ウメムスビ 単語

1件

ウメムスビ

5.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ウメムスビ(Ume Musubi)とは、2020年4月21日生まれのウメ娘競走馬である。黒鹿毛

な勝ち
2022年カンナステークス(OP)

概要

ファインニードルヴィオレッタ、シンボリクリスエスという血統である。

ファインニードル2018年高松宮記念スプリンターズステークスを勝ったで、2020年生まれが初年度産駒となる。また、そのアドマイヤムーン産駒には短距離重賞勝利したが多い。

はこれが初である。未勝利ではあるが、そのプリンセスカメリア産駒の中には朝日杯FS勝ちのアルフレード、またウメムスビから見て3代のラトラヴィアータは、いまだ日本競馬史上最強スプリンターと名高いサクラバクシンオーの全にあたる。

こうしてみると短距離方面で活躍しそうだ。

また、シンボリクリスエス2002年2003年天皇賞(秋)有馬記念をともに連覇し2年連続年度代表馬いた名。その血統の大きな特徴である「ボリクリ耳」もしっかり受け継がれている。

また、サンデーサイレンスの4×3という「奇跡の血量」と呼ばれる配合となっている。今のところ同配合はエピファネイア産駒での活躍が知られているがこちらも期待したい。

2020年4月21日日高町の奥山牧場で誕生。2021年北海道サマーセールで日本中央競馬会800万円で落札され、宮崎育成牧場で育成された。その後、2022年JRAブリーズアップセールにて、現オーナー1450万円(税抜。税込1595万円)で落札された、いわゆる「JRA育成」である。最近の活躍で言うと、熊本初の重賞となったヨカヨカダート戦線を捲り逃げで引っかき回すテリオスベルなどが同じ育成である。

馬主和歌山の老舗梅干し屋さん「紀州ほそ」の代表取締役CFO細川陽介。一口馬主をきっかけに個人馬主資格を取得し、ウメムスビが初の所有馬である。現在法人馬主に登録形態を変更し、彼が代表取締役社長を務める「紀州ほそ飼料」となっている。

名は「+結び」から。馬主にとって初めて所有するであることから、ご縁を大切にしたいという思いを込め、おむすびと掛けて名付けたという。

梅むすび食べて掴むぞ一着を

2歳時(2022年)

クラウンプライドグランブリッジリメイク、ゴライコウなどが所属する、開業4年東・新谷功一厩舎に入厩。入厩当初は「短足」などと言われていた。

ウメムスビの初出走は6月12日、中1200mの新馬戦。3キロ減量特典のある新人角田大河騎手を背に乗せ出走した。坂路の時計はよく5.4倍の2番人気が3番で帽なので、頭に大きな梅干しをのせて万全の体制で臨んだ。レースは好スタートからハナを切った5番人気サイレントストームと並んで2番手で先行。直線で抜け出しを図ったが、外から断然の1番人気プロトポロスにかわされ、突き放されての2着となった。なお1着は、もとい帽で、3着は海苔に見えないこともない帽だったのでおむすび馬券(?)となった。

中3週で7月2日小倉の芝1200m未勝利戦に出走。1.3倍の断然の1番人気に支持される。今度は5帽なのでたくあんをのせて出走することとなった。前走一緒に逃げて3着だったサイレントストーム逃げに今回もついていき、4コーナーで捕まえて抜け出すとあとはそのまま後続の追撃を押し切って初勝利ファインニードル産駒の初勝利となった。

次走は小倉1200mのフェニックス賞(OP)に決まる。6帽なのできゅうりの浅漬けを売り歩くファンアートが描かれた。8頭を相手に逃げたものの直線でタガノタントと競り合いとなり、その間に女性ルーキー今村聖奈騎手が手綱を取るミカテヨンイイが差して1着。ウメムスビは競り負け、さらに後ろからきたアルルカンにも差されて4着となった。

前走は敗戦となったものの、営は初の重賞となる小倉2歳S(GIII)に出走することに決めた。8ピンク帽、たらこをのせて挑むことに。ここには土をつけられたプロトポロスミカテヨンイイも出走しており、この2頭に挑戦する形になった。中団の内に控え、直線で群が横に広がる中で内から抜け出しを図ったものの、横並びの追いべに競り負けて7着。ただ12番人気だったことを考えれば頑ったほうである。一応ミカテヨンイイ(10着)にも勝ったし。

さて5戦中山1200m、カンナS(OP)に出走することとなった。7のつぼ漬けカラーで挑むことに。馬主が作っている紀州南高に近い色であり、実質梅干しカラーなのでよい順位が期待できる。また、上は若手の菅原明良騎手に乗り替わり心機一転といった感じで挑むことに。
当日は重馬場シンボリクリスエスにいるので重馬場には強いのでは?とは言われていたが、前走の敗戦を受けてか人気は14.3倍の6番人気と控えめだった。しかし、スタートして2番手の好位につけ、直線で抜け出してそのまま勝利するといういつもの好走パターンで1着を勝ち取った。これで初のオープン勝利。この時個人名義でこの一頭しかもっていなかった馬主は喜びのあまり、しばらく色々なものがウメムスビにしか見えなかったという。

6月から9月までの4か間で5戦もしたため、一度ここでチャンピオンヒルズで休みを取ることに。さて次走は中京2歳Sか、福島2歳Sなのか、と思ったらなんと朝日杯FS(GI)と決まった。戦の角田大河騎手GI騎乗に必要な31勝を達成したことと、マイル適正を探る狙いがあったとみられる。とにかく2歳マイルの頂点を決める戦いに向かった。
にとって、馬主にとって、騎手にとって、産駒にとって初めてのGIに挑戦することに。そんな新米チームが相手をしなければならないのは、前走サウジアラビアRC大逃げを差し切り1と1/4身の差をつけたドルチェモアデイリー杯2歳Sでは2着に敗れたものの凄まじい上がりタイムを見せつけたダノンタッチダウンなどの有たち。番は5たくあん。ちょうどん中あたりで、しかも初勝利を決めた縁起のいい番。これはもしかしていけるかも…?馬主は休養中にお手製のサプリを与えて勝利を願い、角田騎手もゲン担ぎにとおにぎりを食べたようだ。
ファンファーレが鳴りき、ゲートが開いてスタートする。好スタートを決め内に入っていった。コーナーを回り始める地点で1番人気ドルチェモアの横につく形に。そのままコーナを抜け、直線に入ったところで少し外に移動し先頭をし始めた。だが伸びない。すでに1200mを越え経験したことのない距離に入った。前に出てきたドルチェモアに一追いつこうとするもそこでスタミナが切れたかズルズルと下がっていった。1着はドルチェモア。ウメムスビはやはり1600mは長かったか15着に終わった。
結果だけ見れば残念ではあるが、GIという舞台に立ち1着体を合わせてコーナーを回ってくることができた。人共に良い経験になったに違いない。

3歳時(2023年)

3歳になり、ニュースが3つくらい入ってきた。

1つサウジアラビアにて行われるダート1600mのサウジダービー(G3)に予備登録したというもの。2つメイダンにて行われるドバイ際競争のうち、いずれもダート1200mで行われるドバイゴールデンシャヒーン(G1)とアルクオーツスプリント(G1)に登録したというもの。まあ、これは登録だけなら数頭のがするので、一応登録しただけであり、出走は現実的な話ではない。

そして3つは…下を見てもらった方がいだろう。

なんとウマウメ娘したのである。名前から勘違いしやすいけど男の子やぞ。というかこれってexitまんま佐賀に縁のある某会社が出しているウマのゲームでしょ。
この絵はなんと馬主公認exitで、しかもある程度のグッズ展開exitを考えているらしい。ウマsite(ウマサイト)という現役・引退馬グッズを作り、その利益を引退馬支援の団体に寄付をするプロジェクト導で行っているので、グッズを買って支援!というのが将来的にできるかもしれない。

まあそんな外野の話は自身には関係なく、3歳初戦は阪神・芝1200mのマーガレットS(L)となった。たくあんカラーの55番で30.4倍の7番人気である。
レースは先行勢を見ながら中団に構えたが、直線で前が塞がっている間に前に突き放されてしまい、そこから伸びず10頭立ての8着。悔しい結果に終わった。

引き続き角田大河騎手と、中・芝1400mのファルコンS(GIII)へ。33番で梅干しを載せて69.4倍の14頭中10番人気レーススタートから押し気味に前へ出していき、3コーナー前でアームズレインをかわして先頭へ。そのままハナレースを引っぱったが、4コーナーでもう捕まると、直線では尽きてずるずる交替、ブービーからも8身差のシンガリ14着に撃沈。

当初は続いて葵Sを予定していたが、新谷師の判断で見送って自己条件に戻り、6月函館・芝1200mのSTV杯(2勝クラス)から出直しとなったが、15頭立て15着のしんがり負け。その後も知床特別15着(16頭立て)、壬生特別15着(16頭立て)と芝1200mで全く太刀打ちできなかった。

ファインニードルオープン入りは4歳のはじめ、重賞初制覇は4歳育成牧場によればに似て晩成だそうなので、まだまだ焦るような時間ではなかったはずなのだが、脚部不安により2024年1月17日々と引退の運びとなった。

ウメ娘もといウメムスビの戦いは、オーナーの、上の「はじめて」を積み重ねていくものであった。オーナー2頭の所有馬となるウメマリデビューしたが、先輩としてのこの経験は駄ではなかったはずである。

最終的に、JRA競馬学校にて乗となることとなった。

血統表

ファインニードル
2013 鹿毛
Mr. Prospector
アドマイヤムーン
2003 毛色
*エンドスウィープ
アメリカ
*フォーティナイナー
アメリカ
Mr. Prospector
File
Broom Dance Dance Spell
Witching Hour
マイケイティーズ *サンデーサイレンス
アメリカ
Halo
Wishing Well
*ケイティーズファースト
アメリカ
Kris
Katies
*ニードルクラフト
2002 栗毛
アイルランド
Mark of Esteem Darshaan Shirley Heights
Delsy
Homage Ajdal
Home Love
Sharp Point *ロイヤルアカデミーII
アメリカ
Nijinsky II
Crimson Saint
Nice Point Sharpen Up
Alpine Niece
ヴィオレッタ
2013 青毛
FNo.F4-m
*シンボリクリスエス
1999 青鹿毛
アメリカ
Kris S. Roberto Hail to Reason
Bramalea
Sharp Queen Princequillo
Bridgework
Tee Kay Gold Meridian Seattle Slew
Queen Louie
Tri Argo Tri Jet
Hail Proudly
プリンセスカメリア
2001 栗毛
*サンデーサイレンス
アメリカ
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
トラヴィアータ サクラユタカオー *テスコボーイ
アンジェリカ
サクラハゴロモ *ノーザンテースト
*クリアアンバー
競走馬の5代血統表

クロス:*サンデーサイレンス 3×4(18.75%)、Hail to Reason 5×5(6.25)

関連リンク

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/18(木) 17:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/18(木) 16:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP