今注目のニュース
ヤラセレビュー見抜ける?「サクラチェッカー」話題 製作理由は、調査方法は、精度は...作者に聞く
「インターンシップで企業は本来の姿を見せていない」識者が指摘 入社後のミスマッチで離職率が上がる傾向
「おがすげなものは投げねでけろな」 山形弁全開!他県民には難解すぎる注意書きが話題

アルジュン・アパデュライ単語

アルジュンアパデュライ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アルジュン・アパデュライ(1949~)とは、インド出身のアメリカの人類学者である。

概要

インドボンベイ(現在のムンバイ)で生まれ育ち、その後アメリカブラダイス大学歴史学を学び、1973年シカ大学院社会思想の博士号を取得した。彼は大英帝国に支配されるインドという図式ではなく、次第にアメリカ化されていく世界を若いころ経験したのである。

アパデュライの議論グロバル化に関するもので、彼はグロバルな文化フローを5つの「スケープ」に注する。まず<エスノスケープ>は、世界を構成する諸個人のランドスケープである。<テクノスケープ>はテクノロジーが多様な界をえて高速移動できるようになったことを示す。<ファイナンススケープ>はグロバル資本の急速な移動の面をし、この3つのランドスケープのグロバルな関係は予測不可能で、「乖離的」である。

そしてこの3つの次元屈折させているのが<メディアスケープ>と<イデオスケープ>で、前者はメディアによって創造されるイメージを、後者は啓義的なイメージす。

アパデュライは、これら5つの次元の間の乖離構造が「脱領土化」に合わせて増大し、グロバルフローが生じているという。そのために人類学は、世界コスモリタン的な文化形式やトランスナショナルな文化フローを研究し、脱領土化された文化的力学に焦点を合わせるとする。その一方で彼はグロバルな文化フローの中でローカリティがどのような場所を占めるかをも研究対とし、「近接」とそれを呼ぶ。

こうした彼の思想にはポストナショナル社会の姿があり、グロバル化の中で国家矛盾と不安に直面し、国家をはじめとした「脊椎組織」とグロバル化によって生じる「細胞組織」のせめぎあいの関係を見出すのである。

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP