アルカセット 単語

7件

アルカセット

2.8千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アルカセット(Alkaased)とは、2000年生まれのイギリス競走馬である。

世界的名手とともにレコードタイムジャパンカップ勝利した。現時点でジャパンカップを制した最後の外である。

名の由来はアラビア語で”意志”。

な勝ち
2005年:サンクルー大賞典(G1)、ジャパンカップ(GI)

血統

:Kingmambo

:Chesa Plana (:Niniski)

キングマンボ日本にもエルコンドルパサーキングカメハメハといった名を輩出し、世界中に優秀な競走馬を送り出した名種牡馬*チェサプラナは後に日本に輸入された独1000ギニー2着ニニスキは現役時代長距離戦で活躍した英国で、産駒にもキングジョージ勝ちペトスキ、仏ダービーエルナンドなどがいる。

世界的な名種牡馬は独1000ギニー2着という良血から、35万ドルという額でドバイの副首長であるシェイクハムダンに購買された。血統的にヨーロッパの芝コースの方が向いていると見られてかイギリスニューマーケットの名門サー・マイケル・スタウト厩舎に送られる。

2・3歳時

しかしそんな良血の2・3歳時の戦績は6戦1勝2着3回と、安定感はあったが期待外れもいいところな戦績であった。馬主であるハムダンはあっさり見切りをつけ、アルカセットは海外でよく開催されている現役のセールに上場されてしまう。

しかし、そこである人物のに留まる。それはマイケル・チャールトンという人物だった。だがチャールトンがこのを購入しようとした時、付き添いの調教師医師が「故障持ちで走れるかどうかは半々」と調教師に進言。すると今まで購入を薦めていた調教師が一転、撤退するように薦める。しかし、その時チャルトンはこう言った。

「たとえ五分でも走れる可性に賭けたい」と。なにこの人かっこいい

これによりチャールトンはアルカセットの購入を決め、日本円にしておよそ900万円という安値で購買され、ニューマーケットのルカクマーニ厩舎に預けられた。ちなみに世話を担当した厩務員は日本人で、彼は本を「タロウ」と呼んでいたという。

4歳以降

その後もニューマーケットを拠点に現役生活を送っていたアルカセット。4歳時は4戦2勝2着2回と勢いを増していき、翌年、5歳となったアルカセットは5月ジョッキークラブステークス(G2)で初重賞制覇。初のG1挑戦となったコロネーションカップは2着に敗れるが、次走サンクルー大賞典では世界的名手ランフランコ・デットーリを背に2身差の快勝で初のG1タイトルを手にした。

その後出走したフォワ賞チャンピオンステークスはそれぞれ2着・5着と敗れ、その後アメリカブリーダーズカップ・ターフに挑戦しようと渡するが現地で血球数の異常が見つかりこれを回避。そのため日本で開催される際競走ジャパンカップに駒を進める。

ジャパンカップ 伝説のレコードを破る

そして迎えたジャパンカップ、アルカセットの上にはサンクルー大賞典の時と同じデットーリが跨る。この年のジャパンカップは前年の3冠ゼンノロブロイ、後にディープインパクトを下すハーツクライ、前々年の同レースを9身差で圧勝したタップダンスシチークラシック戦線でディープインパクトに食らいついたアドマイヤジャパンエアグルーヴ以来となる天皇賞ヘヴンリーロマンス、他にもリンカーンスズカマンボコスモバルクといった非常にメンバーっていた。

も負けず劣らず、英オークスブリーダーズカップ・フィリー&メアターフを勝っている女傑ウィジャボード、前年の凱旋門賞バゴといった有が来日。そんな中でアルカセットはゼンノロブロイハーツクライに次ぐ3番人気に支持される。

そしていざレースが始まると、スタート少し出遅れるも大きく逃げタップダンスシチー、ストーミーカフェを好位で見ながら上手く足を溜め、直線向くとハイペースで先行がへとへとの中馬群の中を抜け出して先頭に立つ。最後にハーツクライの猛追を受けるが、ハナしのぎ切り見事勝利

そしてすごいのがその勝ちタイム2分221。1989年ホーリックス叩き出したあの伝説レコードタイムを0.1更新したのである。東京競馬場修等で時計が出やすくなっていたという点もあるかもしれないが、実は本物だろう。しかしこ記録2018年ジャパンカップアーモンドアイ更新した(それどころか、ジャパンカップ6着のまでもが2分221の記録更新した)。

その後

その後は香港遠征などが計画されたが、日本での種牡馬入りが決まったためそのまま引退となった。通算成績16戦6勝、2着7回。地味に安定感のあるで6着以下になったことは1回もなかった。

種牡馬入り後はそこそこの数のを集めたが、産駒の活躍が芳しくないことからか種付け数は年々減少。2011年の種付けシーズン終了後にイギリスに再輸出され、現在イタリアで供用されている。

前述の通り、アルカセットを最後にジャパンカップでは日本以外が勝利していない。日本の多くが欧州馬場に適応できず凱旋門賞などで苦戦するのと同じく、欧州日本の多頭数立て、高速馬場(特に府中)での好走が難しい傾向にあるためだろう。ジャパンカップの約2週間後に開催される香港国際競走に向かうが多いこともあってJCへの外参戦数は年々減少し、2019年のように1頭も来日しなかった年もある。

血統表

Kingmambo
1990 鹿毛
Mr. Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
Miesque
1984 鹿毛
Nureyev Northern Dancer
Special
Pasadoble Prove Out
Santa Quilla
*チェサプラナ
Chesa Plana
1989 鹿毛
FNo.10-c
Niniski
1976 鹿毛
Nijinsky II Northern Dancer
Flaming Page
Virginia Hills Tom Rolfe
Ridin' Easy
Top of the League
1982 黒鹿毛
High Top Derring-Do
Camenae
Home and Away Home Guard
Garden of Eden
競走馬の4代血統表

クロス:Northern Dancer 4×4(12.5%)、Forli 5×5(6.25%)

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/24(水) 13:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/24(水) 12:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP