今注目のニュース
バッグには女子学生のバラバラ遺体 有名大学教授は凍てつく川に自ら…
パイロットが少女を強姦 被害者の口封じを試みるも実刑判決
ビジネスの世界に「万人受けは不要」歌舞伎町の女社長が語る

ウォーゲーム単語

ウォーゲーム

  • 1
  • 0
掲示板をみる(26)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウォーゲームとは、以下のものを

  1. ウォーゲーム
    実際にあった人類史上の様々な戦いをゲーム化したもの(仮想戦やSF戦などもある)。本記事で記述
  2. WARGAMEシリーズ(PCゲーム)
    Eugen Systems製作ミリタリーRTSゲームNATOvsルシャワ条約機構の戦いや朝鮮半島有事などを扱った、3作のゲームが存在。『wargame:european escalation』に詳しい。
  3. ウォー・ゲーム(映画)
     原題はWarGames1983年開のジョン・バダム監督SFサスペンス映画高校生米国クラッカーが『世界全面戦争シミュレータ』をゲームと勘違いしてハッキングするが、実際はホンモノの北アメリカ航空宇宙防衛部(NORAD)の軍用シミュレータだった...。

概要

 マップと駒でプレイするボードゲームのものが「ウォーゲーム」と呼ばれる事が多く、パソコンゲーム機でのものはあまりウォーゲームとは呼ばれない様である。

 ウォーゲームのマップに多いのは六角形のマス(ヘクス)を用いたものだが、エリアポイント・トゥ・ポイントを用いたものなども増えている。カードを併用するシステムのものもある。

 プレイヤーは厚の駒(ユニット)を部隊として受け取り、それをマップ上で移動させ、戦闘おこなう。戦闘は「戦闘結果表」を見ながらサイで結果を導き出すものが流である(6のが出た分だけ当たり、という様なものもある)。

 人気テーマ第二次大戦もので非常にたくさんの種類のゲームが出ているが、ナポレオン戦争南北戦争古代戦、日本史中国史のものなども一定の人気がある。非常にマイナーな戦いをゲーム化したものも数多くあるし、アニメ上の戦いをウォーゲーム化したものなどもある。

 元はアメリカ発祥であるため、英語のものをプレイするケースも多いが、日本でも付録付きゲーム雑誌などの形で出版され続けている。ただ、現在ウォーゲー ムは一般の玩具店や本屋ではほとんど売られておらず、特定の非常に大きい書店か、ごく一部の玩具店で手に入る他には、ネット上で手に入れるのがとなる。 また、同人でもウォーゲームは作られている。

ウォーゲームの日本での歴史

 ウォーゲームは1960年代にまずアメリカで多く出版され始めた。日本には1975年頃から輸入され始め、1981年には『TACTICS』誌が創刊、 80年代には『戦国大名』『史上最大の作戦』『バルジ大作戦』『日露戦争』『日本機動部隊』『(アドヴァンスド・)スコードリーダー』『第三帝国』『イ ンペリウム』『太平洋艦隊』『パンツァーブリッツ』『戦!ア・バオア・クー』などの多くのゲーム人気を得て、広くプレイされるに至った。

 だがその後1990年代にかけて、テーブルトークRPG盛、パソコンゲーム機によるゲームの登場、またウォーゲーム自体も複雑すぎるルール体系を 持つに至るなどして衰退の一途をたどる。ウォーゲーム雑誌なども次々に休刊を余儀なくされ、一般玩具店にもウォーゲームは並ばなくなり、ウォーゲーム業界 はまったく全に絶滅した。

 ……と思われたが、しぶといマニアが生き残り、非常に狭いニッチ市場で何社か(同人も含む)がゲームゲーム付き雑誌を発刊し続けた。また、ウォーゲーム自体の洗練化やカードを用いるなどのシステム進化も進んだ。

 その後インターネットブログの普及により、若い頃にウォーゲームにハマった人たちが今のウォーゲーム情報に触れて「出戻りウォーゲーマー」となった り、またパソコンを使ってネットリアルタイム対戦やメール対戦が出来るソフト(VASSALなど)が使われ出したりして、ウォーゲームのプレイ環境は一 時期よりはだいぶ善され、ウォーゲーマー同士の交流は盛んになっている。

 ……ただし、ウォーゲーマーというのものが、レッドリストに載せられるくらいの絶滅危惧種であることには、残念ながら変わりない。

プレイする為に

 ウォーゲーマー絶滅危惧種であるため、対戦相手を確保するのに苦労することが多い。しかし各地の大都市にはウォーゲームのサークルが存在しており、毎 の様に対戦がおこなわれている。また、パソコン上でウォーゲームをリアルタイム対戦(メール対戦ももちろん可)できるVASSALとそのモジュールの普 及により、ネット対戦メール対戦もおこなわれるようになってきた。

 ウォーゲームのほとんどは一人でのプレイソロプレイ)も可であり、歴史興味や手の付けやすさ、作戦研究などの的でソロプレイも多くおこなわれている。

動画

 ウォーゲーム動画はまだまだ数少ないが、その多くは対戦ツールであるVASSALを用いて作られている。VASSALはあくまで対戦ツールであり、 CPUが敵営をプレイしてくれたりはしないし、移動も戦闘全に手動でおこなうので、あくまでルールをちゃんと理解している事が前提となるので注意。 ただし、VASSAL自体やモジュール無料提供されている(しかしもちろんルールなどは付属しない)。モジュール製作は割と容易であり、好きなゲームモジュール化する人が後を絶たない。その勢いに乗ってのウォーゲームの動画化増加が待たれる。

関連動画

関連項目

掲示板

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/11/18(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/18(月) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP