今注目のニュース
古いクルマのファン悲鳴! 旧車パーツの価格が高騰し続ける理由とは
小島瑠璃子「とんでもない」“サラッサラ”ヘアに大絶賛
どこから飛んできたの... 台風翌日の駐輪場に、巨大な「ま」が落ちていた

インドリ単語

インドリ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

インドリとは、サルインドリ科インドリ属に分類される古いタイプサル(原)の仲間である。

概要

インドに生息しているからインドリ、というわけではなく、マダガスカルに生息する固有種。原の種類の中では最大の大きさをほこり、体長は60から67ほど、尾長は4から5ほど、体重は6㎏から7.5㎏ほど。キツネザル科と較して、尻尾が短い。身体の色は、顔・肩・背中・腕の体毛がく、他はい。

行性で、低地の多に生息しており、2頭から6頭程度のペアや家族単位の小規模な群れを形成する。鳴きは3㎞も離れた場所にも届くほどで、これによって群れと群れが互いの縄りをする。こういったこともあってか、違う群れ同士が接触することはほとんどなではく、群れ同士の争いが起こることもない。
食性は植物食で、果実や木の葉、などを食べる。に食べるのは木の葉だが、ときどき地表に降りて土を摂取することもある。

マダガスカルでは動物として扱われている。祖先の化身と考えられており、法的にも文化的にも狩猟の対にはなっておらず、保護の対となっている。現地の言葉で「ババコトゥ(の子)」と呼ばれて、を投げると正確に投げ返してくるともいわれていた。
しかし、人口が増えたことにより、焼きをして森林を減少させてしまったことで生息範囲が狭まり、絶滅危機している。

インドリの名前の由来は、現地の人が「ごらんなさい」や「ほら、そこに!」といった意味の言葉である「エンドリナ」と言った際、外の学者が動物の名前だと勘違いしたことから由来しているといわれている。

関連動画

関連商品

インドリに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 05:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP