今注目のニュース
「ラブプラス EVERY」11日に再開 「正しく恋人になれない」など不具合に対処
【ついに書類送検】国民的人気キャラの“中の人”が訴える「着ぐるみ灼熱地獄」氷のうは秒で溶け、ネズミは…
「世の学生のために...二度と動くな」 アロンアルフアで「点P」を固定する勇者が現れる

イース7単語

イースセブン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(84)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

イース7とは、日本ファルコム株式会社人気アクションRPG、『イースシリーズの一つである。
正式タイトルは『Ys SEVEN』。

2009年9月17日PSPで発売。
2010年以降にはマルチラットフォーム展開される模様。

概要

ナンバリングタイトルとしては、『イースVI -ナピシュテムの匣-』以来、約6年ぶりとなり、外伝である『イース・オリジン』を除けばシリーズ第7作となる。

イースI』から名前だけが登場していた「アルタゴの五大竜」をゲーム化。
その名前が登場してから、22年の時を経てのゲーム化となった。
今作で現在表されている冒険記は全てゲーム化された事となる。

また、ゲームキャライラストイメージイラスト等はバッカーノ!スターオーシャン4などで知られるエナミカツミ氏が担当。

システムの主な特徴

イースVI』以降の『フェルガナの誓い』、『イース・オリジン』と続いた流れからシステムが一新された。

最も大きな特徴は、3人のメンバーアドルのみ固定)を選んでパーティーを組んで戦う事である。
キャラクターにはの違いや敵との相性があり、戦闘中は敵や場面に応じて操作キャラクターを切り替えながら戦っていく。操作していないキャラクターAI操作により自動で戦ってくれる。

敵との相性という点では、各キャラクターの武器は撃、打撃、射撃の3属性に分類される。それぞれ向き不向きがあり、相性の良し悪しによって敵に与えられるダメージが劇的に変化する。これは武器の攻撃に関わらず一であるため、特定属性のみでパーティえた場合、敵を倒すことすらできない状況も起こり得る。
例えば、最強の射撃武器であっても、堅い外殻に覆われた敵(=打撃属性に弱い敵)には全くダメージを与えることが出来ないし、最強の打撃武器であっても、宙に浮く身軽な敵(=射撃属性に弱い敵)には攻撃を当てることすら出来ない。ただし属性のみ、ダメージの増減が少ない。

今作では、様々な武器にスキルと呼ばれる特殊技が付加され、任意のスキルを使い続ける事でそのスキルを身に付け、且つ威が上がっていく。

ジャンプ動作が止され、替わりに回避動作が導入された。
これは任意の方向へ高速移動が出来る上、方向キーボタンを押すタイミングでステップ移動も可である。

イースV』(SFC)以来のガードシステムが今作で導入。
フラッシュガード」と呼ばれ、単に敵の攻撃を防ぐだけでく、防いだ際に生まれる敵の隙に攻撃を加えるとクリティカルヒットになる。ただし、タイミングがシビアで、失敗するとプレイヤー側が大ダメージを受ける。
難易度が低いモードならば回避動作だけで十分だが、敵の攻撃がしくなる高難易度モードでは「フラッシュガード」を活用する必要が出てくる。

舞台・ストーリー

ナピシュテムの匣』から半年後、相棒ドギと共に冒険を続けていたアドル

そんな折、アドルは北アフロ大陸にあるアルタゴを訪れる機会に恵まれる。
冒険アドルにとって、巨大なが闊歩するというアルタゴは憧れの地であったが、ロム帝国との長きに渡る紛争のため、これまで断念していた場所でもあったのだ。

点在する数多くの遺跡、消えた古代民族、そしてめいた《五大》の伝承……。
多くのに満ちたアルタゴを舞台に、アドルの冒険が再び幕を開ける……!

主な登場人物

関連動画

その他

関連商品

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/12/09(月) 22:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/09(月) 22:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP