アラクノフォビア単語

アラクノフォビア

  • 1
  • 0
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
医学記事 【ニコニコ大百科 : 医学記事】
※ご自身の健康問題に関しては、専門の医療機関に相談してください。

アラクノフォビア(クモ恐怖症)とは、クモに対して異常恐怖感を示すことである。

以下、文字列すら見ることができない人向けに、また、おすすめ静画等に該当する恐怖の対が出現するのをなるべく防ぐために、当記事では恐怖の対「K」と表記する。

曖昧さ回避

概要

そう感じる人がいる、益虫であることは理屈としては理解できるのだが、K恐怖症の当人にとっては「Kの存在そのものがどうしても、どう頑ってもダメ」なのである。

他の恐怖症と同様に、K恐怖症かどうかは「日常生活への支障」で判断される。Kが苦手、不快に感じるという人は多いものの、K恐怖症の場合はKに視線を合わせることすら困難であり、場合によってはKがいる(または、いる可性がある)間に立ち入ることも難しくなる。

具体的にKの何が怖いのかは当人にも説明できないことが多い。とにかく「Kを見た間に体が震える」「を逸らして叫び、逃げる」という反射的な回避行動をとることが多い。

他のに対してはそれほど恐怖感を示さないという人もおり、「ASDKと一緒に住むならゴキブリと一緒にいた方がマシ」という人もいる(それはそれとしてASDKゴキブリを餌の1つとしているので、ゴキ対策は重要だが)。ザトウムシなど似た形のになると恐怖を感じる人もいる。

恐怖を感じるKの種類にも個人差があり、「HETR一匹程度なら大丈夫」と言う人もいれば、それさえも困難な人がいる。のひび割れカニをKと勘違いしてパニックになったり、イラストのKや「K」という文字列すらも見ることができなかったりする。

になるとKが増えるため、「そのものが嫌になる」という人もいる。脚の本数が増えたり、逆に減ったりすると恐怖感が増すという人もいる。

Satisfactory」や「Grounded」など、ゲームによっては、K恐怖症の人向けに「Kが大きなの画像やゼラチン状の塊になる」という「K恐怖モード」というものも存在する。

関連動画

関連リンク

関連項目(閲覧注意)

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/17(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/17(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP