子で、アルテミスとは双子兄妹である。聖地は出生地であるデロス島と、託が下される地として高名なデルポイ
シンボルとしての聖獣鹿カラス白鳥、雄など。オリーブ、棕櫚など。

レートーに嫉妬したヘラは、「いかなる大地の上でも子を産めないように」という呪いをかけた上で大蛇ピュートーンにレートーの殺を命じる。ピュートーンは身重のレートーを執拗に追いまわし、出産を妨し続けた。
大地とは見なされない浮き・デロス島にて、難産の末にアルテミスとアポロンは産み落とされるが、生まれた直後にアポロンは立ち上がり、逆にピュートーンを追いかけた。そしてデルポイの地に追い詰めると手にした矢で射殺し、以後その地はアポロンの託の下される聖地となった。
これは元来ガイア聖地だったデルポイを、アポロンを奉ずる人々が奪ったのを正当化するため、新たに作られた神話だとも言われている。

文化的な性格を持つ詩歌である一方、「遠矢射る」アポロンとしては病疫のとして知られる。『イーリアス』では自分を信奉する官の嘆願に応じ、罰としてアルテミスと共にアカイア(ギリシア連合軍)の地に疫病を蔓延させた。
転じて医療としても知られ、医療アスクレピオスでもある。

数多の二つ名を持つであり、ポイボスく)を筆頭に、ヘリオス(太陽)、アギュイエウス(陽)、リュケイオス()、ディドゥマイオス(双子)、ピュティオス(ピュトンの)、スミンテウス()、パルノピオス(イナゴ)、キュリカリオス(ヌカカの)、アケストル(癒し手)、イアートロス(医師)、ゲネトル(祖先)、ニンフェゲテス(ニンフ人)、ノミオス(牧歌)、マンティコス預言者の)、ロクシアスひねくれ者)、ムーサゲテス(ムーサの人)、アルギュロトクソス(持つ)、ヘカエルゴス(遠矢射る)、ニュクテイ・エオイコスに酷似した)等々……

これ以外にもまだまだあるので、興味のある人はwikipedia英語版記事に行くと良いかも知れない。

逸話

笛の呪い

ある時アテナ(アウロス)を製作し、々の前でその音色を披露した。ところがを吹く時にが膨れて折の美貌が台しになった事で笑われてしまい、機嫌を損ねた女神に「これを持つ者に災いが訪れるように」と呪いをかけて捨ててしまった。

その後、はサテュロス(半)のマルシュアスが拾い、演奏するようになった。の手になる楽器は見事な音を出し、マルシュアスの名手としてもてはやされるようになる。いつしかその腕前はアポロンの琴にも勝ると評判になり、これを聞いたアポロンは怒りを覚えてマルシュアス音楽で競う事となった。
この時「勝ったものは負けたものに何をしてもいい」という条件がつけられ、いくつかの生があるものの、いずれも結果はアポロンの勝利に終わった。しかし怒りが収まらないアポロンはマルシュアスを捕らえ、生きたまま皮を剥いで殺してしまった。

またこの勝負に際してマルシュアスを支持したプリュギアダースは、アポロンの怒りをかってロバに変えられてしまった。後にこの逸話はイソップアイソポス)により『王様ロバ』という話として広く知られるようになった。

白いカラス

かつてカラスの色は美しい(または)で、美しいを持つだった。
しかしある時、アポロンの愛人であるコロニス人間と不義密通をしていると報告。これはカラスの見間違えだったとも、自分がサボっていた事をごまかす為のだったとも、本当だったともされている。
ともあれアポロンは報告を受けて激怒し、自ら矢を放ってコロニスを射殺した。しかし死の間際にコロニスが「方の子を身籠っている」と告げた事でカラスの言葉はだと露見し、アポロンはカラス呪いをかけて追放した。それ以来カラスの羽は喪服のようにくなり、鳴きも醜くなってしまったという。

この時コロニスがんでいたのが、後に医療となるアスクレピオスである。

黄金と鉛の矢

ある時アポロンはエロースと偶然出会い、その小さな矢を馬鹿にしてからかった。エロースは「確かに私の矢は小さいが、この矢は方がたをも殺す事が可なのですよ」と言うと、情を芽生えさせるの矢をアポロンに、情を拒ませるの矢を河ペーネイオスのダプネーに打ち込んだ。

たちまちアポロンはダプネーに魅了されて近づこうとするが、ダプネーはこれを拒絶して逃げ出した。尚もアポロンは執拗に彼女を追いかけ、ついにへと追い詰められる。ダプネーはに祈り「どうかこの姿を変えてください」と叫ぶ。願いは聞き届けられ、アポロンが触れた間、の姿はへと変わった。
失恋したアポロンは嘆き悲しみつつ「せめて私のになってほしい」と願い、ダプネーはそれを受け入れる。以後はアポロンの徴たるとなり、デルポイの大祭で開催される競技の優勝者には、の葉で編まれた冠が授けられる事となった。

この故事を受け、現在でも陸上競技などで、表に際して選手に冠が授けられるのが通例となっている。
またジャンロレンツォ・ベルニーニの彫刻「アポロンとダプネー」はこの神話モチーフとしており、まさにへと変身していく間をとらえた傑作として知られている。

起源

アジア女神レートーを母親に持ち、トロイア戦争では一貫してトロイアに味方したように、彼もまた非ギリシャ的な側面を持つである。

彼はエトルリアの地ではアプル(Apulu)として信仰されたが、一方フリやヒッタイトの神話にもアプル(Aplu)というが信仰されていた。

この小アジアは元来アッカドのであり、その本来の意味はアプル・エンリル「エンリル息子」で、この二つ名を持つ府の王ネルガルしていた。
ネルガルは時にメソポタミア太陽シャマシュ同一視されるが、もしアポロンがその名の由来をネルガルに持つなら、病魔の、死の太陽、そして息子としての性格の多くを彼から引き継いだのであろう。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/11/27(金) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2020/11/27(金) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP