今注目のニュース
よく見るとゾッとする、とんでもない物件がネットから削除され波紋を呼ぶ
りんごちゃんの人生に対する考え方 「めっちゃ響いた」と共感相次ぐ
「しかたにゃい……今日はベッドゆずってやるにゃ!」 ネズミのおもちゃにベッドを譲るイケ猫に胸キュン

アーバイン単語

アーバイン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(27)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
曖昧さ回避

アーバインとは、以下の項す。

  1. フリーダウンロードマネージャソフトirvine
  2. アメリカ合衆国カルフォニアオレンジにある都市の名前。
  3. イギリス出身の元F1レーサーエディ・アーバイン
  4. ゾイドシリーズに登場する賞稼ぎ。この項にて記述する。

アーバインとは、トミー(現タカラトミー)より販売されていた玩具シリーズZOIDS』と、その生作品である上山道郎漫画機獣新世紀ZOIDS』に登場するキャラクターである。
アニメ版でのCV藤原啓治

概要

性格や職業など、大まかな設定はどの媒体においても共通しているものの、機、家族構成など細かい部分で異なっている部分もある。
以下、各媒体における大まかな活躍。

バトルストーリー

西方大陸に住む傭兵兼賞稼ぎ。
当時の西方大陸戦争ではヘリック共和国軍の第24傭兵大隊に所属していた。
一応共和側についているが、その理由は本人く「つい負けそうな方に肩入れしてしまうから」とのこと。
機はコマンドウルフ

惑星Zi歴2100年7月、共和軍ロブ基地において後の機であるゴジュラス・ジ・オーガと運命的な邂逅を果たす。
最初こそゴジュラスは心を開いてはいなかったが、突如として攻めてきた帝国の攻撃からアーバインが身を呈して守った事により態度をめ、コマンドウルフを失った彼を自らのパイロットとして認めたのだった。

その後暫くに渡り、彼の活躍は描かれていなかったが、
暫くの時が経った2002年ゴジュラスギガに付属したオフシャルファンブックEXVol.1にて久々の登場を果たす。

中央大陸のどがネオゼネバス帝国の手に落ちた2105年。
共和の切り札ゴジュラスギガが眠る秘密基地を、ジーニアス・デルダロス少佐率いる“騎兵団”が急襲。
ダークスパイナーのジャミングウェーブによってどのゾイドが役に立たない中、一まともに活動できたのがパイロットとの精リンクのみで動くオーガだった。

100対1という絶望的な戦差の中でオーガは孤軍奮闘、ついにダークスパイナー全滅させる事に成功するものの、一の隙を突いたデルダロスのステルススティンガーの攻撃によりコアを貫かれ、再起不能となってしまう。

その後ステルススティンガーゴジュラスギガが倒したものの、アーバインの生死は不明。
後のバトルストーリーにおいても一切登場しないまま終わってしまった。
まぁ、ファンブック2巻の一部分しか出番のないムンベイべればよほど優遇されてると言えるが。

漫画

傭兵や賞稼ぎなどをして生計を立てている男。
何故かバン達と行動を共にしている。ちなみに年は18歳
は義眼で、かつて彼を助けた作業用ゾイドの電子眼を移植したものらしい。

機はトルナードと呼ばれるステルスバイパー公式とは違い、何と水中でも行動可
コミックス3巻ではロッソとヴィオーラが駆るシンカーの前に瀕死の状況まで追い込まれてしまうが、バンの活躍によって窮地を脱出する。
その後天才子供科学メリッサスーの手により改造が施され、ステルスドラゴンとしてる事になった。

  • 漫画未完のため、詳しくはまだ不明。
  • あとは他にはない点として、がいるという事が挙げられる(一応アニメ版でもいたが、そちらでは既に故人となっている)。
    • 名前はレベッカ。性格は素直で、あと可愛い
      アーバインの事を会社員と信じていたが、同時に何か危険な仕事をやっているのではないかと感づいている模様。

アニメ

アーバイン稼ぎで、一流のゾイド乗り。機はバトルストーリーと同様、コマンドウルフ。途中からゴジュラス用のロングレンジライフルを装備し、アーバイン以外には扱いにくくなっている。

バン・フライハイト達がに出た直後。砂漠で出会う。当初はジークを巡って敵対していたものの、徐々にバンの事を気に入り、やがて共にをするようになる。

少年時代エレナを熱病で亡くしたことがトラウマとなっている。ガイロス帝国のある町で、賞が絡んでいないにも関わらず、バンたちと共に同じ病気に苦しむ子供達を助けるために動いた。コマンドウルフが敵との戦いで動けなくなり、自身も負傷した脚が動かなくなりトラウマが頭をよぎりつつも、バンと共にワクチンを子供たちに届けた。


デスザウラーを倒した後はバン達と別れ、賞稼ぎを続けていた。
しかしゾイドを狩っていたとある集団に傭兵として雇われていた所、その集団に潜入調していたバンと偶然再会、そしてかつて彼が倒したレイヴンが復活したのを機に再び行動を共にする事になる。

しかしレイヴンジェノブレイカーとの戦いでコマンドウルフが破壊されてしまう。そのことにアーバインは深いショックを受け、ゾイド乗りも引退しようとしていた。Dr.ディーにコマンドウルフメモリーバンクを新ゾイドライトニングサイクスへの移植を提案される。アーバインは昂し、「実験に使われるくらいなら死なせた方がマシだ!」と頑なに拒否したが、ムンベイに叱励され、移植を了承。そしてDr.ディーの手によりウルフメモリーバンクライトニングサイクス移植分解危機に陥ってしまうが、「と一緒に走れ!」との叫びと同時にライトニングサイクスコマンドウルフメモリーバンクリンクし、ルイーズ大統領を救出。以降はライトニングサイクス機としてジェノブレイカーデススティンガーと戦った。

それ以外にも、ガイガロスでのデスザウラーとの戦いにおいてはゴジュラスデススティンガー迎撃ではストームソーダーウルトラザウルス防衛戦ではハンマーヘッドに乗った。

終盤のデスザウラーとの戦いでは、機は修理していたため前線で戦えなかったが、グラヴティカノンの発射管制を務めた。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/20(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/20(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP