今注目のニュース
香川にポケモン「ヤドン」デザインのマンホール蓋設置へ 16枚すべてにヤドン!
子どもの主体性が伸びない家庭の特徴 両親が「計画を立てる」「先回りして穴を埋める」を必要以上にやりすぎる
最低な女教師… 性感染症を秘密にしたまま14歳の男子と肉体関係に

アリツカゲラ単語

アリツカゲラ

掲示板をみる(10)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アリツカゲラとは、キツツキキツツキ科シボキツツキ属に属する仲間である。

概要

全長2831ほど、重さは150g。ブラジルやパラグアイなどの南大陸々に生息している。アリシロアリを食べ、彼らを食べるときには地上に降り立つ。

頭の背面はっぽい色をしており、首の辺りには明るい黄色となっている。クチバシはく、褐色をしている。脚部はピンクがかった灰色をしていて、それら以外の全身がクリーム色系統の下地の帯が入っている。基本的には灰色系統の色合いが多く、だからこそ明るい黄色が良く立つ。

アリ塚(ありづか)とキツツキの古称であるケラが名前の由来なのだが、濁音がもととなった言葉とは違うところにあるため、アリカケラと間違えられることもある。

群居性があり、小さなコロニーをつくって暮らしている。名前の通りアリ塚にも営巣するが、基本的には木の洞に営巣し、営巣できる木がなかった場合にはアリ塚や土手に営巣する。4~5個のを産み、雌雄両方が抱する。

アリ塚の硬さはコンクリート並で、これを砕く・掘るにはとても大きなが必要である。アリクイが強なのは、アリ塚を破壊するためには必要不可欠だからである。このも例外ではなく、アリ塚を掘れるような、工事で使うような削岩機クラスをこの小さなが出せる。しかし、それをすると重力の数千倍ものが頭にかかる。文字通り玉が飛び出るほどのがかかるのである。
そういったに負けないよう、キツツキ仲間は頭やを衝撃から守るようになっており、球が飛び出ないような瞼を持っている。これはドラミングと呼ばれる「木をクチバシで突いてを開ける」行為をするキツツキ仲間では共通して持っており、強な衝撃を耐えるためには必要不可欠なものである。
アリ塚はアリがいる状態では壊れたらすぐに直されるため、使われなくなったアリ塚を使うことになる。なお、使われなくなったアリ塚を使う動物は結構いて、外敵から身を守るだけでなく過酷な環境からも身を守る住処になる。アリツカゲラが使わなくなった巣かが利用することもある。アリツカゲラが小さいを開けられるからこそ、他の動物も巣に使えるようになるのである。

なお、「アリツカゲラ」をインターネット検索すると、情報よりも「けものフレンズ」のアリツカゲラの方がたくさん出る。最近では、検索エンジン検索すると画像とともにWikipediaへの誘導がトップに出ることもあるが、そこに出てくる画像も「けものフレンズ」のアリツカゲラである場合が多い。
もともとこの情報もかなり少ないため、ちゃんと調べたい場合は専門の書籍を読むことをおススメする。

関連動画

現状、一のとしてのアリツカゲラが取り上げられている動画

関連商品

アリツカゲラに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。←ありませんでした。

関連項目

掲示板

  • 8ななしのよっしん

    2017/08/07(月) 21:48:33 ID: gSgIdcsg6x

    反対されたか → 反対されたからか

  • 9ななしのよっしん

    2017/08/29(火) 10:22:27 ID: OyokElEHxE

    書いてある書籍も探すの大変そうだな
    論文が手っ取りそうだけど英語弱いからどうもね

  • 10ななしのよっしん

    2017/11/23(木) 02:05:56 ID: AE1VuxmKvb

    >>gSgIdcsg6x
    みたいな文句ばっか言ってんじゃねぇよ
    言いたい事だけ言って何もかも自分の事は全部正解ですみたいな顔して書き込んでじゃねぇよ

急上昇ワード

最終更新:2019/09/15(日) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/15(日) 15:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP