アルマジロ単語

アルマジロ

  • 3
  • 0
掲示板をみる(23)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アルマジロとは、アルマジロ科の生物の通称である。実在動物

曖昧さ回避

概要

ココノオビアルマジロアルマジロのスペイン語で、「武装する小さなもの」を意味するarmadoから取られている。アルマジロ科に属する全20種類が丸くなれるとよく勘違いされるが、実際に丸まれるのはミツオビアルマジロとマタコミツオビアルマジロの2種だけである。

背中に鱗甲(りんこうばん)と呼ばれる堅い鱗状の甲羅のようなものを持っており、丸まる事でこの鱗甲を展開。強な防御を発揮する。その堅さたるや、弾を弾き返すほど。当然、敵の牙も受け付けない。この自然界にあるまじき防御を以って外敵から身を守る。ただこの鱗甲は非常に重く、機動性が犠牲となっている。さすがに幼少期は鱗甲が発達しておらず、敵に装甲を貫通されて捕食されてしまう。逆に丸まれない他のアルマジロ科は、逃げ込む事で外敵から逃れる。敵はジャガーピューマオオカミなど。しかし丸まれるアルマジロ科は凄まじい防御を持っているため助かるケースが多い。

ブラジルなどの中南に生息。最近では北アメリカ大陸でもよく見掛けるようになっている。温暖な気を好み、熱帯原、砂漠などに生息している。夜行性で、間は住処となるの中で18時間ほど寝ている。になると外に出て、鋭敏な嗅覚でエサを探す。地中20cmに潜む小さな獲物をも感知できる。前肢に丈夫なを持ち、地面を掘って果実や木の根、トカゲなどの小動物昆虫を食べる。ヒアリまで食べてくれるので人類にも有益な面を持ち合わせている。ごくまれにや死を食べる。寿命は8年から12年ほど。飼育下では20年以上生きた例も。アルマジロは群れず、単独で生活する。泳いだり、山に登ったり、ジャンプしたりと意外と身体が高い。また酸素を取り込む独特な体をしており、水中でも6分間息を止められる。これを活用して底や池を歩いて渡り、逆に歩けない時はや腸を膨らませて浮を確保し、面に浮かんで渡河する。器用なヤツである。適応も高く、森林原だけに留まらず郊外住宅街にも生息可。メスは生後わずか1年で交尾となり、1年のうちに4匹を産むので繁殖にも長けている。冬眠はせず、ほぼ1年に渡って活動している。

原産地の南アメリカではアルマジロを食す文化があったり、甲羅をチャランゴという楽器材料にしたりするなど身近な生物として認知されている。アルマジロ科は中南にしか生息していないが、ココノオビアルマジロのみ中南外へ生息域を広げている。一部の個体がアメリカ合衆国に進入し、1880年代のテキサス州で最初の生息が確認された。その後も生息域を広げ、サウスカライナ州やイリノイ州でも確認されるように。ココノオビアルマジロの流入は、地球温暖化による気温上昇や敵不在の環境が原因とされている。このようにアメリカ合衆国でも相当数が生息していて、ペットとして飼育されたり、テキサス州の動物定されたりしている。個体数が増加し続けているため、狩猟としている州もある。駆除の際はショットガンを使用する事を推奨している。余談だが、保安官が拳銃で駆除しようと発したところ、鱗甲に跳ね返されて義に命中した例が確認されている。義は一命を取りとめ、アルマジロは衝撃で死亡していたとか。

近年ではペットとして飼われることもあり、アメリカではメジャー愛玩動物となっている。日本でも特に条約で禁止されていないので、一般庭でも飼う事が出来る。値段はおおよそ30万円から50万円ほど。意外にも人に懐き、のように甘えてくるという。室内で飼うとを掘ろうとして床をボロボロにしてしまうので対策が必要。また温暖な土地に住んでいるので寒さに弱い。ちなみにアルマジロは、人間以外でハンセン病に患する一の動物ハンセン病の研究にも用いられている。

関連動画

 

関連商品

  

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/10/20(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2020/10/20(火) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP