アルバン・ベルク単語

アルバンベルク

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アルバン・ベルク(1885~1935)とは、クラシック音楽のうち近現代に属する新ウィーン作曲である。

概要

ウィーンの中流庭に生まれた。1904年、19歳になったベルクシェーンベルクから音楽教育を受けるが、ベルクシェーンベルクに気に入られようとしてもうまくいかず、その師関係は常に緊状態にあったといわれている。

十二音技法を用いる新ウィーン3A、のひとりではあるのだが、作品自体は寡作であり、またワーグナーリヒャルト・シュトラウスからも多大なを受けており、較的聴きやすいものとなっている。

代表曲であるヴァイオリン協奏曲を作った後田舎に移り住んだが、虫刺されによる感染症で亡くなってしまい、オペラルル』は未完に終わった

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/24(土) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/24(土) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP