今注目のニュース
『ポケモン ソード・シールド』世界での初週販売本数は600万本。国内販売本数で『ブラック・ホワイト』越えはならずもスイッチでは最速・最多記録
夫との夜の営み後“アナフィラキシーショック”に? めまいなどを訴えた女性、意外な原因の可能性も
【商社・卸売業界編】ホワイト度が高い企業1位は住友商事「付き合い残業やだらだら残業はほぼ皆無」

ウェンディーズ単語

ウェンディーズ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(34)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウェンディーズ(Wendy's)とは、アメリカ合衆国企業Wendy's International inc.」が運営するハンバーガーを中心としたファストフードチェーンである。

概要

アメリカではハンバーガーチェーンとしてマクドナルドバーガーキングに次ぐ3位の店舗数を持つ。

ハンバーガーにはボリュームがある上に味も上々で、マクドナルドビッグマックセット較してもかなり割安感のある素敵なお店だが、全的に店舗数が少なく知名度が低い。

注文を受けてから調理する作り置きをしないシステムを採用している。モスバーガーフレッシュネスバーガーも作り置きしないが、ウェンディーズのバーガーは商品を渡されるのが格段に速い。それはパティを注文をとってから焼くのではなく、ケバブのようにずっと焼いているため。この独自の方法によって、新鮮さと暖かさを保ったバーガーを、マックメイドフォーユーべても遜色のない速さ提供することを実現している。

日本での展開

ウェンディーズはかつてダイエーグループフランチャイズとして日本への誘致を行った。その後日本ウェンディーズはすき家運営していることで知られる株式会社ゼンショーに売却されたのち、2009年にはゼンショーとの契約更新が終了し日本国内の店舗が一時消滅していた。

撤退前はダイエー時代の名残としてダイエー店舗内や福岡Yahoo!JAPANドーム内に出店していた。米軍の軍人さんにも人気があるらしく、沖縄にも店舗があった。またかつて岩米軍基地そばにも期間限定で出店したこともあるらしい。

ちなみに、ダイエー時代、ウェンコ・ジャパン(当時)は同じハンバーガーチェーンの「ドムドム」のフランチャイザー(つまり、ライセンスを与える側)でもあったが、ゼンショーに売却される直前に「ドムドム」は分離され、ダイエー系列のオレンジフードコートに吸収された。出店初期には、「ドムドム」からウェンディーズへの転換も行われたが、収益率には大差があったという。

2011年12月日本再進出が決定し、米国ドミノピザ日本展開を行っているヒガ・インダストリーズとの合弁会社を設立し70店舗程度をめどに展開する予定となっている。この店舗数は撤退前の店舗数とほぼ同じ。

復活第1号店は表参道オープンした。その後なかなか新規出店がかったが2012年8月六本木2号店が、2013年3月3号店がオープンした。しかし2013年12月表参道店は閉店六本木店とその後オープンする上野浅草口店がファーストキッチンとのコラボ店となり、現在コラボ店含めて3店舗のみの営業となっている。

再出店後の基本的なメニューラインナップは以前のものを保持しているが、価格についてはある程度上昇している。撤退前は、ドリンクサントリー製が中心で、ペプシコーラC.C.レモンなどがあったが、再出店後のドリンクメニューコカコーラ系になっており特に変哲のラインナップとなっている。また、期間限定メニューとしてジャパンプレミアムという日本独自の高級バーガーが提供されていた。

関連項目

リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/21(木) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/21(木) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP