アンチ(SSSS.GRIDMAN)単語

アンチ

  • 9
  • 0
掲示板をみる(257)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アンチとは、テレビアニメSSSS.GRIDMAN』に登場する怪獣である。CV:鈴村健一

概要

新条アカネグリッドマンを倒すために作った怪獣。別名:臥薪嘗胆怪獣
第3回で初登場するまで、公式サイトなどでは「少年」として紹介されていた。

対戦相手のコピーするを有し、グリッドマンを持ったら自分も長い鉤を生やすなど、対応に長けている。素の戦闘も高く、全身の球から発する死ね死ね弾弾や大出ビーム、高速移動グリッドマンを圧倒した。

その後もマックスグリッドマンには肥大化させた両腕、バスターグリッドマンには部から撃ち出すミサイルスカイグリッドマンには下半身全体を変化させたスラスターといったコピー武器や形態変化で向こうに対抗していった。

を持った「オートインテリジェンス怪獣」でもあり、戦闘時にはグリッドマンへの殺意に満ちた言葉を発するほか、非戦闘時は学ランマフラーった小柄な少年変身している。怪獣としての活動には時間制限があるらしく、頭部のカラータイマーが点滅するとすぐに少年に戻ってしまう。少年の姿をしている時は人間と同様の食事をするが、食べ方はまるで野良のように汚らしい。またアカネからの扱いは児童虐待のごとく劣悪であり、最初の活躍より後はまともな食事を与えられず風呂にも入っていないなど、およそ人間らしい生活をせずに過ごしている。アカネからすれば怪獣にそういうのは必要ない、という事なのかもしれないが……
一方で彼と偶然出会った六花には何かと気にかけられており、食べ物を恵んでもらったり、に呼ばれて身体を洗ってもらったりといった世話を受けている。

グリッドマンを倒す事に使命を感じており、それこそが自身の存在意義だと思っている。それが災いして、グリッドマン以外の相手を殺す事は承知しなかったり、先にグリッドマンを倒されないよう他の怪獣と同士討ちしたり、勝手に怪獣ヂリバーを作ってグリッドマンに戦いを挑もうとするなど融通の効かない所があり、アカネにとっては頭の痛い事を色々とやらかしている。
一方で生みの親であるアカネに対しては思う所があるのか、呼びつけられてもいないのに助けにやってくるなど儀な側面を見せている。

しかし、結局グリッドマンを倒せなかった事から遂にアカネアレクシスに見捨てられてしまい、その後彼を救ったサムライ・キャリバーに諭されて自身の存在理由を見つめ直した事でアカネと決別、怪獣である事を捨てた新戦士グリッドナイト」へと進化を遂げ、以降はグリッドマン達の味方に回る事となった。

怪獣形態のデザイン特撮版『電光超人グリッドマン』に登場した忍者怪獣シノビラーに酷似しており、オートインテリジェンス機や会話も共通している。また、手足の状関節はウルトラマンに登場する宇宙恐竜ゼットンにも似ており、グリッドマンに対抗するために作られたアンチグリッドマンである事が強調されている。

グリッドナイト

アンチが第10話で自身の存在意義を「いつかグリッドマンを倒すためそれまでグリッドマンを守る」と再定義し、その姿全体をグリッドマンを模したものへと変えて誕生した新形態。

姿のみならずもよりグリッドマンに近いものになっており、グリッドビームと同じ要領で放つ線「グリッドナイトストーム」や強輪を飛ばして相手を切り裂く「グリッドナイトサーキュラー」といった全にヒーローらしい技を使用する。
また怪獣時代からのスピードは健在で、それに加えて怪獣に込められたアカネ悪意に共感する事で動きを読む事も可であり、時にフルパワーグリッドマンが敵わない様な相手を圧倒する事もある。
さらにグリッドマンキャリバーを装備する事もでき、この状態ではキャリバー身がく染まった「グリッドナイトキャリバー」に変化する。

名付け親はサムライ・キャリバーで、元ネタはかつて『電光超人グリッドマン』で登場が予定されていた藤堂武史グリッドマンコピーして作りあげた「カーンナイト」という戦士の没設定から来ているとされている。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/21(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/21(月) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP