今注目のニュース
今治タオル工業組合、NHK「ノーナレ」報道の企業は「組合員等の縫製の下請企業」と報告
押井守総監督の最新作「ぶらどらぶ」発表 西村純二監督とタッグ
子犬の口を2週間縛り付け大怪我をさせた飼い主の女、逮捕 身勝手な動機に怒りの声相次ぐ

アーサー王宮廷のヤンキー単語

アーサーオウキュウテイノヤンキー

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アーサー王宮廷のヤンキー(アーサー王宮廷のコネチカット・ヤンキーとも、原題:A Connecticut Yankee in King Arthur's Court)とは、アメリカ合衆国小説家マーク・トウェインが1889年に発表したトリップ・内政チートもののなろう小説小説である。

あらすじ

イギリスの古を見学していた「私」はアーサー王の時代を懐かしむ妙な男、ハンクモーガンに出会う。

その、宿の「私」の部屋に訪れてきたモーガンは、バールで殴られてアーサー王マーリンのいる中世イングランドタイムスリップした後、アーサー王の側近として自身の持つ現代知識を生かして石鹸煙草作り、ついには学校や新聞や電話網まで整備し、さらには当時のイングランド民主主義国家を成立させようとしたという体験談の手記を「私」に手渡すのであった。

概要

本作品は19世紀末アメリカで書かれた小説だが、

という、「小説家になろう」などの現代日本小説投稿サイトに山のようにある「異世界もの」小説テンプレのような要素がある作品である。

上記の点以外でも、王様に現代の価値観論理でお説教をする、主人公の邪魔をするのが宗教などの「異世界もの」によくあるテンプレ要素が満載である。

が、そこはアメリカを代表する文であるマーク・トウェイン、小説家になろう小説が長期連載でエタったりする一方でこちらはちゃんと小説らしいオチを付けている。

また本作はH・G・ウェルズの小説タイム・マシン』(1895年)以前に時間旅行歴史改変を扱った作品だが、「タイムトラベル歴史を変えられない」というタイムトラベルもののお約束展開が既にあるのは興味深い。

関連商品

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2018/09/18(火) 13:36:58 ID: kK8WFfdhl1

    小説家になろう小説が長期連載でエタったりする一方でこちらはちゃんと小説らしいオチを付けている。

    長期連載でもエタらずオチをつければマーク・トゥエイン並ということか(棒)。

  • 2ななしのよっしん

    2018/09/18(火) 13:53:22 ID: Hg6o/eALyp

    トラックに轢かれなくてもハンマーで殴られるだけで行けるのは手軽でいいな

  • 3ななしのよっしん

    2018/09/18(火) 21:24:40 ID: opr5y0xgXu

    未来からメッセージを受け取るという話はもっと前からあるが、
    ハッキリと過去へ行く事を向した話としては多分世界初。

    不思議な話だが。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP