アーメンブレイク単語

アーメンブレイク

  • 5
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

アーメンブレイク(Amen Break)とは『Amen, Brother』の曲中におけるドラムソロの通称である。
また、それを元にしたブレイクビーツの通称でもある。

概要

14678

アーメンブレイクはおそらく世界で最も有名であり、最も多くの曲にサンプリングされたドラムソロである。元になったのはThe Winstonsというバンド1969年に出した『Color Him Father』というレコード。そのB面に収録された『Amen, Brother』という曲である。同曲のブレイク部分のドラムソロなので、アーメンブレイクと呼ばれる。
B面なのにAmenってどういうこと

最初はオリジナルドラムパターンそのまま、再生速度を変えたりしてヒップホップなどで使われることで広まった。

その後、サンプリングしたドラムパターンを細かいフレーズ分解し再構成する、ブレイクビーツと呼ばれる音楽技法が確立されることによってさらに広まることになる。とりわけ、ジャングルドラムンベースブレイクコアといったジャンルには重宝され、アーメンブレイクがこれらのジャンルを生んだといっても過言ではないかもしれない。

その他クラブミュージックに限らず、様々なジャンルの曲にサンプリングされたりしてるのでアーメンブレイクという名前は知らなくても、ドラムの音に聴き覚えがあるという方も多いのではないだろうか。

著作権問題

世界的に有名なこのフレーズ、実は原曲制作者に断でサンプリングが行われていたが、特に問題とはならなかった。当時、まだ著作権という概念が世に浸透していなかったためである。仮に当時が今くらい敏感な社会だったとしたら、今のように世界的に有名にはなることはなかったかもしれない。

なおバンドサックス奏者であり、この曲の作曲者であるリチャードLスペンサー氏はロイリティを一切受け取っていない。著作権に関する法律が整備される以前にサンプリングされた曲が多く提訴の期限も過ぎていたため、「アーメンブレイク」の存在を知った1996年には泣き寝入りせざるを得なかった。彼はこうした事実に対し明確な憤りを露わにしている。

またこの伝説的なドラムブレイクいた本人であり2006年に逝去したグレゴリーコールマン氏もロイリティを受け取っておらず、晩年は極度の貧困によりホームレス状態であったという。

こうした事実を知ったイギリスのとあるDJクラウドファンディング導し、リチャードLスペンサー氏への寄付を呼びかけ、2万4千ポンドもの小切手事届けられた。

ニコニコ動画における「アーメンブレイク」タグについて

前述のようにオリジナルドラムソロを使用したものがアーメンブレイクと呼ばれるものだが、それらを使わない動画にも「アーメンブレイク」タグが付与されることがある。

アーメンブレイクのドラムパターンがあまりにも有名なため、同じパターンを別の楽器演奏した場合でも、精通したものであればそれをアーメンブレイクと認識できるのである。具体的な例については関連動画を参照されたい。

関連動画

この記事を読むより実際に聴いた方がいと思う

アーメンブレイクの解説(英語)

アーメンブレイクを用いた楽曲

ニコニコ動画におけるアーメンブレイク

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/24(日) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/24(日) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP