イザベル(Shadowverse)単語

イザベル

3.3千文字の記事
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

イザベルとはShadowverseの登場人物である。担当声優佐倉薫

概要

アレスター王の宮廷魔術師メッシュの女性。婚約者を亡くしたことから禁忌の死者蘇生研究を始め、その最中に虚のが現れたことから話が始まる。

作中での活躍

災いの樹編

研究を休み大聖堂に来たイザベルの前にイリスが現れ「死者と対話できる少女がいる」という話を聞き、さらにヴァンパイア復活を知り死者蘇生の手掛かりにならないかと調を行う。その途中カイルのいた部隊の部隊長ローウェンと出会う。しかし、情報を集めても死を越することは不可能だと知る。諦めきれないイザベルは何度も現れた虚のについていた災いのの模様を見て災いのに向かう。

災いのでは黒龍が暴れており、ローウェンへと姿を変えた。このことからイザベルに「ローウェンカイルを殺した」という事実にたどり着く。カイルのかたき討ちのためにローウェンと戦うが、災いのからネクサスが現れ終焉が開きに吸い込まれていく。

が覚めるとカイルがいることに歓喜するイザベル。しかし兵士国家反逆罪でカイルを捕まえに来たため応戦。カイルと共に逃げることとなった。カイル国家反逆罪になった理由が「を倒す任務から怖くなって逃げた」と話した。仲間思いだったカイルが自分のことばかり大切にする言動に違和感を覚えるも、カイル捕縛のために動いていた指揮官を説得させたために戻る。

に戻った後ローウェンが現れてカイルに攻撃を加えると、カイル散して幻だったことがわかる。「カイルが戻ってこない現実を見るべきだ」と言うローウェンに命で償わせようとするイザベルだったが、幻とは思えないカイルになってローウェンへの攻撃を防いだ。

カイルの死に関するローウェンからの説明を聞き「倒した黒龍から呪いを受け、かを守りたいと思うと黒龍となってしまい、止めることができない」と話す。話を聞いて前を向いたイザベル世界の管理者のイリスを倒して、カイルに別れを告げて世界から脱出する。

世界から抜け出した7人で再び災いのすが、エリカ行動が原因で的以外団結する理由がないこともあってバラバラ行動し始めることとなる。単独行動していたルナと接触し、ルナの苦しみを知ると共に自分と違い他人のために悲しんでいるルナに自分を責めないように接した。最終的には再び結集し、ユアンとも合流しネクサスを倒すが、静止の世界を眠らせたまま逃げられてしまいユアン次元移動のネクサスを追う。

ギルド争乱編

イズニア魔術師ギルドマギス高潔会」のリーダーのエレノアと出会い、マギス高潔会に連れていかれる。エレノアに死者蘇生が可かどうかを尋ね、色々な方法があることを知る。また近いうちに戦いが起きることも知るが、エレノアは「マギス高潔会が戦いに関わるつもりはない」としている。

争乱が起きた後も研究を続けていたが、イザベルは為すべきこともわからないまま外へ出た。騎士団の襲撃に押されている中、エレノアが駆けつけて迷いを振り払った。

争乱が終わった後、友人であるエレノアと別れることを寂しがったが、エレノアからは「外の世界に死霊術を極めた人間がいるかもしれない。それにこれは一時の別れである」とされて先に進むことにした。

機械反乱編

現れた機械歩兵の調をしていたところにベルフォメットが現れ攻撃を受けるが、テトラも現れて応戦。飽きたベルフォメットは帰っていった。事情を話したテトラに同行する。この世界は魔が少なくテトラにつけられていた魔の増幅装置が機していなかったが、イザベルの調整により機するようになり他の心持つ機械の調整も行った。

テトラバックアップから復活できるという発言に疑問を持ったイザベルテトラの後を追う。そこで知ったのは実際には機械が復旧することはなく、壊れたものは戻らないということだった。テトラはこの事実を知れば仲間たちを傷つけるため言い出せなかったのである。イザベルはこれ以上苦しませないためにテトラに寄り添い、テトラ仲間事実を打ち明けてベルフォメットへの反抗を宣言する。

イザベルテトラは3つある機械歩兵の生産所の1つを襲撃する。そこにベルフォメットの放ったエリネイスメガイラが現れる。メガイラからはベルフォメットがかつて作った心を持つ機械ペンタとヘキサを改造したの信号が出ていた。テトライザベルメガイラの動きを止めた隙に、メガイラが撃滅・イラリオへこめた魔暴走するよう攻撃を加えて破壊した。

ベルフォメットのいる中央タワー最上階まで乗り込みベルフォメットを倒すが、ベルフォメットネルヴァを呼び出してを受け取り、機械の体となりナテラへ移動した。

天地侵略編

メガイラと交戦中だったローウェンの前に現れ、テトラと共にメガイラを攻撃した。

ベルフォメットとの戦いが終わった後、テトラから自身のパーツの一部を転用した装飾品をもらった。

関連人物

カイル

本名はカイルウォーカーイザベルの婚約者。第一部隊副隊長ローウェンと共に黒龍の討伐に向かっていたが、黒龍呪いを受けたローウェンによって殺される。

関連カード

結束の魔術

カード 結束魔術
クラス/レアリティ/タイプ ウイッチ/ゴールド
コスト 2
効果 イザベル詠唱
テトラの反逆
このコストと同じだけ自分のPPを消費して、チョイス したカードとしてプレイする。 このスペルブースト が5回以上なら、チョイス ではなく、ウィッチ・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。自分のリーダーは、ターン終了まで「自分が機械カードプレイするたび、カードを1枚引く」を持つ。

イザベルの詠唱 ※トークンカード

カード イザベル詠唱
クラス/レアリティ/タイプ ウイッチ/ゴールド
コスト 0
効果 ウィッチ・フォロワーをランダムに1枚、自分のデッキから手札に加える。

テトラの反逆 ※トークンカード

カード テトラの反逆
クラス/レアリティ/タイプ ウイッチ/ゴールド
コスト 0
効果 自分のリーダーは、ターン終了まで「自分が機械カードプレイするたび、カードを1枚引く」を持つ。

第14弾カードパック「ナテラ崩壊」に登場したメインストーリーの登場人物が書かれたカード。共通点として「ゴールドレア」「チョイス」「機械反乱編から自然鎮魂編に出てきた登場人物の名前から始まるトークンカードが出てくる」「条件を満たすとすべての効果が発動する」ということ。

イザベル詠唱ウィッチフォロワーのサーチができる。過去に出たコールチェインと同コストとなっている。テトラの反逆は機械カードプレイの度にカードを引ける機械生命体のと同じものを同じコストで使える。どちらもコスト相応の性となっている。

スペルブースト5回で両方の効果が発動するが、テトラの反逆は機械ウィッチでしか使いがないため機械ウィッチ以外で意識する機会は少ない。大抵の場合イザベル詠唱だけ使われることとなる。

その他

関連商品

関連静画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/17(月) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/17(月) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP