ウォーロック(ロックマン)単語

ウォーロック

1.2千文字の記事
掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウォーロック(ロックマン)とは、ゲーム及びアニメ作品「流星のロックマン」に登場するキャラクターである。

概要

FMプラネットに属する宇宙人。大きなのような見たをしており、体は電波で構成されている。
FMプラネットの王であるケフェウスが持つ「アンドロメダカギ」を盗んで地球へと逃れ、主人公星河スバルとの出会いを果たす。
スバルの身体を使って電波変換を行い「ロックマン」となり(FM人は地球では本来のパワーを出すことができない為)、FMからの追手と戦っていく。

スバルとは逆で粗暴で強引、血の気が多い性格であり、バトルに乗り気でないスバル理やり巻き込んだり、他人のトランサーの内部に気で侵入したりする。

事1でFM危機から地球を救った後も、スバルとの奇妙な共同生活を続けている。しかしその直情的な性格ゆえに、「何かの手掛かりになる」と言って博物館に展示されたオーパーツ理やり調べに行こうとするなど、新たなトラブルの種を撒くこともしばしば。

電波の体を持つ宇宙人であるため、ビジライザーを持つスバル外の人はその姿を見ることはできない。そのため会話をしていても傍から見ればスバル独り言を言っているようにしか見えていなかったが、3でウィザードとして新たに再構築され、他の人間からも視認できるようになった。

目的とその正体(ネタバレ注意)

彼は元々FM人ではなく、AMプラネットで生まれたAM人だった。過去戦争によってFMプラネットに故郷を滅ぼされ、大切なモノを全て失ったウォーロックは、FMプラネットに逃れFM人として生きていくことを選ぶ。

その後はFM王に復讐する機会を探りつつ従を続けていたが、あるときFM王の命で、河大たちが乗った宇宙ステーションきずな」への襲撃に加わる。
裁判で「きずな」の乗組員全員死刑判決を受けることになり、ウォーロックは刑が執行されるまでの間その世話をする仕事を買って出る。

世話を続けるうちに大と打ち解けたウォーロックは、「アンドロメダ」の奪取に成功してFMプラネットから逃走する際、大の頼みで乗組員全員に強ゼット波を浴びさせることで身体を電波化させ、大たちが地球に帰る為の僅かな望みを繋ぐ。しかしウォーロックを監視していたオックスの奇襲を受け、気がついたときには乗組員たちの姿は見えず、そこには大トランサーだけが残されていた。
ウォーロックは大トランサーから出ていたスバルトランサーへの信号を頼りに、地球を訪れることになる。

余談だが、1の隠しステージである「うちゅうくうかんの電波」にて、大トランサーを入手できる。
スバルへのメッセージと、ウォーロックに宛てた武器が同封されている。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/07(火) 21:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/07(火) 21:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP