イクイノックス単語

イクイノックス

3.0千文字の記事
掲示板をみる(306)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

イクイノックス(英:Equinox)とは、「分点」または球上の太陽が分点を通過する日を表す英単

「分点」とは、が交わる点のこと。球上に2つ存在し、に通過する方をを春分点(Vernal equinox)、の方を分点(Autumnal equinox)という。これが通過する日を「春分」「分」と呼び、この日は太陽東から昇り西に沈み、の時間がほぼ同じになる。

曖昧さ回避

  1. 日本競走馬本記事で記述。
  2. ヨーヨージャム・イクイノックス - ヨーヨージャムが販売していたヨーヨーの名。

イクイノックス(Equinox)とは、2019年まれの日本競走馬である。青鹿毛

な勝ち
2021年東京スポーツ杯2歳ステークスGⅡ

概要

キタサンブラックシャトーブランシュ、キングヘイローという血統。
言わずと知れたGⅠ7勝の2010年代を代表するアイドルホース。イクイノックスはその初年度産駒である。
2015年マーメイドステークスGⅢ)の勝ち
は11度GⅠ挑戦で高松宮記念を勝った不屈の良血としてピクシーナイトディープボンドなど2021年重賞を多数輩出して注を集めている。
2021年ラジオNIKKEI賞GⅢ)を勝ったヴァイスメテオールがいる。

2019年3月23日ノーザンファームで誕生。オーナー一口馬主クラブシルクレーシング、募集価格は1口8万円×500口(=4000万円)だった。

名の意味は、上記の通り「の長さがほぼ等しくなる時」。

イクノディクタス等の「イクノ」冠名がいるためか「イクノイックス」とよく間違われるが、イクイノックスである。たまにスポーツネット記事とかでも間違えられている。後述の東スポ杯2歳Sではテレビ東京「ウイニング競馬」の矢野アナウンサーが「イクノイックス」と連呼してしまっていた。

昼と夜とを分かつ時

2歳

木村哲也厩舎に入厩したが、デビュー前に木村師がパワハラ調教停止処分を受けてしまったため、7月末から同厩のオーソリティファインルージュジオグリフなどともども、一時的に岩戸孝厩舎に転厩。

そんな人間側のゴタゴタはさておき、デビュー8月28日新潟新馬戦(芝1800m)。上はクリストフ・ルメール。先頭集団につけて好位で先行し、直線残り200mから他一気に置き去りにして6身差の圧勝デビューを飾る。
ちなみにこの新馬戦、3着には後に阪神ジュベナイルフィリーズを制するサークルオブライフがいた。

木村師の処分解除に伴い11月から木村厩舎に戻り、2戦GⅡ格上げ初年度の東京スポーツ杯2歳ステークス。単勝2.6倍の1番人気に推される。今度は後方からのレースになったがしっかり折り合い、直線入口で外に進路が開くと、残り300mから抜群の加速で一気に差し切り、レース史上最速タイの上がり3F329叩き出して2身半差の快勝。キタサンブラック産駒の重賞初制覇となった。上のルメールも「が自分でリズムを見つけて走り、直線で加速して、すごく良い脚を使ってくれました。楽勝でした」と絶賛。

2歳GⅠには進まず、年内は放牧で休養。

3歳

東スポ杯2歳Sでの圧巻のパフォーマンスで一躍クラシックの本命補となり、クラシックへのローテーションが注されたが、体質的に背に疲れがたまりやすいそうで、なんとそのまま戦を一切挟まずGⅠ皐月賞へ直行コントレイルのように2歳GⅠからのクラシック直行もしくなくなったとはいえ、東スポ杯2歳Sから5ヶ後の皐月賞への直行は異例のローテである。

皐月賞当日は混戦ムードの中、大外818番で、単勝5.7倍の3番人気東スポ杯で見せたポテンシャルの評価の高さに対して、右回り中山2000mも初体験、おまけに大外かつレース自体5ヶぶり……といった不安要素に皆が半信半疑だったことがえるオッズである。ルメールは同厩のもう一頭のお手ジオグリフがいたが、イクイノックスを選択。ジオグリフ福永祐一となった。
レースは前の5番手という好位先行を選択。そのまま直線に入り、前にもいない絶好のポジションからするりと抜け出すが、そこに外からぴったりとつけてきたのが同厩のジオグリフ! 同僚との叩き合いに突入したが最後のひと伸びで振り落とされ2着。ルメールは「前にを置いて、慢ができなかった。その差がでてしまった」とコメントした。
惜敗とはいえ、上述した数々の不安要素がありながらも1番人気ドウデュースら後続は寄せ付けない2着という結果に、めてそのポテンシャルを見せ付けるレースとなった。

続く日本ダービーはなんとまたしても818番が不安視されたか、ダノンベルーガに次ぐ単勝3.8倍の2番人気キタサンブラックキングヘイローとも14着に惨敗した舞台1番人気呪いを回避し栄冠をしたが……。
レースはデシエルトがハイペースで飛ばす中、ドウデュースらを見ながらじっくりと後方3番手に構える。直線で外に持ち出し、逃げ先行勢がハイペースで潰れる中、上がり最速で前を行くドウデュースを猛然と追いかけるも、最後までドウデュースぎきられ、レコード決着に僅かに及ばず悔しいクビ差の2着上のルメールも「直線でドウデュースの外へ出した時は勝てると思いましたが、ドウデュースもまた伸びました。いい競馬はできたがしようがない」と悔しさを滲ませるコメント
レース後、左前脚の腱に相当のダメージがあることが判明。レコード決着の代償は大きかったようだ。今後は放牧で英気を養い、に備える予定。

世代屈ポテンシャルを示しながらも、クラシックにも祟られ惜敗で終えたイクイノックス。は最後の一冠である菊花賞子制覇をすのか、それとも中距離に狙いを定めて天皇賞(秋)へ向かうのか。キタサンブラックも3歳ゆい敗戦を重ねたあと、菊花賞を制してから古戦線の王者となった。息子を越えてどんな姿を見せてくれるのか、めて楽しみにしたいところである。

血統表

キタサンブラック
鹿毛 2012
ブラックタイド
黒鹿毛 2001
*サンデーサイレンス Halo
Wishing Well
*ウインドインハーヘア Alzao
Burghclere
シュガーハート
鹿毛 2005
サクラバクシンオー サクラユタカオー
サクラハゴロモ
オトメゴコロ *ジャッジアンジェルー
*テイズリー
シャトーブランシュ
鹿毛 2010
FNo.16-b
キングヘイロー
鹿毛 1995
*ダンシングブレーヴ Lyphard
Navajo Princess
*グッバイヘイロー Halo
Pound Foolish
ブランシェリー
鹿毛 1998
*トニービン *カンパラ
Severn Bridge
メゾンブランシュ Alleged
*ブランシユレイン

クロス: Lyphard 5×5×4(12.50%)、Halo 4×4(12.50%)

関連動画

関連コミュニティ

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 304ななしのよっしん

    2022/06/06(月) 13:15:45 ID: Ib7dncdMtT

    >>304 2歳時から背の弱さがずっとある定期
    まさか背が足の負担と関係なんて言い出すまいよ

    手前が々もそうだけど怪した部位といいやっぱり強トモの推進を背と前肢が受け止めきれてないんだろうなって思う

  • 305ななしのよっしん

    2022/06/08(水) 07:00:13 ID: Ib7dncdMtT

    幸い現状重症化ではなさそうなので を経てなおしていってほしい
    ついでに身体ももうひと周りたくましくなってほしい

  • 306ななしのよっしん

    2022/06/17(金) 00:56:55 ID: Ib7dncdMtT

    筋肉を付けてほしい お父さんのようなスラリとしつつもつくとこについてるマッチョ

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/06/30(木) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2022/06/30(木) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP