今注目のニュース
京都人は腹黒、大阪人はツンデレ? 関西人の「見た目と中身」描いたイラスト話題
令和おじさんは「3000円パンケーキ」が大好物 菅官房長官の「金銭感覚」に賛否両論
イギリスの大家族、20人目で「最後」のはずが…母は22人目を妊娠中<動画あり>

アルフレット・グリルパルツァー単語

アルフレットグリルパルツァー

  • 2
  • 0
掲示板をみる(57)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アルフレット・グリルパルツァーAlfred Grillparzer)とは、アルメントフーベル系第二惑星における造山活動および大陸移動の相互関係を明する極地性植物分布に関しての一考察の著者。
小説OVA銀河英雄伝説」の登場人物で、担当声優崎伸夫(2期)、咲野俊介(3期以降)。 

概要

原作初登場時、銀河帝国大将黒髪青年提督。艦隊旗艦は<エイトラ>。
ヘルムート・レンネンカンプの幕僚からラインハルト・フォン・ローエングラム揮下の艦隊指揮官となった、大本営直属の新進気鋭の若手提督の一人。武人肌の帝国軍高級将校の中では例外的に学術面にも通じており、特に地理学方面に意趣が深く、帝国地理博物学協会の会員でもあったことから「探検提督の異名がある。

文武に均整のとれた俊秀で同僚ブルーノ・フォン・クナップシュタインとともに次代の双璧され将来を嘱望されていたが、その野心によって自ら獅子の友となるを閉ざした悲劇の秀才であった。

経歴

新領土総督府軍への所属まで

旧王時代、ラグナロック作戦まではレンネンカンプ艦隊の幕僚を務めていた。レンネンカンプが同盟高等弁務官に転任した際、その艦隊を二分してそれぞれクナップシュタインと再編成し、皇帝ラインハルトの直属に移った。原作での初登場はレンネンカンプの死後だが、OVAではラグナロック陽動作戦において少将・参謀長として登場している。

艦隊官として初の出戦は第二次ラグナロック作戦においてのもので、第二ミッターマイヤー元帥に続く部隊としてクナップシュタイン艦隊と並んで第三を固めた。マル・アデッタ域の会戦では、前衛として同盟艦隊の取る回廊に侵入したものの、恒星によって算を乱したところを老練ビュコック元帥揮する同盟軍に痛打を浴びて約三割の戦を失い、回廊入り口まで後退して先クナップシュタインに譲ることとなった。も、そのクナップシュタインビュコックの前に為す所く翻弄され、戦局に有為を与ええずに終わってしまっている。

回廊の戦いには不参加。
その間は戦後新領土総督職が内定していたロイエンタール元帥の着任までの間、旧同盟首都ハイネセンの警備の任にあり、事職務を全うしている。その後はそのまま新領土総督府に所属し、クナップシュタインともどもロイエンタールの麾下に入った。

ロイエンタール叛乱事件における背信

しかし、ロイエンタール元帥叛乱事件において、彼は己の野心と平和の到来への焦慮から「はでな武勲」を欲しを踏み外す事となる。ウルヴァシー事件の調によって発見した地球教関与の拠を隠蔽してあえてロイエンタールの叛乱に加担し、さらに来るべき決戦のさなかに再び旗を変えて皇帝の下に戻ることで巨大な武勲を立てようと謀ったのである。彼は僚友クナップシュタインを誘って同調させ、第二次ランテマリオ会戦に赴いた。

帝国軍の双璧」たるロイエンタールミッターマイヤーが相撃ったこの戦いで、確かに彼はその才を尽くして奮戦した。
ロイエンタールを裏ぎる好機を狙いながらも自らが最前線で猛攻を受ける身であったために果たせず、むしろ己が戦死しないために最前線にあって「疾風ウォルフ」の攻勢を防ぎ通すはめになったのである。その間に同調者クナップシュタインまでもが戦死し、降伏も考えたものの実行しようとした途端に折悪しくロイエンタールが援護を送ったためにそれも断念せざるを得なかった。そしてロイエンタールは戦況不利を悟り、撤退を始める。

12月7日、彼は猛追するミッターマイヤー艦隊がロイエンタール艦隊を射程に収めたのを見て取り、好機と見た。そしてついに、をさかしまにしてロイエンタール艦隊を攻撃するよう命じたのである。しかし彼の艦隊にとってもその命想定外のものであり、皮にも故クナップシュタインの部下らによる猛反撃を浴びることとなった。結局彼はロイエンタールに重傷を負わせたものの自身の艦隊にも大きな損を受け、そのままワーレン艦隊に投降した。

その後、エルネスト・メックリンガー上級大将によるウルヴァシー事件の再調によってグリルパルツァーの背信の影にあった事情が判明すると、メックリンガーはグリルパルツァーを呼び出して弾劾した。皇帝ロイエンタールと、二重の裏ぎりを責められた彼は抗弁を試みたが、それも徒労に終わった。

「裏ぎりによって勝つことなど、皇帝がお望みになると思うか!」
「いや、そう思ったからこそ、卿はロイエンタール元帥を裏ぎったのだな。ねずみの知恵は、獅子の心を測ることは出来ぬ。卿もついに、獅子の友となりえぬ男だったか」

彼は階級を剥奪され、自裁を命じられた。30にも満たぬ年での、失意の死であった。 

能力と評価

その人生の最後における最悪の背信によって全てを否定されてしまったものの、本来は前述したとおり「次代の双璧」とされる優秀な人物であった。においても義においても、他者から非難されることは稀であったし、学者としても大成を期待されていた」というのがその評価である。

彼は堅実な戦術であったレンネンカンプ陶厚く、年齢にしても十二分の評価を受けていた。その才はラインハルトにも認められており、「次代の双璧」という評価も、皇帝が彼と僚友クナップシュタインをして、帝国軍の重鎮となって前線揮を取りにくくなった「帝国双璧」に代わる存在とせんとしたためのものである。事実、マル・アデッタ域会戦では痛打を受けて回廊を脱出したのち、間入れずに回廊入口付近に半包囲の体制を取って迎撃の準備を整えたのはそのの一端を示したものであり、OVAではバイエルラインに賞賛されている。

学術面では優秀な地理学者で、冒頭で紹介したアルメントフーベル系第二惑星における造山活動および大陸移動の相互関係を明する極地性植物分布に関しての一考察によって帝国地理博物学協会の会員たるの資格を認められている。カール・グスタフ・ケンプの葬儀直前にその報を受けた彼はそのままトイレに駆け込んでも居ないことを確かめてから一通り歓喜し、落ち着きを取り戻してから葬儀に出席したという。ちなみに、このシーンOVAではレンネンカンプの葬儀直前に変更されている。

これら「探検提督」としての才も諸将の認めるところとなっており、ミッターマイヤーバイエルラインに対しグリルパルツァーの文武両を見習うように諭したこともあったほどである。「芸術提督メックリンガーも彼の学者としての将来を期待し、背信を弾劾した後も惜しんでいた。

性格と交友関係

この時期の大将以下の将官に見られる自己過信の癖は彼にも存在し、マル・アデッタ域会戦に際しても皇帝に対し過剰に戦闘を使嗾する大言壮が見られた。また、新領土総督府の麾下に入って以後は、皇帝直属部隊の出身故にクナップシュタインともどもロイエンタール艦隊の幕僚であった閲監ハンス・エドアルド・ベルゲングリューンに反発する姿勢を見せたが、ロイエンタールに諭され引き下がっている。

ロイエンタール元帥叛乱事件の際は、功績を立てる場がくなりつつあることへの焦りから二重の裏ぎりという陰謀を企んだことで卑劣な背信者としての後世の評価を定め、ロイエンタールにも「小才子」と罵倒されてしまう。彼の陰謀に同調しながらも実行する前に戦死したために名誉を保ったクナップシュタインとはまったく正反対の終わりであった。

そのクナップシュタインとは、本物の「帝国双璧」とは違い友情関係ではなくライバル同士であった。
互いにを認めてはいたものの、友人としてよりむしろ競い合う同格者として考えていた節があり、清教徒的な廉直さを持つクナップシュタインの人柄をさほど評価していたようではなかった。陰謀への同調を教唆した時など、クナップシュタインを軽く小馬鹿にするような口ぶりで脅し、同調を約束させている。

ちなみに、OVAでのこの場面ではクナップシュタインの自室を回って盗聴器を仕掛けられていないか確認する姿が描かれており、彼の微妙な注意深さを垣間見ることが出来る。こういう細かい描写があるから凄いんだよこのOVA

関連動画

アルフレット・グリルパルツァーに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

ニコニコ大百科における当該人物に関連する人物・事象および物語の流れとの相互関係を証明する記事作成活動に関する関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/21(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/21(月) 22:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP