アルバス・ダンブルドア単語

アルバスダンブルドア

2.3千文字の記事
掲示板をみる(152)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アルバス・ダンブルドアとは、ハリー・ポッターシリーズの登場キャラクターの一人である。

映画ではリチャードハリス(賢者の石秘密部屋)、マイケル・ガンボン(アズカバンの囚人~)が演じた。

概要

長い白髪頭、曲がった鷲鼻に眼鏡をかけた老人。本名は「アルバス・パーシバル・ウルフリック・ブライアン・ダンブルドア(albus percival wulfric brian dumbledore)」。

ホグワーツ魔法魔術学校校長をつとめており、ホグワーツ史上でも優秀な校長先生と呼ばれている。魔法使いとしても優秀で、もっとも偉大なる魔法使いの一人とうたわれ様々な肩書きや勲章をもらっており、そしてヴォルデモートが恐れる人物である。

魔法の資質を持つ者全てにホグワーツの門戸を開くという方針をとっており、マグル出身、半純血(混血)、純血をとわず多くの生徒から人望を集めているが、スリザリンをはじめとする一部純血義者たちにはあまり良く思われていない節もある。

何かとハリーを気にかけ様々な助言を行ってきており、ハリーの生き方に大きなを与えている。お茶な性格だが、いざという時、特に闇の魔法使いに対してはの形相で挑んでくる(ハリーいわく「ヴォルデモートが恐れる理由が分かる」)

人物・歴史

※以下の内容には原作ネタバレ要素があります

ダンブルドア家族構成は、アルバスアバフォース、アリアナの5人である。そのうち死亡しており、現在でも生きているのはアルバスアバフォースのみである。

母親がマグル出身者であったためかつてはマグルとも交があった。しかしがマグル少年たちに暴行されてそれに昂した父親少年たちに復讐したため、その罪で父親はアズカバンに送られてしまう。さらに「マグルに危を加えた一家」というスキャンダルで今の場所には住み続けられなくなったことから、ハリーたちの住んでいた"ゴドリック"へ家族で引っ越してきたという経緯がある。

暴行されたからは精が不安定になり、感情の爆発と共に魔暴走する発作が起きるようになる。引っ越し後しばらくは母親介護していたが、後にの発作が再発して母親死亡、残されたダンブルドアとアバフォースの二人で面倒を見ることになる。

しかし、渡英してきた魔法使いゲラート・グリンデルバルドと意気投合したダンブルドアは、"死の秘宝"を探す事に中になって介護を放棄するようになり、それに反対していたアバフォースと対立するようになる。また、その対立中に発作が再発したが亡くなると、グリンデルバルドはイギリスから逃亡、アバフォースは怒りのあまりダンブルドアを素手で殴りつけて鼻を折させた。その後、二人残されたダンブルドアとアバフォースの仲は、全に断絶したわけではないものの不和が続いているらしい。

文字通りの意味で天狗の鼻をへし折られた優秀なダンブルドアは、その気になれば鼻の折くらい魔法で跡形もなく治せたはずだが敢えてそうせず、折れた鷲鼻のままとなった。かなる野望に中になり、の前にいた家族のことを何も見ようとしなかった、自分の傲慢さへの自かと思われる。

その後、ダンブルドアは校ホグワーツの教師として就任し、トム・リドルをホグワーツへスカウトしたり、ハグリッドを番としてホグワーツに残したりした。

1945年に闇の魔法使いとなって勢を拡大していたグリンデルバルドを決闘にて倒す。この時グリンデルバルドが持っていた"死の秘宝"の一つ「ニワトコの」の所有者となる。魔法界の歴史教科書などでは「グリンデルバルドを倒した」と記述されているが、かつて友人同士であった関係からか、グリンデルバルドは倒されただけで殺されてはおらず現在はグリンデルバルド自身が生み出した監にダンブルドアの手で収監されている。

その他

  • 現在でこそ義者として知られているダンブルドアだが、実は、かつてグリンデルバルドにされて魔法使いによるマグル支配を考えていた時期がある。がマグルに怯えずに堂々と歩け世界を作るためであったが、それは結果的にの死と家族の不和を招いた。それにより自分のやっていた事を心から後悔するようになり、以降は義へと転じた。
    • 魔法省大臣就任の推薦を幾度となく受けるもそれを固辞し続け、ホグワーツでの教職にこだわるのも、「かつて一度でも奢り高ぶった考えを持っていた自分のような者が、人の上に立つ資格はない」「自分のようにを誤る若者を少しでも減らすために、義を広める教育者として残る」という、自らへのめと決意によるものなのかもしれない。
      トム・リドルという生徒の聡明さと危うさに感付きながらも、結果的にその暴走を止められずに野に放ってしまったことへの責任感も、彼をホグワーツ校長に留めているのだろう。
  • 作者インタビューにより、ダンブルドアは同性愛者であることが知られている。闇の魔法使いリンデルバルドも、ダンブルドアの愛した相手の一人だという。(関連リンクを参照)

関連動画

ネタ・舞台裏

MAD・その他

MAD映像は「インタビューウィズヴァンパイア」のもの

関連商品

関連項目

関連リンク

この記事を編集する

掲示板

  • 150ななしのよっしん

    2021/05/18(火) 02:03:01 ID: hncFzlbdn2

    >148
    綺麗にしてからどうするんでしょうねぇ

  • 151ななしのよっしん

    2021/09/23(木) 12:08:10 ID: +aUwffEsch

    ただでさえ死後ホモやら言うほど人格者じゃないことを明かされたのに
    また秘密明かされるの可哀想すぎる

  • 152ななしのよっしん

    2021/12/20(月) 12:42:24 ID: x8wZOAl1v8

    ダンブルホモスリザリンの飾りつけ済んだンゴねぇ でも最後でグリパイアして飾り付け変えたろwww
    ダンブルホモ「あー毎年闇の魔術教師が続かないンゴ せや今年はポッターで釣ってっぱちの経歴持ちのロックハート雇ったろーwww
    今思えばこの辺で気づくべきやったんやろうけど当時は若くはぇーダンブルドアって人格者なんやなとか思ってた

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/24(月) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/24(月) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP