ウォーエンブレム単語

ウォーエンブレム

5.4千文字の記事
掲示板をみる(50)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウォーエンブレム(War Emblem)とは、1999年まれのアメリカで生産されたロリコン競走馬である。

概要

Our EmblemSweetest Lady、Lord at Warという血統。
は大種牡馬Mr. Prospectorと13戦敗でミス・パーフェクトと謳われたPersonal Ensignを両に持つ良血日本でも大活躍した種牡馬*ブレイヴストローマンの近はあのBrigadier Gerardの血を引いているという、見た感じなかなかの血統を持つ。*サンデーサイレンスよりはるかにいい血統である。
とはいえ、Our Emblemは27戦5勝・重賞勝利という庸な成績で、GⅠでは善戦マン止まりであり、血統がなければ去勢されて乗クラブ直行もありえたレベルで、Sweetest Ladyも結構遡らないと*ブレイヴストローマンに当たらない上、彼女系は活躍が出ていない流れであった。

そんな血統故か、西海東海の有厩舎ではなく、中部の有名じゃない厩舎からにも知られないスタートとなった。2歳時はデビュー2戦の芝レースを落としたのみの3戦2勝し、もしかしたら全一有名なケンタッキーダービー出走が見えてきたかも知れないと思わせる鮮やかな勝ち方も見せていた。

3歳に入るとステークス競走や重賞に挑戦しだし、2戦続けて群に怯むなど脆さを見せて惨敗していたが、次走に選んだ一般競走で11ぶっちぎる大楽勝を見せた。「この、気分よくさせてやれば猛に強い!」と気づいた営はケンタッキーダービー出走へ一縷の望みをかけてGⅡのイリノダービーへ向かい、ここも気分よく突っ走り6身1/4差で楽勝。ケンタッキーダービーの有の端っこくらいには入ってきていた。

しかし、こういうメジャーじゃないところから来た転売されて有馬主の顔で出るようになるのがアメリカスタイルサウジアラビアサルマン殿下率いるレース団体ザ・サラブレッドコーポレーションに90万ドルで売却され、厩舎もアメリカの腕っこきボブバファート厩舎へ転厩し、騎手日本でも染みがあるヴィクターエスピノーザに替わってケンタッキーダービーへ出走。
18頭立ての9番人気止まりではあったが、終わってみればスタートから先頭を突っ走り切った彼と後続には4身の差があった。中部ローカル競馬場でくすぶっていた彼は、全サラブレッドす一度きりの大舞台でも気分よく走るとこんなにも強かったのだ。

続くプリークネスステークスも気分良く先行、さすがに他も楽に勝たせまいと3めに先頭に立ったウォーエンブレムを必死に追い詰めたがその猛追を何とかしのぎ二冠達成。三冠をかけたベルモントステークスではベルモントパーク競馬場史上最高となる10万3222人の大観衆の応援を受けて偉業に挑戦したが……魔法が解けてしまったのか、油断があったのか出遅れを喫し、ブービー人気で勝ったSaravaの8着と敗。三冠く散ったのであった。

その後は同世代相手のハスケル招待ハンデキャップを楽勝したが、古相手には気分よく走れず、パシフィッククラシックステークス6着、BCクラシック8着と2連敗し引退。誘導に噛み付いたり、機嫌を損ねた勢いで通りがかったバファート師に飛びかかったりと問題行動を連発し、レースでも他の後ろについた間にカリカリするというしすぎる気性が災いしたのか、かなりムラのある成績に終わった。

引退後はサルマン殿下護のもと、二冠を手土産アメリカ種牡馬入りする……だったのだが、まだ現役だった2002年7月サルマン殿下は急死しており、所有するは遺産管財人によってすべて競りにかけられた。そこには、大種牡馬*サンデーサイレンスを、さらに彼が残した優秀なを活かせるであろう存在*エンドスウィープエルコンドルパサーをも2002年に立て続けに失っていた社台グループの姿もあった。

彼らの標は、*サンデーサイレンスに生き写しの姿(毛色といい本当に似てる)を持つアメリカ二冠日本ではMr. Prospector以外はほぼ異系血統で埋まったウォーエンブレムを競り落とし導入することであった。
*サンデーサイレンスの遺した巨額の保険という元手があったことや、脆い時は脆いレースぶりや血統がいまいちなのも手伝ってか1700万ドル(当時のレートで約21億円)でなんとか落札。
こうして、アメリカ二冠が再び直接日本へ輸入されることとなったのである。社台グループの期待度はどれだけ高かったか、お分かりいただけるであろう。しかしながら……種牡馬入り後は次項参照。

金髪ロリ

日本競馬ではHail to Reason系やNorthern Dancer系の種牡馬が成功したが、逆に言うと優秀な成績を残したがどちらかの系統の場合が多く、配合しにくい状況になっていた。
社台グループはその打開策の一環としてMr. Prospector系の大種牡馬の導入に着手し、本1700万ドルで購入。サンデーサイレンス産駒のとの配合が容易ということで、大きな期待を寄せられて日本での種牡馬入りを果たしたのである。

しかし、いざ種付けとなったときにウォーエンブレムはにまったく興味を示さなかった。正確には「好みの以外にはアレエレクチオンしないのよォー!!!」という状態であった。
だが関係者の試行錯誤や努により、なんとか種付けが出来る好みの相手を発見した。それは栗毛の小柄なだった。
このニュース競馬ファンの格好のネタとなり、そうしてウォーエンブレムは「金髪ロリ(ブロンドロリ)専」の称が必然的についたのだった[1]

社台グループなんとかしようと、金髪ロリやる気にさせて挿入する段になってから差し替える作戦を敢行したり、世界的な医を呼び様々な治療を施したりで一時的に善したこともあったが、前者はバレてへそを曲げられ失敗(競走馬人間が思うより賢いのである)、後者は結果は出たが長続きせずで、2010年2011年はまたもろくに種付け出来ずにシーズン終了。アメリカ二冠だしにすることも出来ないし、種付けに成功したらそれなりに走るを出してしまうので他に売っ払うわけにも行かず、種なしだったり全に機不全だったわけじゃないせいか損保険も満額下りずとろくなことにならなかった。
*ジャッジアンジェルーチのような明確な大失敗でもないため、悩ましい存在になっていたことは想像に難くない。まさか種牡馬としても気分よくさせてやらにゃならんとは……。その点サンデーは不細工だろうと何だろうと焦らす余裕を持ちつつ数十で処理していたんだから半端ない。

ちなみにだが、性嗜好は途中から金髪ロリではなくなったらしい。だって移り気です。

……まあ、そういうネタを抜きにすれば、数少ない産駒からブラックエンブレムやローブティサージュ、ウォータティクス、ショウナンアルバ、シビルウォーらGⅠ重賞を多数輩出するなど、まともに種付けできていれば間違いなくリーディンサイアー争いのトップランナーであっただろうと思わせる成績を残した。芝も苦にしないしダートも強いんだから本当に惜しまれる。
さらに余談だが、子供たちも充実してる時はとことん強いが少しでも歯車が狂うと惨敗を繰り返してしまうところがある。どうやら、優れたのみならず気分よくさせてやることが大事なところまで子供に遺伝させているようだ。いらんところまでそっくりとか遺伝って怖い。

近年はすっかり人間不信となり、2012年を最後に種付け不能状態となっていたウォーエンブレムであったが、2015年に入ってから「同年中に帰し、功労として暮らす」というニュースアメリカ報道された。
社台もついにを投げ、彼の幸せ(?)を優先するようにしたようだ。幸い、非サンデー系としてはキングカメハメハがすっかり軌に乗り、ルーラーシップ他後継者も出し盤石の体制を作れたし、彼の件ですっかり懲りて、種牡馬は*ノヴェリストや*ワークフォースのように欧州から取り寄せる方向に転換したことが大きいのだろうか。

しかし、これだけろくに種付けが出来ず、たった105しか中央競馬に送り出せなかったというのに、56頭が勝ち上がり重賞9勝(うちGⅠ2勝)を挙げたというのは凄まじいを秘めていたと言える。
一応、サンデーの血が一切入っていない後継者のシビルウォーを輩出しており、孫世代以降で下を取る可性もある。
……そのシビルウォーは10歳から種牡馬生活という大きすぎるハンデを背負っているが。

帰国後

さて、2015年の末にアメリカに帰したウォーエンブレムであったが、アメリカの土を踏む前に難儀な事態が待ち構えていた。アメリカ農務省の定めた伝染性子宮炎という病気の検である。

この病気は症状が一切出ない上に感染が高いため、一度パンデミックが起こると産地が不妊・流産で壊滅する危険がある病気である。それゆえ際で絶対止めるのが原則のものであるため、日本種牡馬として活動した経歴のあるウォーエンブレムには必ず検が義務付けられる事項であった。
そして、に課される検細胞の一部をとって培養する検と、実際に一発ヤッて、その上で感染させないかどうかを見るというものであった。
アメリカ事入したければヤれ、嫌なら北海道にお帰り!」という究極の二択を迫る形になったのである。
……一応、もう一つ方法はあった。去勢して男としての機を取り払えば、感染させることもないため検除外になるのだが御年17歳の中年ホース去勢手術は命の危険が付きまとう。
そのため関係者はなんとかしてヤらせようとしたが、ウォーエンブレムはいつもの調子で断り続けた。こんな時まで鋼の意志を発揮せんでも……。

関係者の必死の尽も実らず、結局ウォーエンブレムの鋼の意志を尊重し、命の危険はあるがアメリカに必須の去勢手術を行うこととなった。
手術は恙く成功。せん馬となった彼は晴れアメリカの地に帰還することが出来たのであった……。

故郷に帰したウォーエンブレムは、ケンタッキー州の功労繋養施設・オールフレンズに入厩。自らの三冠阻止したSaravaなどとともに余生を過ごしていたが、2020年3月に小腸破裂のため急死した。21歳だった。

血統表

Our Emblem
1991 黒鹿毛
Mr. Prospector
1970 鹿毛
Raise a Native Native Dancer
Raise You
Gold Digger Nashua
Sequence
Personal Ensign
1984 鹿毛
Private Account Damascus
Numbered Account
Grecian Banner Hoist the Flag
Dorine
Sweetest Lady
1990 鹿毛
FNo.20-b
Lord at War
1980 栗毛
General Brigadier Gerard
Mercuriale
Luna de Miel Con Brio
Good Will
Sweetest Roman
1977 鹿毛
The Pruner Herbager
Punctilious
I Also Sky High
Roman Song

クロス:5代前までアウトブリード

主な産駒

2004年産

2005年産

2010年産

2012年産

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *誤解なきように補足すると、栗毛の小柄なであれば、自分よりかに年上のでも種付けしていたので、ロリはあくまでもネタでしかない。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/29(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/29(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP