今注目のニュース
正社員不足が深刻な業界1位「情報サービス」、2位「農・林・水産」――「新しい仕事が発生してもSEがいない状況」という声も
「荒野行動」の配信・開発停止求める裁判が和解で決着 ただし和解条件については明かされず
世に覇者はひとり!スイカを抱えてぶちぎれる猫の表情に関する海外の反応

アルセーヌ・ルパン単語

アルセーヌルパン

掲示板をみる(40)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アルセーヌ・ルパンとは、フランス小説家『モーリス・ルブラン』作の『アルセーヌ・ルパンシリーズ』の主人公であり、架の人物。
日本では彼の孫が主人公とされる、漫画家モンキー・パンチ』作の『ルパン三世』が有名。

概要

1874年、『テオフラスト=ルパン』と『アンリエット』の息子として誕生。幼名は『ラウール』。
初めて盗みを行ったのは6歳の頃で、19歳の時にはじめて『アルセーヌ・ルパン』と名乗り始める。
その後は『怪盗紳士アルセーヌ・ルパン』と呼ばれ、世界的に有名になる。

特徴としては

  • 義賊に近い泥棒であり、殺人は滅多に行わず弱き者の味方をすることが多い。
  • 変装の名人で、作中では60える変装をしており、様々な偽名を持つ。
  • 武術、体や精に関してもレベル
  • 探偵警察として働くこともあり、その腕前も一流。
  • 非常に愛国心に溢れており戦争時は軍人として活躍。
  • 女性に弱く、惚れやすいが、一途でもある。

といったところ。

ライバルとしては『ガニマール警部』と『エルロック・ショルメ(シャーロック・ホームズ)』がおり、何度か逮捕されては脱獄を繰り返している。

小説:アルセーヌ・ルパンシリーズについて

18作の長編と複数の短編による人気シリーズで、作品が進むに連れてルパンが年を重ねていくのも特徴的。20代の頃から最終作では49歳(推定)までと、まさに彼の人生った書物のようだ。

最終作であり、遺作でもある「ルパン最後の」は推敲不足のため未発表となっていたものを、作者の没後70年(2012年)に孫の意志により発表に至ったという、ある意味で史上最も衝撃的な最終作。
一般的に「冒険小説もの」として扱われることが多いが、推理小説の要素を含むものも多い。

シャーロック・ホームズとの関係

アルセーヌ・ルパンシリーズでは『コナン・ドイル』作の『シャーロック・ホームズ』とされる人物が何度か出てきているが、大人の事情により(諸説あるが、一般的には作者からの抗議があったための変更とされる)『エルロック・ショルメ』と名され、設定を変更されているため、『シャーロック・ホームズ』本人との対決とは明確には言えないかもしれない。

なお、翻訳者によってはそのまま『シャーロック・ホームズ』とするものもある。

ルパン三世について

『アルセーヌ・ルパン』の孫となっているが、設定が作品によって異なるため、一体ルパン二世にあたるのかは不明である。
1893年に相手は不明だが長女『ジュヌヴィエーヴ』、1899年にクラリスとの間に生まれた長男ジャン』と、二人の子供がアルセーヌ・ルパンシリーズには登場しているが、双方ともルパン父親とは知らないはずである。
(ジュヌヴィエーヴはであるヴィクトワールが話した可性はある) 

そもそも『ジャン』が泥棒をしている様子を苦悩している描写があるため、生存中に二世を名乗るものが居たとは考えにくい。

怪人二十面相

大正~昭和中期にかけて活躍した、日本推理小説作家江戸川乱歩』氏による代表作の一つ。
少年探偵シリーズの第一作でもある。 

アルセーヌ・ルパンをモデルとした敵役として、『怪人十面相』が登場し、主人公である名探偵『明智小五郎』と少年探偵団が彼に立ち向かっていくストーリー

さらに少年探偵シリーズではないが、同じく明智小五郎主人公の『仮面』にはアルセーヌ・ルパン本人が敵として登場する。

ただし、設定は江戸川乱歩オリジナルテイストになっているので注意。

余談だが、この時日本に来ていたルパンヒロイン子供ルパン三世という説がある。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/05/25(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/25(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP