イワタ単語

イワタ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

株式会社イワタとは、日本タイプファウンドリーである。

概要

1920年(大正9年)、東京京橋区木挽町で岩田蔵によって岩田活版製造所という屋号で創設されたタイプファウンドリーである。

というのは活字のもととなる原で、地を流し込んで活版を鋳造するための大元であるが、岩田活版製造所では東京築地活版製造所や秀英社、中華民国満州国の新聞社、日本タイプライター社、森川文堂などの内外の流なタイプファウンドリーの多くのを手がけていた。

特に森川文堂とは提携関係にあり、同社の岩田で製造されていた。1941年には朝日新聞社での活字書体が採用されたが、これは森川文堂の森川が手がけ、岩田が作られたものであった。現在朝日新聞書体もイワタが手がけている。また森川はのちに岩田大阪支店の店長を務めるなどしていたらしい。

1947年株式会社として法人化し「岩田製造所株式会社」となる。

1950年には「ベントン彫刻機」を導入し新書体の開発を行い、1960年代には写研モリサワリョービといった写植メーカー明朝体ゴシック体などの書体提供1979年にはデジタルフォント部門を作るなど時代に合わせてさまざまな形で書体を世に出し、印刷業界に寄与した。

ワープロが普及するなどしデジタルフォントの需要が高まると、1988年デジタルフォント部門が「株式会社イワタエンジニアリング」として独立フォント制作ソフトIKARUSシステムを導入して本格的なフォント制作を始めた。90年代後半には写研書体開発の責任者を長らく務めていた書体デザイナー橋本和夫を顧問に迎え、2001年に本社とデジタル部門が合併して現在の社名である株式会社イワタに称。

それまでの自社書体に加え、日本初のUDフォントや様々なデザインフォントなどの様々な書体制作・復刻し、現在に至るまで意欲的にリリースし続けている。

イワタ書体現在買い切りでの購入も受け付けているほか、フォントメーカーフォントワークスの「LETS」プラットフォームにおいて「イワタLETS」というサブスクリプションサービスが利用できる(年49,500円)。

代表的な書体

関連商品

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/09(日) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/09(日) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP