今注目のニュース
指原莉乃、「何とも言えない」評判を発見し苦言 「なんでそうなるのか」
おぎやはぎ矢作、闇営業は「1億円なら断らない」 人力舎も契約書ナシ?
アニメイト、京アニ放火事件を受け店頭募金開始へ

イラストレーション単語

イラストレーション

掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

イラストレーション(illustration)とは、「挿絵」「小説の中に書かれている絵」「新聞に書かれている絵」「図解」などの意味を持つ英語である。日本では「イラスト」と略される。

概要

本来の意味でのイラストレーションとは、物語小説の挿絵や、文章を説明するための図版など、情報伝達の手段としての絵や図などの視覚表現全般のことをす。

これらイラストレーションを制作する人のことを「イラストレーター」と呼ぶ。Adobe社の発売しているIllustratorというソフトが絵を描くことに特化したソフトではないのは、これら本来の意味でのイラストレーション、つまり図形やロゴマークなどを制作し、配置するためのソフトであるからである。

日本語での「イラスト」

日本語では「イラスト」と略すことが多いがこれは和製略語であるため海外では伝わらない。また意味も少し変化していて、いわゆる「絵画」に属さないライト一枚絵のことを総称してイラストと呼ぶ。この時、図形などはイラストとは呼ばれないことが多いし、特に挿絵という意味合いに限定もされない。また、漫画アニメーション作品など一枚絵でないものはそれぞれそのまま呼ばれ、イラストとは呼ばれることは少ない。

漫画アニメゲームなどのファンが、それらのキャラクター世界観のファンイラストを描くことも趣味活動として一般的である。かつてのファンイラストの楽しみ方は、友人に見せ合ったり雑誌の読者投稿欄への掲載をしたりといったものがメインであったが、最近ではPixivTINAMIなどのイラスト投稿サイトなどがイラスト発表の場として大きな役割を担っている。

ニコニコ動画では、「ニコニコ静画」というサービスがイラスト投稿サイトとしての役割を担っており、ニコニコらしく他のイラスト投稿サイトべてイラストに気軽にコメントを付けられるような仕組みになっている。

日本語と英語での意味の違い

英語の「illustration」はそれ単体で完結しない作品をすことが多く、いわゆるイラスト(完結した一枚絵)は含まないことが多い。他人の作品にコメントするときなど、迷ったらとりあえずartにしておけばまず間違いはない。英語圏で「イラスト」作品を投稿する場合にも、「Illustration」カテゴリではなく、「Art」、「Painting」、「Manga」といったカテゴリのほうが適当である。同様に「イラストレーター」も「illustrator」ではなく「artist」と呼ぶほうが誤解が少ない。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 09:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 09:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP