イースVIII単語

イースエイト

8.5千文字の記事
掲示板をみる(337)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

――々は具ではない。
生きている、意思のある存在なのだ。

それでも人智のえた運命
否定出来ない間は訪れる。
そんな時、君はどう振舞うだろうか?

極限に身を置いて尚、
意思と誇りを抱き続ける姿は美しい

私はそのような存在になりたいと願ったし、
数十年を経た今となっても、
彼女”に畏敬の念を禁じ得ないのである。

アドル・クリスティン著    
「ゲーテ海案内記」序文より

『イースVIII -Lacrimosa of DANA-』とは、日本ファルコムより発売されているアクションRPGである。

概要

日本ファルコムが送る二大シリーズの内の一つ「イース(Ys)」シリーズの最新作であり、PS4/PSVitaでの発売が決定。
2016年7月21日に先行してPSVita版が発売され、翌年2017年5月25日PS4版が発売。またSteamにて、PCでは久々フル日本語対応で9月13日に発売される(これまでのファルコム作品と違い、海外での販売は日本一ソフトウェア子会社、NIS Americaが担当)。
イースシリーズとしてのナンバリングタイトルとしては前ナンバーである「Ys SEVEN」から約7年ぶりの新作となり、またPS4版CSの据置作品では実に11年ぶりの作品となる。また、PS4版Steam版の発売する2017年イースシリーズ30周年でもある。

オリジンを除いたこれまでのイース作品と違い、イースIから名前だけは登場していたアドルの書いた6つの冒険記ではなく、今作のために新たに紡がれたアドルの冒険記「ゲーテ海案内記」を原案とした話という設定である。

ナンバリングこそ8番ではあるが時系列が「IIIIV」と同じく入れ替わっており、アフロ大陸舞台とした「V」と、カナン舞台とした「VI」の間に挟まれた冒険であり、グリー南方にある多「ゲーテ」に浮かぶの一つ「セイレン」を舞台にしている。

世界観

セイレン島

グリー地方の南にある多「ゲーテ」に存在する無人島
そのの近くを船が通るとの沈没を遂げており、”永遠に呪われた”と呼ばれていた。
セイレンを調した者は一人として帰って来ず、依然としてその詳細はに包まれている。
主人公アドル・クリスティンの乗った客船が生物に襲われた事により漂流、セイレン覚める事になり今回の冒険の舞台となる。

旅客船ロンバルディア号

サンドリアからグリークに渡るべくゲーテを通りたいアドル夫として乗せて貰う事になる船。
非常に巨大で客船であり、多数の大砲を装備し海賊相手でも万全だったのだが、航行中に生物に襲われ沈没。
乗っていた客や船員のどがに放り投げ出されセイレンに流れ着くことになる。
全長50メライ、4本の大マスト、大砲を20門備えている。船長バルバロス

漂流村

セイレンに流されたロンバルディア号の漂流者達が、外から襲われにくい岩に包まれた間に一から作った村。探索の拠点になり、人が集まる毎に徐々に村らしく発展を遂げる事になる。
この村に漂流した人々を集めるのがアドル達の的で、各地に散らばった漂流者を探す為に探索隊が結成される。
最終的はからの脱出。船を作るのが最善とされるが、途は中々立たない。
外から襲われにくい構造の地に作ったため、普段はど外敵の脅威にさらされないが、たまに達が大挙して襲ってくる為、迎撃するために漂流者達が協する必要がある。

古代種

か昔地上に存在していたと思われる大生物
現代の動物とはべ物にならない程巨大な体とそこから繰り出される戦闘を持っていたが、現代では絶滅しており地中から多数の化石として見つかっている。地上にもう存在しないはずの生物であったが……?
その表面は硬い皮膚や鱗で包まれており、通常の武器では全くが立たない程頑丈なのが特徴。

登場人物

操作可能キャラ(PTキャラ)

アドル・クリスティンcv.梶裕貴
シリーズ染み赤毛の冒険。8作にしてシリーズ通算3回の漂流スタートとなる波乱万丈な冒険記を後に書いた主人公
イースV」後の時系列のため21歳となった彼だが、冒険への情熱は増え続ける一方で、冒険への期待感で歳不相応な甘い表情を見せる事もあるそうだ。
イース7」の舞台であるアルタゴへと何とか渡れないかと模索していた彼は、陸路を諦め一旦を跨ぎ西をそうと船に出るものの、いつも通り災害に巻き込まれ漂流、セイレンに流れ着く。

過去の経験から野営や山中探索などに小慣れている印があり、初期シリーズ較して割と余裕がある反応を見せている。
シリーズファンからは天然スケコマシとして有名な彼だが、今作では登場人物にプレゼントを渡し好感度を上げるシステムが搭載されており、いつも以上に多数の女性から好意を持たれる展開も。
圧倒的な戦闘と持ち前の明るさ、飽くなき冒険心でセレイン探索する漂流村の代表的な存在となり、を脱出する為の希望として活躍する。
とはいえ病的なまでの冒険気質は相変わらずで、選択肢によってはかなりの冒険バカぶりを発揮してラクシャに突っ込まれることも。

攻撃属性「斬」
キャラクターとしてはオーソドックスな性を持ち、動かしやすく使いやすい。足の速さも上位でありの探検では大いに活躍してくれる。各技も攻撃スピードが速く敵に攻撃を当てながら避ける動きに長けている。
武器はいつも通りだが、事前サンドリアで手に入れた最強イシオスブレード」を船上における生物との戦闘の後、漂流中に失ってしまったためセイレンでの漂流先にて拾った錆びで戦い抜くそうやって冒険の経験値リセットしてたんですね。
基本的には前作「セルセタ」と同じような感覚で動かせるが、「セルセタ」で猛威を振るったオーラフェンサースタンレイドを忘れてしまい、慣れた人ほど技構成はかなり変更されるので注意。

また、今回新しい装で冒険に挑んでいるが、初回限定DLCを使用する事でイースIIIまで着用していた旧来のアーマーコスチュームで冒険する事も出来る。


ダーナ・イクルシアcv.大西沙織
で眠るアドルの中に登場する青髪少女今作の現地妻であるもう1人の主人公
可憐な見たとは裏爛漫で大胆な行動を取る少女であり、その行動と発想は常に周りの人々を驚かせている。
エレシア大陸では見られない高度な文明ので暮らしているようで、アドルの中で彼女記憶を追体験することになり、また彼女の中でアドルの冒険を追体験する。

攻撃属性アドルと同じく「斬」
PTキャラの中では隋一の足の速さと攻撃範囲を持ち、アドルとは違った運用法を可としている。
武器は二つに分かれた曲で、まるで舞っているかのような動きで敵を切り裂いていく。通常攻撃で竜巻を発生させたり、技の中にはや氷を出現させる特殊技も。一自己強化技も所持している。
また彼女1人を操作するパートストーリーの中に多く挟まれており、Lv.60という高さではあるものの、そこから上昇させる事は出来ない。


ラクシャ・フォン・ロズウェルcv.高森奈津美
漂流者の1人でありアドルが最初にで出会ったガルマン貴族ロズウェルのご令嬢チョロそう。
に居ても貴族として常に礼儀正しく振る舞おうとしているが、気意の高さや頑固な性格が災いして回りしてしまう事も。アドルやサハド等の自分の貴族としての視点からズレている人物に振り回される事が多い。ツッコミ担当。
その身分に似合わず古代生物や動植物への知識が豊富でPTの中でもブレーンとして立ち回る事が多い。が、本人はこの知識に対してあまり良い感情を持っていない。
アドルにとある人物像を重ね嫌っており、「冒険」という肩書きを馬鹿にすることが多い。決して初対面で意図しなかったとはいえ覗きをしてしまったことだけが原因ではない。チョロそう。

攻撃属性は「射」。
キャラべると較的おとなしめなステータスだがその反面技性が高く、単発火力に長けており隙があまりい技が多いのが特徴。
武器実家から持ち出した剣術練習用のレイピア。刺すモーションに似合った突進技に優れている。


サハド・ノートラスcv.木内秀信
漂流者の1人である快闊達な漁師の大男。41歳。今作の現地ドギ
喜怒哀楽が豊かなおっさんでとてもガサツだが面倒見が良く、人情で何処か憎めない海の男グリー地方出身でありセイレンの噂や海賊情報に詳しい地元民。に対する知識が豊富であり魚釣り等の知識で無人島暮らしの中活躍する。
彼には体ない(本人談)ご令嬢の綺麗なさんとその間に産まれたが1人おり、彼女達の元に帰る為に臆病ながらもアドルと共に探索メンバーとして戦い抜くお化けが苦手。でも一番の怖いはさん。多大な恐怖(先のおばけ古代種に襲われる、シャンダルムの崖に切り立った僅かな幅のなか落石地帯をくぐり抜けるときなど)を感じる度にちびりそうという為、老後が心配になってくる。

攻撃属性は「打」。
見た通りのPTキャラ中最遅の移動スピードとなるが、その反面圧倒的な火力と攻撃範囲を所持しており、攻撃面では非常に優れた性を持つ。
漂流中に拾ったおんぼろの錨を武器として使い、快ながら圧倒的な火力で敵を粉砕する。当初はカトリーンいわくこの武器がかなりメチャクチャなためを痛めているとか。やはり老後が(ry


リコッタ・ベルダイcv.山本希望
無人島であるはずのセイレンで暮らしていた幼い褐色少女前作に引き続き鈍器ロリ
爛漫で擦れた所がない純な性格であり、ずっと暮らしていた為セイレン生物の習性に詳しい。に流れ着いた書物から人間の言を習得しているが、その知識はかなり偏っており幼い外見からはズレた言葉遣いをする。とはいえお洒落に気を配ったり可愛いもの好きという普通女の子であるため、ラクシャとは仲が良い。
幼い頃外敵から身を守ってくれた大きなメスハシビロコウ」を”センパイ”と慕っており、また彼女に戦う術を教えた”ししょー”、彼女に人としての生き方や言を身に付けさせた””が存在する。
家族というものに憧れを持っておりを続けていくにつれ、PTメンバーなどといった呼称で呼ぶような仲となっていく。

攻撃属性は「打」。
属性のサハドとべると火力は少ないが、その分攻撃スピードと範囲に優れており、また敵の行動を封じる「スタン値」が高く使いやすい技がっている。またお手軽トラップのトラバサミや盗人タックルなどの搦め手も持つ。
武器は特注のウィップメイス。自在に伸びるムチの先に丸い鈍器を付けた大きなけん玉のような物を両手に装備している。


ヒュンメルトラバルトcv.KENN
漂流者の1人でありながらもセイレンを1人潜して行動している多き青年まさかのネタキャラ
”運び屋”と呼ばれる闇社会の請負人であり、依頼された物は死体だろうが危険なブツだろうが報酬を受け取ればなんでも運ぶ。自分の仕事に極端なまでの誇りを持っており、一度請け負った仕事璧にこなさなければ気が済まない性格である。また潔癖症であり自分の跡が依頼品に付いてないか極限にまで気を使っている。物語前に依頼を受けたまま漂流してしまったようだが、運び屋のプライドに賭けて仕事の内容は聞かれても一切ろうとはしない。
一見孤独クールに見えるが、その実仕事に実直すぎてそう見えるだけである。アジトに帰るまでが仕事だの、
睡眠はしっかり取らないと美容に良くなく仕事に支障にがでるだの、リコッタクイナかくれんぼじたり、ネタ天然を兼ね備えていたりする。

攻撃属性は「射」。
火力較的高いが遠距離戦と近距離戦を的確に切り替えて戦うトリッキーな性をしている。カウンター技を一持っており敵の攻撃を自身の技で効化する事が可
を小化したロム帝国の新兵器を所持しており、他キャラにはい遠距離からの圧倒的射撃を所持している。の先には小も付いており接近戦もこなせる。
ただし中盤までは加入と離脱が何度かあるため、育成がやや面倒な面がある。

漂流者(主なメンバーのみ)

ドギcv.三宅健太
赤毛の冒険相方としてお染みの風来坊正妻
サンドリアからアドルと共に船に乗るが騒動に巻き込まれ漂流する。セイレンアドル達と合流するものの彼ら探索隊のメンバーに入らず、漂流者を集めて作った村”漂流村”の代表者の1人として懸命に働く事になる。

壊しのドギ”という異名を持つが、今作ではを壊す事なく漂流村の様々な建築をこなす器用な一面を見せる。基本的に探索隊であるアドルと共に行動はしないが、迎撃戦にのみ、非PTキャラの中、専用のモーションでアドルの居る戦場に駆け付けて敵を攻撃してくれる。


バルバロス船長cv.掛川裕彦
客船ロンバルディア号の船長を務めるの壮年。
大柄で快な見たをしているが丁寧な物で乗客に対しても常に実な態度を取る。今回ロンバルティア号が沈められたことに責任を感じ、必ず漂流者を救い皆をから脱出させる事を近い、漂流村を作った第一人者。
アドルの冒険という肩書、ひいては彼自身を気に入っており、手ごろな値段で渡航に悩んでいた彼を夫として船に案内した。若い頃はいろんなことを経験しており船大工としての技術も取得している。アドルドギと共に漂流村の中心人物となる。


アリスcv.長久友紀
清楚な見たをした若い女性
夫と共にロンバルディア号に乗っていたが漂流ではぐれ、単身アドル達に救出される。その為常に行方不明になった夫に身を案じている。
仕立屋として夫と共に店を開いていた経験を活かし、漂流村でも仕立屋を開き冒険に役立つ具を製作してくれる。
環境に適応出来ていないのか、たまに具合が悪そうな顔色をしている。


カトリーンcv.平尾明香
とした鋭い眼をした女鍛冶職人
ロム帝国の名工として知られており彼女もまた鍛冶職人としてを歩み出した。アドル達に助けられた際にお粗末な武器の状態を一発見抜き、彼らの為に
漂流村に工房を開き、武器や防具を錬成してくれる。
アドルやサハドの拾った武器を上質な状態に鍛え上げる程の腕前を持つ。


キルゴールcv.岸尾だいすけ
知識と経験が豊富な、温和で礼儀正しい開業医。
不測の事態にも動じない冷静な判断を持っており、セイレンで怪をした漂流者の手当てをしながら人里をめ彷徨っていた。
漂流村合流後には診断所を開設し、アドル達の為に回復等の役立つアイテムを調合してくれる頼もしい存在となってくれる。


ディナcv.大空直美
漂流していた女商人。
大口の商談のためロンバルディア号に乗っていたが漂流した結果オジャンとなってしまい、その稼ぎを取り戻すべく漂流村の交換所を利用し交易商として無人島での商売を始める。アドル達の集めた資材を元にレアな資材と交換してくれ、またたまに掘り出し物を引っり出し非常に役立つアイテム提供してくれる。また、プレゼントアイテムの考案者でもある。


エアランcv.竹本英史
強面のロム帝国憲兵団員。
とある悪事件の犯人行方を追うべくロンバルディア号に相棒と共に乗船したが1人セイレンに漂着してしまう。分かれてしまった相棒を探している所にアドル達と合流する。
見たに似合わず手先が器用で、アドル達に役立つアクセサリー製作してくれる。また、迎撃戦では漂流村の戦隊長として皆を引っっていく。

漂流生活が長期化するにつれ彼の手先が様々な面で生かされているため、仕事量にぼやきつつもこなしていく。ただどうみても工芸品などに見受けられるこだわりを突っ込むと何言ってんだとは否定するが、自覚していないと思われる。


・グリゼルcv.大空直美
前作「イース セルセタの樹海」にも登場したロム帝国女性
かつてアドルセルセタの樹海における地図の作成を依頼していた。その後もセルセタを治めていたハズだが、何の因果か彼女も漂流者の一員となる。

システム

基本的な部分は「イース セルセタの樹海」をベースとしているが、それをさらに昇アレンジした部分が多数見受けられる。


PS4版・Steam版での追加要素

発表当初は予定にはかったのだが、一年経過にあたって追加要素が増え、一部はVita版での無料配布が予定されている。

関連動画


関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/12/05(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/12/05(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP