今注目のニュース
『水曜日のダウンタウン』新元号当て企画で話題に…過去には警察との攻防も
ISSA、念願の仮面ライダーに!「涙が出ました」と喜び爆発
岡田准一のハイテンションに心配の声 「ファンには通常運転だけど…」「支障出ない?」

アラン・プロスト単語

アランプロスト

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アラン・プロストAlain Prost)とは、元F1ドライバーである。プロフェッサーの異名を持つ。

概要

1955年2月24日フランス ロワール県ロレットにて生まれる。

1970年代前半はカートで幾つか優勝する。

1979年ヨーロッパF3選手権、フランスF3選手権に出場、両方ともチャンピオンになり、F1へステップアップする。

F1

1980年 マクラーレンデビュー、4度の入賞を果たす。

1981年 ルノーへ移籍

1982年 ドイツGPで視界の悪い中ディディエ・ピローニと衝突、ピローニは両足複雑骨折の重傷を負いF1を去る、この事が原因でプロストレーストラウマとなる。

1984年 マクラーレンへ移籍、チームメイトニキ・ラウダと互の争いをするが2位に終わる。

1985年 2位以下を20ポイント引き離し初のワールドチャンピオンとなる。

1986年 ウィリアムズホンダナイジェル・マンセルネルソン・ピケとチャンピオン争いをする、最終戦オーストラリアGPではマンセルを4位以下で優勝しないと厳しい状態だったがマンセルタイヤバースト、ピケはピットイン中にプロストは逃げ切りそのままチェッカー、2度ワールドチャンピオンになる。

1988年 マクラーレンホンダエンジンを手に入れる、チームメイトアイルトン・セナと2人で16戦15勝と勝ち続けお互いにいい勝負をする、この年は2人とも仲が良かったらしい。

1989年 第2戦サンマリノGPはゲルハルト・ベルガーが炎上事故を起こし再スタートとなったが「スタート直後の最初のコーナー抜けるまでは勝負しない」という紳士協定がセナとの間で結ばれてたが、再スタートセナが抜いてしまったため2人の間に裂が入る、セナく「1回スタートのみ」だったとか、プロストはぶち切れて記者会見をボイコットして帰ってしまう、その後も勝手にマクラーレン離脱やフェラーリ入りを発表したりエンジンも「セナのと同じエンジンじゃねーだろ」とクレーム入れたりチームホンダとも険悪になる、日本GPではシケインで衝突、プロストリタイアするがセナはそのまま走りチェッカーを受けるがシケイン不通過で失格になる、最終戦は2人ともノーポイントに終わりポイントで上回ったプロストが3度ワールドチャンピオンになる。

1990年 フェラーリに移籍、この年もセナとほぼ互の争いになる、9ポイントセナに離された状態で第15戦日本GP、第1コーナーセナと接触リタイアとなる、これでプロストチャンピオンを逃すことに、因みにチームメイトマンセルとは最初は仲良かったがチームプロスト導に映ったためマンセルと険悪になりマンセルウィリアムズへ戻る事に。

1991年 マシン製作に失敗、マクラーレンはおろかウィリアムズにも離され優勝から離れて行く事に、第15戦日本GPの後に「まるでトラックだ」と発言、最終戦を待たず1勝も出来ずフェラーリ解雇されてしまう。

1992年 どこにも所属せずフランスTV解説者になる、面下でウィリアムズと接触してシートを得る、マンセルはぶち切れてインディカーへ移籍する事になる。

1993年 ウィリアムズドライバーになる、前半は苦手のに足元を掬われ、アクティブサスペンションに慣れなかった事もあるが中盤から盛り返していき4度ワールドチャンピオンになる、チームメイトデイモン・ヒルに後を託しこの年限りで引退する。

1980年から1991年1993年の13年間、出走回数202回、優勝51回、PP33回、FL41回の成績を残す。

その後は1997年にリジェを買収して「プロストグランプリ」とチーム名を変えオーナーになるが中野信治を冷遇飼い殺しするわジョンバーナードという過去デザイナーを雇っては開発費たくさん使って失敗に終わるわジャンアレジにはマネー未払いで険悪になるわチームの不振をプジョーに擦りつけるわスポンサーも離れるわスタッフドライバー何度も入れ替えるわで最終的には破産宣告して解散してしまう、ドライバーとしては一流だがオーナーとしては三流だった。

現在フォーミュラEに参戦するDAMSに共同オーナーとして、参戦してる息子ニコラプロスト支援している。

ドライバーとして

アグレッシブでもなくタイヤを痛めないような走りとかせずうまくセッティングしたり、ピット回数減らして有利な状況に持ち込んだ走りを信条とする、背が小さい事もあってかコクピットも窮屈なく乗りこなせたのも大きいと思う、前述の通りピローニの事故の事もあってかレースが苦手での時は自らピットに戻ってリタイアしたり中止にしろと他のドライバーに駆け寄ったりする事もある。

関連動画

セナと最後の会話 

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/23(木) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/23(木) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP