今注目のニュース
ギャルママ、反抗期迎えた中3息子の行動に涙 「ふと見ると…」
サトシ役・松本梨香、22年間役作りなし“永遠の10歳”貫く 目指すは「演じない演技」
「危ない仕事かも…」 会社名を教えてくれない彼氏の勤務先とは

アンドレア・ピルロ単語

アンドレアピルロ

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アンドレア・ピルロ(Andrea Pirlo, 1979年5月19日 - )とは、イタリアサッカー選手である。アメリカMLSニューヨーク・シティ所属。ポジションMF

概要

1995年イタリアセリエAのブレシアで弱冠16歳にしてプロデビュー。この頃はトップ下として振舞っており、ロベルト・バッジョに自身の後継者と賞賛された。

1998年イタリアセリエAインテルへ移籍。ピルロはインテリスタであったため、憧れのクラブへの入団となった。しかし当時インテルが4-4-2のフォーメーションを使用していたこともあり、レギュラーを獲得するできなかった。1999年にレッジーナへ、2001年にブレシアレンタル放出され、古巣のブレシアボランチのポジションにコンバートされる。

2001年イタリアセリエAACミランへ移籍。インテルの長年のライバルクラブへの移籍となった。加入当初こそ出場機会が訪れなかったが、2001年11月カルロアンチロッティが監督に就任するとボランチとして起用されポジションを掴む。以降10年に渡りミランの中盤を支えたが、2010-2011シーズンには17試合の出場に留まるなど出場機会が減少していった。

2011年イタリアセリエAユヴェントスへ移籍。フリーでの移籍とはいえ、加入時点ですでに31歳であり、獲得には懐疑的なが向けられたが、円熟味溢れるプレーを披露してそれを一蹴。2011-2012シーズンには37試合3得点13アシストを記録する活躍を見せた。

2015年アメリカMLSニューヨーク・シティへ移籍。

代表

2002年イタリア代表デビュー。これまでEURO2004EURO2008EURO20122006 FIFAワールドカップ2010 FIFAワールドカップ2014 FIFAワールドカップなどの際大会に出場。

2006 FIFAワールドカップでは大会を通じて活躍。フランスとの決勝戦ではマルコ・マテラッツィの同点弾をアシストPK戦では2人キッカーを担当し、これも冷静に鎮め、イタリア2006 FIFAワールドカップ優勝に大きく貢献した。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
1994-95


ブレシア
セリエA 1 0
1995-96
セリエB
0 0
1996-97 17 2
1997-98

















セリエA
29 4
1998-99 インテル 18 0
1999-00 レッジーナ(loan) 28 6

2000-01
インテル 4 0
ブレシアloan) 10 0
2001-02








ACミラン
18 2
2002-03 27 9
2003-04 32 6
2004-05 30 4
2005-06 33 4
2006-07 34 3
2007-08 33 3
2008-09 26 1
2009-10 34 0
2010-11 17 1
2011-12


ユヴェントス
37 3
2012-13 32 5
2013-14 30 4
2014-15 20 4
201 ニューヨーク・シティ MLS 13 0

関連動画

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/15(日) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/15(日) 19:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP