アルファロメオ単語

アルファロメオ

2.7千文字の記事
掲示板をみる(41)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アルファロメオ(Alfa Romeo)とはイタリア自動車メーカーである。

概要

アルファロメオ(Alfa Romeo)はイタリアミラノで1910年に設立された自動車メーカーである。1986年フィアットグループに吸収され、2007年よりフィアットグループの一部門として独立、社名はAlfa Romeo Automobiles.となる。

経営危機に喘ぐフランス・ダラック社のイタリア工場、「ダラック・イタリアーナ」をミラノの起業集団が1910年に買収して設立した A.L.F.A. (Anonima Lombarda Fabbrica Automobili - ロンバル自動車製造株式会社)が祖になる。

創業地であるミラ章の地にい十字と、かつて都市国家であった時のミラノの支配権を確立したヴィスコンティ家紋サラセン人をみ込むを組み合わせたエンブレム、それを頂くを表現したフロントグリルを特徴とするが、初期のエンブレムには「ALFA MILANO」と刻まれていた。

1918年にナポリ出身の実業ニコラロメオNicola Romeo)が同社を買収しアルファ・ロメオとなる。

初期から様々な自動車レースで実績を積み重ね、スポーティクルマ作りにした自動車メーカーとして知られる。イタリア最王手フィアット下にあってブランドイメージを崩さずスポーツカーの開発・生産を行っている。

そのサウンドやフィーリングは「スポーツカーのお手本」とも言われ、「アルファに乗るまではクルマ好きとは言えない」とするも多い。

またエンブレムはアルファロメオの歴史に置いて周りに刻まれる文字や装飾など変化していっているが中心のミラ章とは変わらない。

主な車種

クーペ、オレンジはハッチバックセダンステーションゴン

現行車種

生産終了車種

モータースポーツ

アルファロメオ本体の経営危機に際して何度も参戦、撤退を繰り返しているが、1920年代よりモータースポーツにも参加する古としても知られる。

F1 第1期(1950・51)

F1世界選手権となった初年度の1950年に参戦し、開幕戦、最初のレースジュゼッペ・ファリーナの手により優勝を果たしている
ファリーナはその年のチャンピオンにもなった(当時はコンストラクターチャンピオンはかけられていなかった)。

翌年には、アルファロメオから独立したフェラーリグランプリを席巻するようになるが、ファン=マヌエル・ファンジオの手でチャンピオンを手にした。
しかし資難に陥り、この年限りでF1から一度撤退した。

F1 第2期(1976〜88)

1976年には水平対向12気筒エンジンのサプライヤーとして本格復帰、供給先のブラバムでは1978年ニキ・ラウダの手で優勝した。

1979年からはコンストラクターとして本格参戦、V12エンジンの後に一のV8ターボエンジンを採用しポールポジションを2度獲得するものの優勝はできず、アルファロメオ本体が経営危機に陥った1985年コンストラクターとしては撤退してしまう。
エンジンの供給は1988年ターボ禁止まで続いた(1987年からはオゼッラ独自で開発)。 

F1 第3期(2019〜)

2018年からザウバーF1チームタイトルスポンサーとなり、翌19年からネーミングライツを取得し「アルファロメオ・レーシング」としてF1に参戦している。
組織としてはザウバーF1チーム(→サウバーモータースポーツAG)を引き継いでおり、本拠地もスイスのヒンウィルのまま、チーム籍の登録も引き続きスイスでされている。

上記のようにチームの名称こそアルファロメオだがスイス色を色濃く残しているチームであり、マシンにはSchweizドイツ語)、Suisseフランス語)、Svizzeriaイタリア語)とスイスで使われている3つの公用語で「スイス」と書かれている。

パワーユニットザウバーF1チーム時代から引き続きフェラーリから供給を受けている。

在籍したドライバー

ツーリングカーレース

フィアット下になった後、ツーリングカーレースへ本格参戦を果たした。

特にドイツツーリングカー選手権DTM)では、地元のメルセデス・ベンツBMWに殴り込むように参戦、1993年にはアルファロメオ・155 V6 Tiを駆るニコララリーニがドライバーチャンピオンを獲得、アルファロメオもマニュファクチャラーチャンピオンとなった
その後同選手権はツーリングカー選手権(ITC)へと発展しアルファロメオも引き続き参戦したが、コストの高騰を理由に参戦数が減し1996年限りで選手権自体が終了してしまう。

その後しばらくモータースポーツ活動を行なっていなかったアルファロメオだが、2000年からイタリアのレーシングチーム、N.テクノロジーマシン156ベース)を供給する形でヨーロッパツーリングカー選手権(ETCC)に参戦した。
2000年から2002年にかけてファブリツィオ・ジョヴァナルディが3年連続でチャンピオンを獲得、翌03年はブリエーレ・タルクィーニがチャンピオン、マニュファクチャラーでも2000年〜02年の3年連続でチャンピオンとなりシリーズを席巻した。

2005年からはETCCを発展的に継承した世界ツーリングカー選手権(WTCC)に引き続き参戦し、ETCC時代ほどの勢いはかったが、2007年限りで参戦を終了するまでの3年間で14勝を挙げている。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/28(金) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/28(金) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP