アーチャー(Fate/EXTRA)単語

アーチャー

6.7千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

アーチャー(Fate/EXTRA)とは、原作担当のTYPE-MOONと、イメージエポック開発マーベラスエンターテイメントから発売されたPSPの対戦ダンジョンRPG、『Fate/EXTRA』に登場するサーヴァントの一騎である。

なお、作中で姿を見せているアーチャーサーヴァントは二名存在するが、この記事では敵として登場するアーチャーについて言及する。 
以降はアーチャーという記述で統一するものとする。

もう一人のアーチャーに関しては、アーチャー(Fate/stay night)を参照。

鳥海浩輔

概要

第二回戦にて立ち塞がる、衣とマントを身にったハンサム青年の姿をした英霊マスターは歴戦の軍人であり狙撃手、そして騎士でもあるサー・ダン・ブラックモア

軽薄な雰囲気のニヒリストでありながら、根は善良でやや小心者と小市民的な性格をしており、その根底には「名誉や理想に殉じた死よりも”生”を尊重し、とにかく生き抜いた末に温かいものが残ればいい」という考えを持っている人物。だがそのようなものを手に入れたことのない彼は「そんなものは夢物語みたいなもんだ」と肩をすくめる。

戦闘ではに闇討ちや奇襲といったトラップ戦術、そして遠距離からの狙撃を得意としており、その実は生狙撃手であるダンをして「背筋が寒くなる」と言わしめるほどの腕前。
だが単独行動スキルを使った勝手な行動や、マスター示なく不意打ちで敵を倒そうとしたため、騎士を重んじるダン戦闘方針を巡って対立。最終的には彼から令呪宝具と不意打ちを禁止され、さらにアリーナ側からも戦闘でのペナルティが課せられることになってしまった。

しかし根本的な部分では両者共に深く信頼し合っており、特にアーチャー自身はダンに対して強い憧れを抱いている。また、彼の騎士を重んじる命には渋々従いながらも、その一方でどこかまんざらでもない様子。
またアーチャーが独断で奇襲を行った裏には、本当は騎士に則った戦いをしたいと内心で望みながらも、自身の兵戦の実の低さゆえに「自分がそんなことをしても勝てない」と否定し、に疎まれようともサーヴァントとして純マスターに勝って欲しいと考えた結果であり、その行動こそが彼なりのダンへの忠心の現れでもあった。
ダンも通常の軍事行動ならトラップ戦術や不意打ち々も認めたと思われるが、今回に限りダン個人の願いによるプライベートな戦いであったこと、またアーチャーの性格と内に秘める願いを見抜いたこと、それらを踏まえた上での最終的な結論が「正々堂々と戦う」だったようだ)

それはまるでガキ小僧と頑固ジジイ素直になれない青年と優しくも厳しく諭す老人のような関係となっている。本来ならは年長者が多い英霊において、サーヴァント青年マスターが老人というのは従としては(作品としても)しい組み合わせだろう。

ファンからは緑茶と呼ばれしまれている(ちなみにもう一人のアーチャー紅茶と呼ばれることがある)。

実は使いとしてキャス狐と通じ合うところがある。また守りたいもののために自己を犠牲にして戦い、そして死後に人々から忘れ去られる運命など、アーチャーとも似通ったパーソナリティを持つ。
しかし主人公のどのサーヴァントとも、最終的に相容れない。

真名

真名は(ネタバレにつき、反転ロビンフッド」。イングランド伝説の義賊であり、シャーウッドに潜む狩人だったという。
型月世界におけるオリジナルロビンフッド伝説は当時のイギリス人の祈りにより複数の神話や願望が混合して生まれたため、モデルは複数存在する。そうして生まれた個がない「顔のない英雄」の伝説と名を、当時の名の英雄たちが襲名し「顔のある英雄ロビンフッド」として活動していた。個を捨てて顔をなくし、英雄名を襲名する在り方から、真アサシンと同タイプ英霊と思われる。

このアーチャーも生前にそうしてロビンフッドの名を襲名し、活動していたうちの一人の名の青年である。元は放浪していたドルイド僧の子供であり、厄介者として外れで生活していた孤独青年だった。妖精つきとしてから疎まれ、迫を受けていたが、それでも父親を看取ってもらった義理は感じていたらしい。お互いに歩み寄ることこそかったが、彼はを捨て去るほど嫌ってもいなかった。
そんな青年が領の圧政に苦しめられるを見捨てられずに取った方法は、人間としてではなく「を犯す人間に罰を与える」という名で顔と姿を隠して、守りたいもののために手段を選ばず奮戦することだった。圧倒的な物量で迫る軍に対し、知識と技術を駆使し、時には奇襲し、時にはり、時には食事を仕込み、卑しい戦いを底する。騎士として正々堂々と戦うなど、よりもそれが出来ない一般人であることを理解していた彼は、己の素性と誇りを捨て、殺した兵士の願いすら踏みにじり、心を殺して孤独英雄となった。

軍隊との戦いを強いられ、村人にすら保身のために共通の敵として疎まれる苛酷な環境にあったが、それでも彼は平和を取り続け、村人に罪を被せることもなく戦い続けた。……しかし、ただ一人の青年にそんな理が続けられるはずもなく、二年足らずで彼は敵の弾に倒れる。村人生活を守るために戦いながら、その生涯を「卑怯者」と誹られ、からも讃えられることなくの土に還った彼は、その死を持って英霊となった。
村人たちを愛することこそかったが、村人たちの穏やかな生活を何より愛したもの。ただの一度も騎士として戦うことを許されず、報われることのなかった彼が、死の淵で本当に望んだものは――

能力

スキル 効果
魔力:D 一工程(シングルアクション)による魔術行使を効化する。
魔力避けのアミュレット程度の対魔力
単独行動:A マスターからの魔力供給を断っても自立できる
ランクAならば、マスターを失っても一週間は現界可
破壊工作:A 戦闘を行う前、準備段階で相手の戦をそぎ落とす才
トラップの達人。
ランクAならば、相手が進軍してくる前に
六割近い兵戦闘不能に追い込むことも可
ただし、このスキルが高ければ高いほど、
英雄としての霊格は低下していく。
黄金:E Fate/Grand Orderでの追加スキル
人生においてお金がどれだけ付いて回るかという宿命。
貧乏ではあったもののお金に困ったことはないと自称している。

や奇襲、だまし討ちを基本戦術としており、特にを用いたものが多い。
またアーチャーサーヴァントらしく狙撃が得意で、腕に装備された小を使って物陰から敵を正確に射抜くことができる。
これによって主人公矢で射抜き、致命的なダメージを与えた。

このように、レンジャータイプの戦法を取っているため、この時点では一番アーチャーらしいアーチャーサーヴァントとも言える。
というか、以前の二人がぜんぜんアーチャーらしくないだけだが。

作中で彼が用いたは以下のとおり。

イチイの結界
アーチャーアリーナり巡らせた、侵入者にを与える結界。基点となる部分には地面に刺さる矢と、イチイののようなモノが現れる。おそらくは、彼の持つ宝具の一部と思われる。
この結界は、基点を破壊さえすれば解除できるものであり、またこの基点が彼の真名に繋がる重要な品ともなる。
なお、発動時は画面が反転してしまい、プレイヤーにとっても非常に々しい視覚効果を与える。
、繁みの
いずれもアーチャー戦闘中に用いてくるスキル
前者は矢による筋ダメージ+を、後者は足元からの奇襲による魔力ダメージを与える。
の一滴
CCC』でアーチャー戦闘中に用いてくるスキル
矢による筋ダメージ+麻痺を与える。麻痺効果は行動を引き起こすため、発生すると厄介

宝具

祈りのイー・バウ
ランク:D / 種別:対人宝具 / レンジ:4〜10 / 最大捕捉:1人
イチイの木から作られた。標的がに溜め込んでいる(や病といった)不浄を間的に増幅・流出させるを持つ。
例えば対を受けているなら、そのを火のように爆発させることができる。それ、なんてアクマイト線。
ゲーム内での効果はダメージUP(ダメージ2倍)+効果時間の延長。ちなみに重ね掛けも可。演出は「」本体から発生した植物の蔓のようなが対を包んでとなり、効果が発動する。
ただ実際のゲーム中では、を受けた「次のターン」に宝具を使ってくる上、販の治療(安い!)などで治せるという問題が・・・もはやアーチャー涙目である。(逆に治療などを持ち込まずに戦った場合、状況が一変する)
推測ではあるが、最終決戦以前にアリーナ主人公を受けた時、ムーセル直属のNPCですら解が難しいと言われたことを考慮すると、令呪による宝具の破却やムーセル側からのペナルティかった場合、治療程度ではを直せなかった性が高い・・・アーチャーお前は泣いていい。
続編の『CCC』では、宝具発動時にダメージも発生するようになり、さらにステージの制限内容と相まって悪な効果を発揮するように。汚名返上である。
また、ドラマCD版では矢がっただけで即死という強宝具になっていた。汚名返上である。
顔のない王(ノーフェイスメイキング
アーチャーの着ているの外套。アーチャー隠し宝具にしての手。着る者の気配を消し、姿を自然に溶けこませることができる。
これにより身を隠したアーチャーは、奇襲で相手側のマスター戦闘不能に追い込むことに成功。しかしその暗殺者まがいな行動を咎められ、令呪により宝具を破却、戦闘以外での使用も禁止させられてしまった。
直接対決では戦闘終盤で使用してくるスキルとして登場。発動直後の3手において、相手の(スキル宝具を除いた)行動効化し、攻撃を一方的に命中させる。つまりEXTRA戦闘システムにおける三すくみジャンケン3回絶対に勝つという、とんでも仕様公式チートアイテムとか言われる。
発動を阻止できなかった場合、こちらが攻撃スキルを挟んでいない限りExtraターンの追加攻撃(合計4回攻撃)まで確定する。
これをHPが低い状態、あるいは耐久が低い場合に使用されると、最悪の場合敗北してしまうことも。アーチャー宝具との呼びも高く、勝利を確信した多くのプレイヤー達を( ゜Д゜)ポカーンとさせた。
「顔のない王」の名は伊達ではない。
続編である『CCC』において、顔のない王も宝具であることが判明。
また定したものを複数同時に透明化させたり、他人に貸し与えても効果を発揮できることが作中で分かった。
ちなみにルビのメイキングメイキング映像などの「making」ではなく、五月皐月)の王と書いて「May-King」である。別名「五月王の衣」とも。

Fate/EXTELLA LINK

アクションゲームFate/EXTELLA LINK』にて、ついにプレイアブルキャラクターとして登場。主人公営の別動部隊に参加、作戦を裏から支援してくれる。
今回はボウガンに複数のアタッチメントを装填して運用するスタイルグレネードまで持ち込む本気仕様となっている。

は中・遠距離向けのバランスといったところ。
に関連するスキルを多く持っており、アクティブスキル「矢」でを付与できる。また「アタッチメント・連射」と「狩人」は相手が毒状態の時に威が上昇する効果があり、「矢」から追撃もできるため使い勝手は良好。
さらに上記のスキルは全て得意属性である遠距離スキルに分類されるため、火力ボーナスとともにラッシュ攻撃への生が可と、いたれりつくせりの構成になっている。

各種スキルで相手を吹き飛ばして有利な間合いに持ち込み、などの強みを押し付けていくのが基本戦法。特にサーヴァント等のボス相手に滅法強く、スキル同士の連携からいつでもラッシュまで持っていけるので、一度でも足止めできれば一方的な展開にできる。
ただし接近戦は少々心許ないので要注意。使いやすい近接突進スキル「三連脚」もあるが、連発はできないため過度な接敵には気をつけたい。

ドライヴスキル及び宝具は、他作品と同じく「祈りのイー・バウ)」。
ドライヴスキル版は宝具の限定解放といった位置づけの範囲攻撃。そして宝具版のイー・バウムーセルアシストで対軍仕様へと変更されており、付近一帯に大爆発を起こす快な技となっている。

Fate/Grand Order

スマートフォンアプリFate/Grand Order』では3のアーチャーとして登場する。

第三臨のグラフィックに「魔法使いの夜」の主人公久遠寺有珠使い魔の一体であるロストロビンロンドが紛れている。理由は不明。名前繋がりだろうか?

ゲーム内性能

初期実装の恒常3アーチャー

ステータスはこのクラスアーチャーとしてはだが、宝具の「祈りの」が単体に特攻かつ高い攻撃という特徴を持つ。

とんでもないバグがあり、特攻以外のデバフバフクラススキルが反応し火力になっていた。2016年7月メンテにてバグが修正&祈りの付与がなくなり代わりに破壊工作が付いた。

イベントサーヴァント・サマー・フェスティバル!」にて霊衣「狩人」が追加。

Fate/Labyrinth

平行世界亜種聖杯戦争を描いた小説Fate/Labyrinth』に、Fate/EXTRA出身のサーヴァントとして一登場する。

今作の聖杯戦争迷宮の最深部に置かれた聖杯してサーヴァント迷宮を進むというルールであり、アーチャーはそのスキル宝具を斥解除のために存分に発揮する。また、サーヴァント同士が協して進むことも許されており、セイバー(Fate/stay night)とそのマスター沙条愛歌への同盟の打診を行う。
最終的には出現した4騎のサーヴァント全てによる協関係が築かれ、4騎と1人のパーティとして幻想種、キメラゴーレムにあふれる迷宮に挑むことになる。

関連動画

Fate/EXTRA

Fate/EXTRA CCC

Fate/EXTELLA LINK

Fate/Grand Order

その他

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/02/25(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2024/02/25(日) 07:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP