今注目のニュース
“JK社長”椎木里佳が授業態度を批判されて逆ギレ「私語は個人の自由」
O型は血を吸われやすいは本当だった。なぜ蚊に刺されやすい人と刺されにくい人がいるのか?8つの科学的理由
【神対応】車通りの激しい通りでお婆さんの家から脱走し、呼んでも戻ってこない子犬。しかし偶然居合わせたライダーのナイス対応で無事捕獲!

アレックス・リンス単語

アレックスリンス

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アレックス・リンスexitとは、スペインカタルーニャ州バルセロナ出身のオートバイレーサーである。


1995年12月8日生まれ。

2012年よりMotoGPmoto3クラスへ参戦を始めた。
わずかキャリア2戦にしてヘレスサーキットで予選最速タイムポールポジションを獲得した。
2013年moto3クラスランキング2位
2014年moto3クラスランキング3位。

2015年moto2クラスへ移動、ランキング2位
2016年moto2クラスランキング3位。

2017年からスズキワークスで最大排気量クラスに参戦している。

ゼッケン、ヘルメット、本名

ゼッケンは42番を使っている。42insと表示するのが好みのデザインexit4がA、2がRに見える気がする

レースを始めた6歳のころは14番を使っていて、これはこれで好みの番号だった。
9歳の頃に気分転換で24番に変更した。
13歳の頃、24番を使うライダーが他にいる選手権に参加するとき、42番に変更した。
14歳の頃はゼッケン24番に戻したが、42番を使っていた時の方が幸運が続いた気がしたので、
15歳の頃に42番に戻し、そのまま現在まで続いている。

moto3クラス時代はよく見てみるとゼッケン4.2になっているexit。これは所属するチーム
スポンサーが「Estrella Galicia 0.0exit」だったから。

moto2クラス時代はゼッケン40番だったが、これは所属するポンス・レーシングスポンサー
Los40というラジオ局exitで、ゼッケン40番を強制してくるスポンサーだったからである。

ヘルメット2011年から2013年までSHOEI2014年から2016年までイタリアSuomy、
2017年からはイタリアのX-liteイタリアのNolanのブランド)と契約してきた。

ライダースーツマークでおなじみのアルパインスターズ契約している。

好みの色はオレンジ色で、あらゆるファングッズにオレンジ色が塗られるexit

本名はAlejandroスペイン読みだと多分アレハンドロになるだろう)。
 

the 42 bakery

ヘルメットの正面に「the 42 bakery」と書いてあるexit意味は「42番のパン屋さん」

ヘルメットの頭頂部にはスズキのSマークがついたパンが描かれているexit

ヘルメットの側面部分はこうなっているexit。もう少し拡大した画像はこちらexitで、
スズキワークススタッフパンを作り、それをアレックスが食べるという内容の絵だと分かる。
描いたのは藤原らんか。

なぜパン屋さんという題材になったかの詳細は不明。

the 42 bakeryのInstagramアカウントがあるexit

リンファンクラブパンを用意している画像もある。画像1exit画像2exit


ちなみに2018年日本GPのヘルメットデザインthe 42 SUSHI BARexitとなった
頭頂部exit寿司になり側面部exitではスズキワークススタッフ寿司を握っている
 

ライディングスタイル

綺麗で上手、器用な技巧ライダーである。

ブレーキをガツーンと掛けたりアクセルをドーンと開けたりして攻めまくる、というスタイルではない。
攻めすぎずに綺麗に走って上手くまとめて好成績を残す、というスタイルである。

2016年のインタビューexitで「ホルヘ・ロレンソの乗り方を参考にしている」
スムーズに乗るようにしている」とっている。ヤマハ時代のロレンソは技巧筆頭格なので、
アレックス・リンスも技巧とみてよい。

G+の解説でおなじみの青木拓磨さんがデビュー当時から「ライディングが綺麗だ」と絶賛していた。
2013年サンマリノGPのときなど「上手ですね~」「うまい!」とべた褒めしている。

元二輪レーサーという人種子どもの頃から極めつけの負けず嫌いであり、それゆえ、
なかなか現役ライダーを褒めない。青木拓磨さんもその例に漏れず、なかなかライダーを褒めない。
そんな彼がしいことに絶賛しているのであった。

青木拓磨さんが熱心に褒めていたのはマーヴェリック・ヴィニャーレスとアレックス・リンスの2人だけで
この2人の行く末がどうなるか注される。


パッシングかに迷惑を掛けることも少なく、クリーンライダーだと言える。

「わずかキャリア2戦ヘレスサーキットにて予選最速、ポールポジション獲得」というのは
彼にとって生涯の勲章になるだろう。
ヘレスサーキットMotoGP御用達のテストコースで、MotoGPライダー全員が若い頃から
走り込んでいるサーキットであり、みんな速く走ることができる。
ヘレスサーキットで抜きん出た走りをするとMotoGP関係者全員が注するほどである。
そのヘレスサーキットでキャリア2戦ポール、これは伝説的な偉業と言っても良い。


すこし怪が多いのが難点といえば難点だろうか。毎年のようにどこかを折している。
2017年は第3戦練習走行で転倒折し、5戦を欠場、ルーキーイヤーの大事な学習期間を失ってしまった。

アレックスSNSにはMotoGP御用達外科医ハヴィエル・ミール先生exitがしょっちゅう出てくる。
ミール先生も「またか」と思っていることだろう。画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit画像5exit
 

コーナーリング最中に、外側の足を外に向ける

コーナーリング最中に外側の足をグッと踏み込まず、軽い踏み込みにして、先が外に向くことがある。
この画像exitを見ても、あまり強く踏み込んでいないことが分かる。

靴がぴょこんと外に飛び出ているようで、見ていて面い。画像1exit画像2exit画像3exit

これはリアタイヤを適度に滑らせるために行っているらしい。

2014年moto2クラスチャンピオンを獲得したティト・ラバトが、外側の足を外していた。
この動画はツインリンクもてぎの1コーナーの画像であるexit
右に曲がっていくとき、左足を全にステップから外している。
この走りにマーヴェリック・ヴィニャーレスやアレックス・リンスが影を受けたようである。
 

成績の良いサーキット、巡り合わせが悪いサーキット

2014年インタビューインディアナポリスモータースピードウェイが好き、
ブルノサーキットバレンシアサーキットが嫌い、とコメントしている。

とはいえ、ブルノバレンシアの成績はそれほど悪くなく、むしろ良い。

サーキットオブジアメリカズという高難易度コースで2勝を挙げていて、技量の高さをわせる。

どのサーキットもしっかり好成績を上げている印がある。

最近のInstagramの質問コーナーフィリップアイランドサーキットが好きと答えていた。


あまり巡り合わせがよくないのはツインリンクもてぎである。
2013年は最終コーナーでハイサイド転倒exitランキング1位に上がるはずがランキング3位に落ちる。
2016年は3コーナーで転倒exit戦前は1ポイント差のランク2位だったが戦後21ポイント差に広がる。
このどちらもシーズン最終盤で、チャンピオン争いに深い影を与えてしまった。
 

レース前は神経質になる

レース決勝が開催される日曜日はとても不安になり、神経質になってしまう、
自分をコントロールするのが大変だとインタビューで答えている。

その発言の通り、レース前の表情も神経質な感じである。
 

シト・ポンス、リンスにお小言を言う

2016年シーズンのアレックス・リンスは好調でヨハン・ザルコチャンピオン争いをしていた。

このときリンスはポンスレシングに所属していて、監督シト・ポンスexitだった。

そのシトポン監督2016年7月ドイツGPのとき、マニュエル・ペチーノexit(名物記者)に
マーヴェリック・ヴィニャーレスとアレックス・リンスを較するとしたら、とかれこう答えている。

「どちらも良いライダーですよ・・・良いライダーなんですが」

「(言いにくそうに重苦しい雰囲気で)ただね、アレックスは集中できていないんです。」

「マーヴェリックサーキットに来た時点で集中できていて、すんなり速く走ることができる。
一方アレックスは集中を高めて、それから速く走る。マーヴェリックよりもワンテンポ遅いんです」

「(堰を切ったように怒濤の勢いで)だから私はアレックスに言ったんです。
サングラスだのTwitterだの、そういう下らないことを全て忘れて、ザルコのことにだけ集中しろと。
起きたらザルコのことを思い出せ、トレーニングするときもザルコのことを思い出せ、
を見たらザルコの幻影が見えるぐらいになれと言ったんです。そうやってチャンピオンというのは
勝ち取るものなんです。寝ても覚めてもライバルのことを考える、これが大事なんです。
最大排気量クラスに移ったら簡単にはチャンピオンを獲れないかもしれません。しかし今は
手の届くところまでチャンピオンの座に近づいているんです。全ては彼次第なんです」

シト・ポンスは1988年と1989年に250ccクラスチャンピオンを獲得している国民的英雄exitである。
その彼が言うのだから間違いのないことだろう。





ただ、先述のようにアレックス・リンスはかなり神経質でナーバスになるという性格である。
レース決勝が近づけば近づくほど不安な精状態になるという心配性の性格なのだ。
自分の性格を3つの言葉で示してくださいと言われたとき、不安(uneasy)、神経質(nervous)とまず答えて、その後迷ってから、善良(good)と答えているexit

サングラスTwitterのことを考えさせてリラックスさせてやるべきだという考え方もあるだろう。
 

エミリオ・アルサモラと決別、犬猿の仲になる

エミリオ・アルサモラexitにはMotoGPデビュー以前から世話になっていた。
2014年までマネージャーを務めてもらっている。

しかしながら2014年シーズンを最後にエミリオ・アルサモラと決別し、新たなマネージャーを雇った。

現在、アレックス・リンスとエミリオ・アルサモラは口も利かない間柄になっている。

これはなぜかというと、2014年シーズンの終盤に、アルサモからさんざん
アレックス・マルケスのサポートをしろ!」と言われたからであった。
アルサモマルク・マルケスアレックス・マルケ兄弟マネージャーでもあり、
アレックス・リンスよりもアレックス・マルケスへの情を優先するタイプであった。

このことにリンスは大変な不快感を覚えたらしく、エミリオ・アルサモラと決別したのである。

ミリオ・アルサモラはEstrella Galicia0.0と関係が深いので、リンスはそのチームからも離れ、
シトポン監督のいるポンスレシングに移った。

アレックス・リンスは将来レプソルホンダに移籍することはないだろう、と言われるのもこのためで、
ミリオ・アルサモラがマルク・マルケスマネージャーとして自由に出入りするレプソルホンダ
アレックス・リンスにとってまさに敵地であり、近寄りたくもない場所なのである。
 

好きなスポーツ、トレーニング

学生時代は数学が苦手で体育が得意だった、と答えている。

スポーツはどれもこれも好きで、場はクロスカントリースキーexitインラインスケートを楽しむ。
自転車トレーニングexitも大好き。ジェットスキーexit水泳exitサーフィンexitカヌー、ラケットボール
サッカーexitバスケexitテニス・・・何でもこなすスポーツ青年
 

モトクロス、ダートトラック、スーパーモタード

モトクロス凹凸のある土の路面をジャンプしながら走る競技)、
ダートトラック坦な土の路面を走る競技)、
スーパーモタード(舗装路面8割・土の路面2割のコースを走る競技)の全てを積極的に行っている。

カタルーニャサーキットすぐ隣のこの場所exitにあるロコス・ランチ練習をすることが多い。
モトクロスダートトラック練習できる。画像1exit画像2exit画像3exit

彼の自宅があるアンドラ公国からだいぶ離れたこの場所exitにあるアルカラサーキットへやってきて、
スーパーモタードダートトラック練習をすることもある。画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit

彼の自宅があるアンドラ公国から相当に離れたこの場所exitにあるモーターランド・アラゴンに来て
そこで練習することもある。画像1exit画像2exit画像3exit
 

トライアル

トライアル(岩などの障物をよじ登る競技。こんな感じの競技exit)にも挑戦している。

トライアルは、MotoGPの走行とは違ってかなり筋を要される。全く別の種類の競技と言える。
だから、トライアルに挑戦するMotoGPライダーは少ないのだが、アレックスは積極的である。
インタビューではトニー・ボウが好きだと答えている

いくつかトライアル練習の画像が上がっている。画像1exit画像2exit

トライアルを見に行くのも好きらしい。画像1exit画像2exit
 

自転車

自転車トレーニングの画像も山のように上がっている。

GIANT自転車が好きで、ずっと使っている。同社は台湾企業画像1exit画像2exit画像3exit
 

ジム、体力測定

ジムにも積極的に通っている。

行きつけのジムは、自宅から近いこの場所exitにあるアニョスパークリゾートホテルジム
このホテルにはジムプールテニスコートなど何でもっている。画像1exit画像2exit


測定も定期的に行っている。
バルセロナ近郊にありホンダライダーがやってくることで有名なCARサン・クガで測定したり、
アンドラ公国この場所exitにある20+センターで測定したりする。

CARサン・クガ20+センターも本格的な機械を使って測定している。画像1exit画像2exit

この画像exitで唐突にホルヘ・ロレンソが「この画像は人を欺くものだ。本物はあまり強くない」
コメントしていて面い。
 

友人

アレックスは社交的なナイスガイで、交友関係が広く、多くの人がSNSに出てくる。

一緒にトレーニングする同年代のライダーは、アルベルト・アレナスexitガブリエル・ロドリゴexit
ファビオ・クアッタハッホexitなど。画像1exit画像2exit画像3exit

2014年頃までジャック・ミラーと親しかった。画像1exit画像2exit
2014年moto3クラスジャック・ミラータイトルを争うアレックス・マルケスを助けろと示され、
そういうレースをする。そのため一時はジャックから口をきいてもらえなくなったらしい。
2018年には既に関係が修復しているexit


なんとあのトニー・ボウexitと一緒にトレーニングする画像がある。画像1exit画像2exit画像3exit
トニー・ボウはトライアル世界選手権を12連覇している人。

ホルヘ・ロレンソとの画像も上がっている。画像1exit画像2exit画像3exit

アレイシ・エスパルガロポルエスパルガロとの画像も上がっている。画像1exit画像2exit

ヴァレンティーノ・ロッシトレーニングコースに呼ばれたことがある。画像1exit画像2exit


エドゥ・ヴィロドレ(Edu Villodre)という人もしばしば出てくる。画像1exit画像2exit画像3exit
この人は2017年からレプソルホンダダニ・ペドロサの手伝いをしていた。この画像exitの一番右にいる。
 

家族・マネージャー

父親

ほとんど毎戦サーキットにやってきて息子応援する。

TwitterexitInstagramexitアカウントを持っている。いくつか画像があるのでリンクを貼っておきたい。
画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit画像5exit画像6exit画像7exit


2013年moto3クラス終戦は上位3人のライダーポイント差5以内にひしめく中で行われた。
この大一番にも当然やってきていて、特集ビデオの中で5回も登場している。
画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit画像5exit

こちらの動画exit2013年開幕戦カタールGPに駆けつけたときのもの。
隣にいるのはマルケ兄弟父親のフリア・マルケスさん。どちらも落ち着きゼロ

息子が3位以内に入ると、パルクフェルメにやってくる。画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit


ファンクラブ動画インタビューに応じているexit

もともと工事の会社に勤めていた。アレックスが小さいときに退職して、会社をしたという。
 

母親

スペイン夫婦別姓なので結婚した後も旧姓を名乗り続ける。
アレックス・リンスの正式な名前は両親の姓を受け継いだ「アレックス・リンス・ナヴァーロ」となる。

略称はヴィキーVikyファンクラブ動画のインタビューで、その名前が出ているexit

日本において母の日5月第2日曜日だが、スペイン母の日5月第1日曜日である。
5月第1日曜日というとスペインGPが開催されるのが近年の恒例となっている。
ヴィクトリアさんも2016年スペインGPにやってきていたexit



TwitterexitInstagramexitアカウントがある。誕生日1月11日
2018年10月のツィートexitで「まだ未成年なんです」と喋っている。スペインの成人年齢は18歳なので、
2001年1月11日生まれか、2002年1月11日生まれか、その辺なのだろう。

アレックスSNSに出てくる。画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit画像5exit

親父SNSに出てくる。画像1exit画像2exit画像3(ホルヘ・ロレンソと映っている)exit
画像4(昔レースをしたことがあるらしい)exit

ファンクラブ会長

ファンクラブ動画のインタビューで登場するexit

ラファエルかまたはアレックスにとって伯母さんもしくは叔母さん」であると思われる。
スペイン結婚しても旧姓を名乗り続けるので、生涯リンス姓のまま。

Twitterアカウントがあるexit

マネージャー

契約交渉の代理人で、アレックスに何か商談を持ちかけたいならディエゴに話しを通す必要がある。

アレックスSNSにしばしば登場する。画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit画像5exit

アルメリア大学卒。大学では経営学を学んだ。
この場所exitにあるアルメリアサーキットの経営を2000年から2008年まで務めた。
2010年からmoto2の名門ポンスレシングの経営の一を担当する。
2015年アレックスポンスレシングに入団したので、そのとき知り合う。
それ以来、アレックスマネージャーを務めている。
2017年からはポンスレシングから離れ、アレックスマネージャーに専念することになった。

TwitterexitInstagramexitアカウントがある。
 

ゆかりの土地、住所

アラゴン州ヴァルデアルゴルファ

アラゴン州テルエルのヴァルデアルゴルファexitに親戚が多い。アレックス方の祖が住んでいる。

2018年ラゴンGPのとき、G+で宮城さんが
「アラゴン州にはアレックスのお爺ちゃんが経営する『42oil』というガソリンスタンドがある」
という情報視聴者提供していた。そのガソリンスタンドヴァルデアルゴルファ南郊のここにあるexit
画像欄exitを開いてみると、『42oil』の看アレックスロゴと同じ。

このは人口わずか700人であるが、お祭りの時は民族衣装を着る人も出て昔ながらの風景になる。
アレックスがそのお祭りに参加している動画があるexitスペインらしく、爆竹・花火が出てくるexit

後半でアレックスも民族衣装を着ているexitTwitterにもその画像がある。画像1exit画像2exit
この民族衣装はアラゴン州のもので「バトゥーロexit」という。


モーターランド・アラゴンにとても近くexit、直線距離で18kmしか離れていない。

アレックスモーターランド・アラゴンスーパーモタードトレーニングをする事が多いのはこのため。
サーキットトレーニングしたついでに親戚・友人に会いに行くのだろう。
画像1exit画像2exit画像3exit
  

バルセロナ

アレックスカタルーニャ州バルセロナで生まれ育った。

通っていた高校はモンラウ高校という。バルセロナ北東のこの場所exitに校舎がある。

モンラウというと「モンラウ・コンペティション・スクール」が有名だが、それはこの場所exitにある。
アレックスモンラウ・コンペティション・スクール支援するTeam Monlaumoto3を走っていた。

高校1年生の時の動画があるexit途中で母親と妹がちょっと出てくるexit
 

アンドラ公国

2017年初頭に家族そろってアンドラ公国へ引っ越した。

2017年3月の自宅訪問動画で「ここには最近引っ越してきたexit」とっている。

アンドラ公国首都アンドラ・ラ・ベリャではなく、そこから北に離れたラ・マサナ教区exitに住んでいる。

この画像exitは、自転車トレーニングでコル・ドルディーノ山まで登ってきたもの。
だいたいこのあたりexitがコル・ドルディーノ山の頂点となっている。
西のオルディーノ(ラ・マサナのすぐ隣)exit東のカニーリョexitを結ぶ山は、彼にとって定番の

この記事exitでは、高低差700mの山であることが紹介されている。
 

スポンサー

経済的に繁栄していてモータースポーツが盛んなカタルーニャ州バルセロナ出身で、
moto3時代からスター街道をひた走ってきたので、スポンサーが多い。


1952年バルセロナで創業したブレーキ製造企業アレックスのヘルメットの口に名前があるexit

バルセロナ郊外のマタロに本社がある不動産企業アレックスのヘルメットの頬に名前があるexit

バルセロナ郊外のマタロに本社がある建設企業アレックスのヘルメットに名前があるexit

ドイツスポーツ用品企業アレックスのSNSに出てくるexit

スペインガリシア州のビール企業。社名は「ガリシア」という意味で、ラベルに六芒がある。
Estrella Galicia0.0はノンアルコールビールの銘柄名。
メーカーチームの垣根を越えてMotoGPライダーの多くに支援をしている。

アレックスビールサーバーを操っている。画像1exit画像2exit画像3exit

スペイン首都マドリッドに本社があるサングラスメーカー格好いい動画を作ってもらっているexit

アレックスイメージカラーオレンジ色なので、オレンジ色のサングラスが出てくるexit

アレックスSNSにしばしば登場する高価そうな回復器具。画像1exit画像2exit

付けるだけで筋肉を刺して筋トレ効果をもたらす。画像1exit画像2exit

フランス自動車メーカーイベントに呼ばれている。画像1exit画像2exit
 

レーシングチーム 42Motorsport

なんとアレックス2015年から2017年まで自分の名前が付いたレーシングチームを持っていた。

TwitterexitInstagramexitFacebookexitアカウントがある。

MotoGPの下位カテゴリーであるCEV(スペイン6ヶ所、ポルトガル1ヶ所、フランス1ヶ所で行われる
若手育成用の選手権)に出場していた。
アレックスもたまにピットを訪れ、ライダーアドバイスを送っていた。画像1exit画像2exit画像3exit

実質的なチームオーナー父親ラファエルさんだったらしい。
発表会の動画に、スーツ姿のラファエルさんの姿が見える。動画1exit動画2exit


しかしまぁ・・・わざわざレーシングチームを作ろうと考えるあたり、リンの財の高さというのを
感じることができる。
 

その他の雑記

ヨーグルトが好きで毎朝食べる。ピザも好きな食べもの。

1人暮らしであり、料理もするexit。ただし面倒なときは近くに住む両親のところに駆け込むらしい。

子どもの頃好きだったアニメは忍者ハットリ君と答えているexit

これexitこれexit藤原らんか絵。結構似ている。

片言の日本語を駆使するアレックスexit

近年のスペイン中華料理日本料理の店が多くなってきている。
アレックス気で箸を使い食事している。画像1exit画像2exit画像3exit

バルセロナ出身者らしく、FCバルセロナファンである。画像1exit画像2exit

子供時代の写真がある。画像1exit画像2exit画像3exit画像4exit画像5exit画像6exit画像7exit

3歳の時に4輪バギーを与えられ、6歳の時に小さなバイクを与えられた。
3歳の時に与えられた4輪バギーは、スズキのものであるexit

たまにサインボードにNLYFと貼られるexit。「Never Lose Your Faith(信念を捨てるな)」の意味。

で、2匹のを飼っている。ブルドッグのpacoと、レトリバーのolivia(雌犬)exit
paco2018年12月に飼い始めたらしい。
oliviaの中で飼っている。画像1exit画像2exit画像3exit


アイスバケツチャレンジに挑むアレックス動画1exit

ドッキリメカニックをおどかすアレックス動画1exit

2016年12月28日には「来年はゼッケン28にするexit」と書いている。
12月28日聖イノセンテスの日exitと言い、スペイン語圏のエイプリルフールで、
いかにも起こりそうなことをさりげなく書く技術を皆が磨く日となっている。
 

関連商品

関連リンク


関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/27(木) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/27(木) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP