アルピニスタ単語

アルピニスタ

2.9千文字の記事
掲示板をみる(129)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アルピニスタ(Alpinista)とは、2017年生まれのイギリス競走馬である。

概要

FrankelAlwilda、Hernandoという血統。世界最強と名高い競走馬リステッド競走勝利している。ジョッケクルブ賞などG1を2勝しており、種牡馬としてSulamaniなどの活躍を輩出した。他にも祖母AlbanovaドイツG1を3勝している名であるが、その全Alboradaも英チャンピオンステークスを3歳・4歳時に勝利し連覇を達成している名。ちなみにでは歴代を見ても一の連覇である。
その実績から4歳時の1999年ジャパンカップに招待として選ばれ来日したが、故障により取消の憂きに遭いそのまま引退を余儀なくされた。
系はランウェイスタッドを所有するオーナーブリーダー、カーステン・ラウジング女史Alouetteから所有し育ててきた自生産の精髄であり、AlboradaやAlbanova、本もサーの称号を持つ名伯楽マークプレスコット師が手掛けている。

2歳(2019年)

7月18日、エプソム競馬場未勝利戦デビューして初勝利を挙げる。その後プレステージステークス(G3)は6着、オマール賞(G3)は4着という結果で2歳戦を終えた。

3歳(2020年)

7月20日のマダムジャンクチュリエ賞(L)で復帰して4着。2戦アップボンフィリーズステークス(L)で2勝を挙げる。連闘で挑んだヨークシャーオークス(G1)では後方から追い上げてLoveの2着とG1初挑戦ながら好走した。その後はパークヒルフィリーズステークス(G2)出走取消を挟んで、プリンセスロイヤルステークス(G3)2着を最後に3歳シーズンを終えた。

4歳(2021年)

4月30日デイジーウォリックステークス(L)で始動して勝利。その後はピナクルステークス(G3)に出走予定だったが出走取消、コロネーションカップ(G1)も出走取消となった。

仕切り直してランカシャーオークス(G2)に出走し、中2・3番手の追走から直線で外から抜け出して快勝した。

その後は祖母G1を制した地でもあるドイツに遠征し、ベルリン大賞(G1)に出走。1番人気は昨年の覇者ドイツの現役最強Torquator Tassoで、本は3番人気に推された。中はTorquator Tassoの直後でマークし、第4コーナーから捲り気味に仕掛けると息の長い末脚を発揮。遅れて伸びたTorquator Tassoに2身半差を付けてG1初制覇を果たした。

続いて再びドイツ遠征を行いオイロバ賞(G1)に出走。ドイツ最強Torquator Tasso完封したことから1番人気に推される。レースは大逃げしたを猛追し、残り2ハロン付近で先頭に立つと1身1/4差の勝利してG1連勝した。

更にドイツ暮れのバイエルン大賞(G1)に出走。ドイツG1を連勝したことやバーデン大賞・凱旋門賞を制したTorquator Tassoが休養に入ったこともあって圧倒的1番人気に推された。大外から理なく2番手を確保し、直線に入って先頭に立つと内で食い下がるを退け3/4身差で祖母と同じくドイツG1・3勝を果たした。

営は来年の現役続行を表明し、凱旋門賞標とする意向を明らかにした。

5歳(2022年)

当初はコロネーションカップで始動する予定だったが回避し、7月3日にサンクルー大賞(G1)からの始動となった。1番人気は昨年のアイリッシュダービーなどG1を3勝し、凱旋門賞でも3着に入ったHurricane Laneで、本は始動戦であったこともあり4番人気に留まった。レースでは後方3番手に控えて、直線に入ると先行の外から勢いよく末脚を発揮し、最後は1身1/4差で勝利し、G1・4連勝を果たした。

続けてヨークシャーオークス(G1)に出走。プリティーポリーステークスを勝ったLa Petite Coco、当年のオークスステークスの勝ちTuesday、アイリッシュオークスの勝ちMagical Lagoonらを相手に単勝2.75倍の1番人気に支持された。7頭立てのこのレースでは直線外から進出すると、先行するLa Petite Cocoと内から迫るTuesdayを退け、2着Tuesdayに1身差をつけて7連勝(G1・5連勝)とした。

今後の予定についてレース前は「状態を鑑みつつ、凱旋門賞への直行またはヴェルメイユ賞を間に挟むことを検討している」という談話があったが、翌日のインタビューでは凱旋門賞には直行を予定しているとられた。また、問題が起きた場合は速い馬場に適性があることからジャパンカップへの参戦も視野に入れていた。

凱旋門賞(G1)は、PMUオッズでは1番人気JRAオッズではタイトルホルダーに次ぐ2番人気に支持された。良馬場希望していたもののパリロンシャン競馬場馬場状態は生憎の重馬場であった。レースタイトルホルダー逃げを打ちBroomeがその後ろ、それらを見ながら好位5番手付近の内で競馬を進め、最後の直線で追い出したタイトルホルダーを楽な手応えのまま交わすと、Vadeniと後方から追い込んできたTorquator Tassoを抑えきって優勝航空機嫌い旅行嫌いのプレスコット師がパリロンシャンを訪れるくらいの気合が入った勝負仕上げに応え、G1・6連勝で凱旋門賞を制した。5歳凱旋門賞制覇は1937年Corrida以来85年ぶりの快挙となった。

凱旋門賞の後はジャパンカップに予備登録を行い、プレスコット師も来日に対して意欲的な姿勢を見せていたが、ジャパンカップの17日前の11月10日に頓挫があったため引退することが発表された。通算成績は15戦10勝(G1・6勝)となった。

血統表

Frankel
2008 鹿毛
Galileo
1998 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Urban Sea Miswaki
Allegretta
Kind
2001 鹿毛
*デインヒル Danzig
Razyana
Rainbow Lake Rainbow Quest
Rockfest
Alwilda
2010 芦毛
FNo.9-c
Hernando
1990 鹿毛
Niniski Nijinsky II
Virginia Hills
Whakilyric Miswaki
*リリズム
Albanova
1999 芦毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Alouette Darshaan
Alruccaba

クロスNorthern Dancer 4×5×5×5(15.63%)、Miswaki 4×4(12.50%)、Lyphard 4×5(9.38%)

9代Mumtaz Mahalを祖とする系に属しており、Alborada以外で一番近いところだと6代Nucciolinaの子孫であるワールドクリークスマートファルコン兄弟や*アラムシャーらが近にいる。

関連動画

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/04(日) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/04(日) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP